IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q「住宅ローン」と「現金一括払い」どっちがお得か? 現在、新築一戸建ての設計段階です。 土地はすでにあり、上物だけで総額約4000万程度を一括で支払うか?

もしくは、ローンで支払うかを検討中です。

過去のQAなども見ましたが、住宅ローン減税にしても大した金額が戻ってくるわけではないので、手続きが面倒なら一括にしようと思っております。
ただ、最近、嫁が第一子を妊娠したこともわかり、私に何かあっても、当分、生活に困らないくらいの資金(可能なら一生ですが、)を残してあげられないかなども少し考慮する必要が出てきました。
最近の住宅ローンは、私が死亡したり、ガンになったりしたら、ローン支払わなくてもいいというものもあるので、どうすべきか考え始めました。
なお、我が家の資産管理を依頼しているメインバンクは、お金借りたほうが得ですと言ってきておりますが、向こうも商売なので正直どうかなと思っております。

【条件】
・一括で支払っても特に手元の現金がなくなって困るということはありません。
(無収入でも自分の残り現金だけでも、20年くらいは生活できると思います。)
・年収は給料で1000万弱+100万(利息や配当など)です。
・年齢40歳
・嫁は専業主婦
・子供生まれた際には、教育遺産贈与を私の両親が満額してくれます。
質問日時:2016/6/17 22:42:53解決済み解決日時:2016/7/2 03:19:07
回答数:10閲覧数:4471
お礼: 100枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時:2016/6/17 22:51:00
もちろん現金払いが一番得です。ローン減税があっても、そもそも高収入で高納税者でないと意味ありませんし、金利、銀行手数料、登記時の抵当権設定など諸費用を考えたら減税分よりはるかに高額です。

ナイス:0 この回答が不快なら

回答

9件中、1~9件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時:2016/6/19 09:07:48
よく、「控除と金利の差で儲かる」という理由でローン組むことを勧める人がいますが、まあ確かに条件を満たして、手間暇を惜しまない人は、僅かながら得になります。 ネット銀行の変動金利は0.5%程度ですが、手数料が2.16%かかります。 諸費用を金利に換算すると0.2%程度押し上げますから、実際の差は大したことないんですよね。 ローン組めば、抵当権設定、抵当権解除にお金が生じるため、実際の差は数万円とかにしかならないこともあります。 ローン組めば手続きのために時間取られますし、何かと面倒な作業があります。 だから数万円にこだわりがないなら、現金決済。 強いてメリットを挙げるなら、団信の話くらいかと。

ナイス:1 この回答が不快なら

A 回答日時:2016/6/18 10:37:34
昨年に同じように迷って、上物で4000万、住宅ローンを組みました。
色々調べて、預金連動型住宅ローンが一番合ってると思って、契約しました。
最初に銀行や司法書士などに手数料80万くらい払いましたが、
4000万円の現金を口座に入れておくと実質利息無料です。

今回、所得税、住民税、予定納税の書類が役所から届きましたが
40万円の税額控除。予定納税も同じく税額控除。があり、
10年間で約300万位の節税なので、80万引いても220万円得して
無利息で家を建てた感じです。さらに2017年のエコポイント30万円付。

ただし、4000万円は普通口座に塩漬けですから、自分のお金であって
自分のものではなく、いつも口座を担当の銀行員に見られてる感はあります。

収入1000万だと住まい給付金は対象外ではないでしょうか?
4000万円を現金で支払ってもメリットはないです。

また、ローンとセットで保険に強制加入しますので、もし、死んだりしたら
住宅ローンも払わなくてもよく、普通預金残高と家も家族に残せます。

特に使い道のない4000万円があるのなら
お近くの預金連動住宅ローンを扱っているところを是非探してみて下さい。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2016/6/18 09:10:33
うちは3年前に愚息の家をキャッシュで買いました。
諸費用は契約印紙5万、登記費用と固定資産税の年割分だけです。
火災保険だって、債権者に質権設定されるわけじゃなし。ローン手数料を取られるわけじゃなし。手数料や金利で銀行に儲けさせる気などさらさらないですよ。
ローン減税は・・・ローンで住宅の先買いをさせ、景気が過度に落ちないようにする政府政策ですから、(住宅の乗数効果は大きいので)そんなものに乗せられたってしょうがない。
登記簿に「抵当権」など付けられるのは御免蒙ります。消えないから。

