INTERVIEW
成約者が語る!インタビュー
「おうちダイレクト」に感じたインテリジェンス

かつて大手IT企業でインターネットサービス事業に従事をされ、草創期からインターネットとインターネットサービスの発展をつぶさにご覧になってきたMさま。そんなMさまが、初めての不動産売却の伴走者におうちダイレクトをお選びくださった理由と、おうちダイレクトに感じた好印象について、担当の細川にお話ししてくださいました。

成約データまとめ
  • おうちダイレクトを知った理由:ヤフーからのダイレクトメール
  • 売り出しの理由:ライフステージの変化による住み替え(売却先行)
Mさま
Mさま
細川
SRE不動産 細川
成約までのロードマップ
成約までのロードマップ
成約までのロードマップ
成約までのロードマップ

おうちダイレクトを知ったきっかけはなんですか?

Mさま日常的にヤフーが提供するサービスを使う機会が多く、「おうちダイレクト」を知ったのは、ヤフーからのダイレクトメールが最初だったと思います。メールの文面に並んだ概要とサービスページを確認し、これは使えるかもしれないとそのままオーナー登録を済ませたと記憶しています。ITの世界に身を置いた経験があり、もともとインターネットや、インターネットを利用したサービスに関心が高く、「おうちダイレクト」の背後に控えるヤフーとソニーが信頼に足るブランドだったので、初めて知った「おうちダイレクト」でのオーナー登録に抵抗は感じませんでした。

普段はどのようなインターネットサービスをお使いになっているのですか?

Mさま音楽や動画視聴をはじめ、SNSやコミュニケーションツールなど広く利用をしています。特にコミュニケーションツールは、ビジネスやプライベート両面で、メッセージをやり取りする相手の属性やシーンに応じてツールを使い分けるなどして、お相手を混合しないような管理や、誤操作による失礼がないよう留意をしています。

不動産の売却は初めてのご経験だったとのことですが、売却にあたって不安はありましたか?

Mさま当然のことながら売却価格のことは意識していましたし、不安もありました。同時に、自身で20年の 長い時間を過ごし、理事長も経験した思い入れのあるマンションだったので、「良い方」にこの部屋を引き継いでいただけたらありがたいとも考えていました。幸いご見学くださった皆さんはどなたも良い方ばかりで、「おうちダイレクト」に頼もしさを強く感じたことをよく覚えています。

実際の売却活動はどのように進んだのでしょう?

細川さんはい。結論から申し上げると、とても順調でした。売り出し直後に複数のご見学のお申込みを頂戴し、その流れのままトントンとご成約をお迎えになった印象です。Mさまのお部屋のポテンシャルと設定価格が、市場のニーズにピタリとはまった。これがこの度の売却活動がスムーズに進んだ第一の理由であったと考えています。
売り出し直後から多くの引き合いに恵まれたことで、ご見学にお連れするご購入希望者さまをわたしの判断である程度絞り込む余裕が生まれたことも、その後ロスのない進行を実現できた一因になったと考えています。

担当の細川さんに相談したことがあれば教えていただけますか?

Mさま滑り出しから順調に事が進んだので、あまり突っ込んだ内容を相談するという機会はなかったです。もっぱら音楽の話だったり、互いに若い頃在籍した経験を持つ共通の業界の思い出話だったり、顔を合わせると不動産以外の話で盛り上がることが多かったですね。(笑)
強いて言えば、おうちダイレクトでの売り出し直後に、ウォッチしていたシステム推定価格が中長期的に上向くような気配を感じたので、推定価格のトレンドと調子を合わせる格好で売り出し価格を見直す判断が妥当かと相談させていただき、再設定した価格での売却チャレンジを後押ししていただきました。細川さんには、ガツガツしたセールスマンという勝手にイメージしていた不動産屋さんとは全く異なる、コンサルタントに近い立場でわたしの売却活動に終始寄り添っていただいた印象を持っています。

おうちダイレクトの体験を通して印象に残ったことは?

Mさま実は売却活動をスタートさせた当初、エリアに強みを持つと考えていた地元に根を張る複数の不動産仲介会社に相談を寄せていました。が、いずれの仲介会社の提案内容や話の進め方も、初めての不動産売却に臨むわたしに馴染めるものではありませんでした。情報を一方的に握られているようなぎこちなさというか、知識の乏しいわたしの判断や理解が追いつくところまで噛み砕いてもらえることが少なく、与えられる情報のタイミングや質にストレスを感じていました。
一方のおうちダイレクトではオーナー登録後に、定期的に、かつ適切な形で情報が提供されることや、誰に気を使うことなく自身の都合にあわせた条件を掛け合わせながら様々な情報にリーチできる気安さに好印象を持ったので、今回の売却は、おうちダイレクトでやってみようという判断に至りました。

Mさま次に、登録した自宅の推定価格の値動きを好きなタイミングでどの場所からでも確認できる点を気に入りました。その時々の推定価格はもちろんのこと、価格推移のトレンドが直感的に把握できるため、ある程度長い時間軸にあてはめても信頼できる参考値と感じられたので、売り主側の中長期的なライフプランへの組み込みやすさは抜群だと感じました。また、算出する推定価格に変動がある度に、システムがメールで注意を促してくれるので、売り主の利益の最大化を目指して継続的なフォローをしてくれる感覚も地場の複数の不動産仲介会社から感じた印象とは随分異なるものでした。

最後は、インターネットからリアル、言い換えるとオンラインでのマッチングから、見学前後から始めるオフラインでの実務的なサポートの連携がスムーズで、これは、おうちダイレクトのチーム内で引き継がれるデータの質が高い裏付けであると勝手に想像しています。
いずれにしても、わたしがおうちダイレクトを体験してサービスに感じた印象は、インテリジェンスという言葉が一番近く、膨大なデータの収集と蓄積した膨大なデータを有効に扱うテクノロジーや、マーケティングを含めた学問的な結実をサービスに垣間見た思いでいます。

最後に、これからおうちダイレクトに期待することがあればお聞かせください。

Mさま近い将来、インターネットの利用に慣れ親しんだ世代の割合が、不動産の売買を行う人口の多くを占めるボリュームゾーンになってくると思うので、わたしのように様々なWEBサービスを利用している立場の人間からすると、おうちダイレクトにYahoo! JAPAN ID以外のサービスIDでログインかつ利用できるようになると、より使い勝手の良いサービスに発展していくだろうと考えています。今回得た素晴らしい実体験から、そうあってほしい、そうあるべきだという自身の願望を多分に含んでいますが、様々なサービスを横断する形で、あるいはおうちダイレクト以外のプラットフォームの深部まで潜り込みながら、利用者の裾野を広げ、異なるサービス間での化学反応を経ることで、おうちダイレクトがもっともっとサービスとして洗練されていくことを期待しています。

※インタビュー当時の情報で掲載しております。

担当コーディネーター
SRE不動産 おうちダイレクトチーム
担当コーディネーター
細川 司郎ほそかわ しろう
プロフィール

昭和50年3月生まれ(45歳)、北海道旭川市出身。
大学卒業後、大手印刷会社にて広報活動支援に従事、平成19年より大手不動産流通会社に入社。8年の在籍を経て平成28年ソニー不動産入社以来、多くの社内表彰を獲得。

趣味・特技

スポーツ観戦(サッカー、ラグビー、テニスなど)
スキー(ISIAゴールド)、パン作り(パン職人の経歴あり)

コメント

これまでの不動産仲介の業務で培った経験とノウハウを、お客さまの売却戦略に最大限還元できるようにサポートさせていただきます。

ARCHIVE
インタビュー記事 アーカイブ
ページトップへ

おうちダイレクトで売り出すには
Yahoo! JAPAN IDでログインが必要です。

Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方はログインしてください。
お持ちでない方はお手数ですが、新規登録をお願いします。