ナイス:2 この回答が不快なら

A 回答日時:2016/6/18 02:05:13
数年前、現金で購入しました。

減税分、金利分を考慮して個人の損得は大差なかったので、
銀行を儲けさせるくらいなら、税控除など受けず、本来の税金を払おう、という判断でした。

なにより、借金がない、というのは気持ちが良いです。

ナイス:1 この回答が不快なら

A 回答日時:2016/6/18 01:10:08
>最近の住宅ローンは、私が死亡したり、ガンになったりしたら、ローン支払わなくてもいいというものもあるので、

ずっと以前からたいていの住宅ローンはそういうものですが、それは単に、生命保険(団信)に強制加入させられて、保険料は金利に上乗せされてると考えられるので、メリットでもなんでもありませんよ。
住宅ローン組まなくたって生命保険には加入できるでしょ。
(がん団信の中には検討に値するものもあるかもしれませんが。)

ただ、そういった生命保険料も込みでこれだけ金利が低く、住宅ローン控除を含めるとマイナス金利状態(つまり利息を払うどころかお金がもらえる)にもなるため、現金があってもローン購入の方が得だということです。
といっても、控除期間は10年だけ。その後は団信保険のためだけに0.6%とか0.7%もの金利を払いつづけるのもあほらしいので、10年後は一括返済する前提でしょう。

まあ、住宅ローン控除がたいした額でないと思うのであれば、生命保険料なんてさらにはした金ですから、現金で買っちゃえば良いのではないでしょうか。
変動金利なら将来あがる可能性があり確実に得するとはいえませんし、フラットは全期間固定だけど団信保険料は別料金です。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2016/6/18 00:04:36
住宅購入専門のファイナンシャルプランナー、LIVRAの小川と申します。



率直に、お金を借りても良いのではないでしょうか?



ローンの減税は残債の1%が毎年支払う所得税、住民税から控除されます。

つまり、4000万円の残債が年末に残っていれば40万円が支払う税金から差し引かれることになります。


一方、金利は現在変動金利で0.5%程度で借りることもできますので、住宅ローンの控除の効果の方が大きいということになります。


あとは保証料、融資手数料等が発生しますが、減税分の方が効果は大きくなるのではないでしょうか?


10年経って控除が無くなったら繰り上げ返済すればよいですし、その間に金利が上昇した場合に繰り上げ返済しても良いかと思います。



繰り上げ返済で手数料が掛かるローンも今時あまり聞かなくなりましたしね。


また、せっかく4000万円というまとまった資金があるのですから、10年の間に受取額が確定している金融商品で運用してみても良いでしょう。



私は10年後に7%増えてくる商品で運用しています。


4000万円全額を借りに10年後に7%増える商品で運用するとしたら、280万円も増えて戻ってきますし、4000万円のうち1000万円は現金で残し、3000万円を運用すれば210万円増えてくるという計算になります。





まとめてみますと・・・・



①現状では金利の方がローン控除の1%よりも低い


②まとまった資金を10年後に増えてくる商品で運用すれば金利で増やせる


③ローンを組んだ方が火災保険料が安くなる。(10%以上)


④最近では繰り上げ返済で手数料が必要になるケースはあまりない。(一応確認しましょう)





私ならできるだけ借りますね。


手元に資金を残しておいた方が安心もできますし。




他の方も仰ってますが、できるだけ長く借りて返済のスピードを遅くすることがポイントです。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2016/6/17 22:53:57
生活にすぐに困らないのでしたら一括で支払った方が良いと思います。
もしも死亡した場合とか、重度の障害で働けない場合残りのローンを払わなくて良いと言うのは保険に入るからです。結局はそのローンを組む時点で一緒に加入する保険で残りを支払っているのと同じです。
繰り上げ返済すると別途手数料がかかったりとかどんどん銀行にお金を持っていかれるためなんだかな~って気分になります。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2016/6/17 22:52:41
自己資金が潤沢にあり、親からの援助を期待できるようです。
もしもの時の資金の心配もないことがわかります。

このような場合は、住宅建築会社の営業担当は、資金の準備の心配が
ないことから、全額自己資金での計画をお勧めします。

預貯金がなく、自己資金を数百万円用意して、ロ-ン返済をする
ことを前提の見込み客がほとんどです。

しかし、このような自己資金だけのお客様は、何か隠された事情を
察知されます。契約できればいいでしょうが、営業担当にしても、
その上司も何か心配しながら話を進めます。
特にこのように潤沢な資金に恵まれていると、何かのアクシデントに
対応できるのかは不明です。あなたの親が亡くなったときのリスクや、
相続税、あなたが亡くなったときの相続対象等を考えると、あなたの
親の資金で住宅を建築し、将来あなたが相続をする際の財産額の
圧縮を考えたらいいでしょう。

こんな知恵袋で相談しないで、ぜひ税理士に相談をするべき事案
です。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2016/6/17 22:51:35
最も得なのは、ネットバンクで住宅ローンを組み、
10年たってから繰り上げて支払う方法です。

ちなみに35年ローンにするなど、
なるべく返済額を少なくするのがポイントです。

ナイス:0 この回答が不快なら

9件中、1~9件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード