Yahoo!不動産 マンション・一戸建ての住宅情報

質問詳細 

解決済みの質問

住宅ローンについて。 旦那のみの年収480万。手取り年収400万。 27歳。子供2人。未就園児。 住宅ローンを3000万円借入予定です。 しかし、年収の5倍を超えています。 私の友人達は自己

資金もないのに、私たちよりもずっと借入が少なく、月々6万円くらいだと言っていました。年収はわからないのですが…

友人と比べるのも間違っているとわかっているのですが、どうしても比べてしまい、私たちが今後返済していけるのか不安です。


工務店の担当さん、設計士さんは
私達は人を選んでいます。ちゃんと返済能力があるのか、無さそうな人には営業しません。とおっしゃっていました。
私達は地方銀行の限度額が4400万円あたりだったと思うのですが、
担当さん、設計士さんはほぼ10倍の限度額はあまりいない、だいたいが8倍あたりです。銀行にとっても私たちにとっても○○さん(私たち)は優良物件なんです。

と言ってました。
そこまで言われたら大丈夫なのかと思ったのですが、シミュレーションでもなんとかやっていけれているのですが、やはり不安はなくなりません。

そこで質問なのですが、銀行、保証会社が審査をして限度額を出すと思うのですが、どのように限度額を出すのですか?

正直限度額を借りて返済していけるかと言うと破綻への道まっしぐらです。

なぜ、保証会社は4400万円と言う返せない金額を提示してくるのでしょうか?

質問した人: niwachan_shunさん

質問日時: 2017/4/15 09:46:10 | 解決日時:2017/4/21 23:40:04

回答数: 8 | 閲覧数: 2537

お礼: 知恵コイン50枚

ベストアンサーに選ばれた回答

回答した人: zgre_0222さん

回答日時: 2017/4/15 22:10:11

>なぜ、保証会社は4400万円と言う返せない金額を提示してくるのでしょうか?
質問者さんは、4月12日放送のNHK「クローズアップ現代」を見なかった?

簡単に説明すると、複数の銀行が保証会社に一人でも多く審査通して欲しいと要求してきた 。
そのため、保証会社の審査の担当者が「この人絶対返せないだろうというお客様に対しても審査を通す」と言っていた。

クローズアップ現代ではカードローンの事を言っていたが、住宅ローンでも同じ事が行われているとみて間違いないと思います。

近いうちにNHKで再放送するかもしれないので、その時は見て下さい。

この回答が不快なら

質問した人からのコメント

コメント日時: 2017/4/21 23:40:04

皆様に心配していただき、とても感謝しております。
節約の鬼になって、生活できる様頑張りたいとおもいます。

1番私の疑問に答えてくださっているのでbaに選ばせて頂きます。
他の方もとても参考になる事を教えてくださってありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

7 1~7 を表示しています。

回答した人: asumettoさん

回答日時: 2017/4/17 10:57:28

自己破産になって儲けが0となるリスクと、私たち返済者が必死な思いで
ローンを返済して銀行が一番儲かる値に設定されたのが限度額です。
私たちがローンを借りた後はたとえ数%の人が自己破産しても関係ありません。
なぜなら既にそのリスクは計算済みなのですから。
そうなると心無い一担当者が限度額まですすめるのは当然のことです。

ローンが1000万増えると35年間金利1%だとしても
200万近く返済額が増えます。これで銀行は儲けているのです。

大きな買い物をすると金銭感覚が麻痺して数万円オプションを付けても
たいしたことないと勘違いしてしまいます。
仮に35年ローンとするならそのすべてに35年分の
金利がかかっていることを忘れないでください。
住宅ローンを借りるくらいの人は借入可能な
金額と余裕をもって返済可能な金額を見極める力が必要になります。

他の方が言っておられる通り、年収に対して借入額が多いと思います。
投稿者様が節約の鬼でない限り、もう少し家のオプション等を見直し
(太陽光など)本当に必要なものを見極めて2000-2500万程度で
ローンを組むことをお勧めします。

この回答が不快なら

回答した人: さん

回答日時: 2017/4/16 06:16:52

>工務店の担当さん、設計士さん
そりゃ、お客様だもん、上手いこと言うと思いますよ。
ローンさえ通れば、儲けでしょ。
買主が、ローンが苦しくても関係ないし、お金はもう入ってるんですから売主は困る事もないんじゃないのかな。


既に、年収の割に結構多めな借入額だと思いますよ。
個人的には、2000万円程度が無難というように思いますし、若さを考慮しても2500万円程度というのが限度…とまでは言いませんが、そんなところだと思いました。
返せる人は返せるし、借りたならそれに合う生活をするしかない訳ですから。
旦那さんもまだ若から、今後昇給もするでしょう。
年収700~750万円以上になる頃には余裕かもしれません。

私個人では、持ち家なし(住居費10万円前後として)、今後貯蓄が必要ないくらいの数千万円単位の貯蓄なしで、子供2人であれば、(いずれは)年収800万円程度は必要だと思っています。
その位ないと、今後かかる費用は賄っていけないように感じます。

子供にどのくらいお金をかけるか、どこまで親が負担するか、で、生活費はかなり変わってくると思います。
食費UP、水道光熱費UP、学校費(文房具なども)・塾・進学などの教育費、携帯、小遣い、被服、交通費等々。
時期によって、月3~10万円、15万円以上と生活費もUPすると思いますので、その頃の経済状況も考慮して、借りれば良いと思います。

この回答が不快なら

回答した人: call_tako_0726さん

回答日時: 2017/4/15 15:15:36

「年収の何倍」というのは、あくまで審査基準で使う概念であって、返済できるかどうかには直接は影響しません(エンゲル係数って知ってます?)

5倍以内でも破綻する人はするし、5倍越でも楽勝な人は楽勝です

心配なら住宅ローンの総額だけでなく、これからの生活費や出費を積み上げて計算するしかありません。これは個人差が激しいので、あなた本人にしかできません。専門家や知恵袋では答えは出せません

それと、わざわざ「旦那のみ」と断っているのは、妻にも収入があるからですか?
借入に不安があるなら、「夫一人」に拘らず、ペアローンも検討した方がよいです。同じ借入額なら、「有利な金利で借りられる」「住宅ローン控除の枠が増える」「団信の分散」等、メリットは多数あります

また無闇に借入額を増やすのは危険ですが、それにより土地やメンテナンス性が上がるなら、冷静に思案すべきです。「不安だ不安だ」ではなく、不安ならちゃんと考えましょう

この回答が不快なら

回答した人: fate_5792さん

回答日時: 2017/4/15 12:35:20

その年収で3000万円は無謀 ですね。返済能力はあるかもしれませんが、生活キツキツになりますよ。営業なんかうまいことしか言いませんよ。あなたのような信じやすい人はいいカモです。

この回答が不快なら

回答した人: maria20091221さん

回答日時: 2017/4/15 11:05:10

一応、保証会社にもデーターの蓄積があり、住宅ローンによる破たんのラインがあるようです。
それを返済比率といい、480万円の年収であれば、30%or35%に設定されていつ事が多いです。これは数字が大きい程、審査が緩いとされ、仮に35%であれば480万円の35%、年間168万円(月14万円)まで住宅ローンに充てても破たんしないとみます。
これを審査金利(実際の金利と異なり厳しめ)1.7%で計算するとほぼ4400万円まで借りても大丈夫とみるわけです。
しかし大丈夫といっても、実生活では相当厳しいと思いますので、共働きなどでどうにか破たんしないように返していけるギリギリのラインとみた方がいいと思います。
まあ、それ以前に金融機関は個人の審査もしますので、お金遣いの荒い方には貸し出しません。
なので、フラット以外の民間金融機関では消費者金融から借り入れがある場合、即NGにしているところも多いです。

つまり、ちゃんと返すような人にギリギリまで貸した時の数字ということです。

この回答が不快なら

回答した人: gooddragon2009さん

回答日時: 2017/4/15 10:19:39

文面からの回答になります。

金融機関で住宅ローンの融資に関しては、2種類の考え方があります。
貸せるだけ貸すという場合と返済できるだけ貸すという場合です。

通常、心ある住宅の専門家達は、顧客が支払い期間中に、返済不能になる可能性を排除できる安心できる範囲ないでの支払い計画を建てますが、大多数の販売目的の業者達は、売れればよいという考え方なので、資金予算計画は行いますが、資金・支払い計画を行うことはありません。
そのような計画での提案内容に関して、必ず顧客側は本能的に不安になります。
今回もこの事案になります。

相談者が不安に思っていることは的中しています。
本来、支払い計画は金融機関が考える年間支払い可能金額から算出されます。
いろいろな条件が伴いますので、記載されている内容からでは不十分ですが、年収が書かれているので年収からの算出結果を追ってみましょう。
年収が480万円とのことですから、年間支払い可能金額は、144万円~168万円というのが結果になります。この金額が、住宅ローンにおける原資になりますので、この金額で金融機関が考える住宅ローン安全ラインので融資可能金額は、2,600万円~3,100万円前後となります。
この金額の範囲内であれば、返済期間中に余程のことがなければ問題無く返済して生活してゆくことが可能であろうと判断できます。
借り入れ希望金額の3,000万円は、かろうじてまかなえていますので、まず、問題なかろうと考えてもよいと思います。
しかし、年収額を向上させる努力は、する必要がありますので、主人には頑張ってもらは無ければなりません。当たり前のことですが、自分の家族を守るための住まいをもつわけですから、頑張って当たり前です。
その気持ちがあれば、家族で協力して生きてゆかれると相談者の今、抱いている不安もなくなり、また、計画上、繰り上げ返済をされてゆくと、精神的な負担も軽減されることでしょう。
専門家としては、一般的なケースで考える限り、同条件であれば誰もが支払って行ける金額なのですから、貴方にできないわけがないといえます。

この回答が不快なら

回答した人: necf6a5fd7wccgcさん

回答日時: 2017/4/15 10:08:10

5倍というのは比較的苦労せず返せる基準です。すこし余裕持たせた額ですね。

なので、金融消費者が贅沢しない人ならもっと貸すことはできると思いますが中にはそうでない人が多いので多少贅沢しても返せるだろうと言うのが年収の5倍くらいなのかな?と思います。

8倍ほどいけば結構な節約生活していけば旦那さんでも返していけると思います。10倍などならかなりカツカツだと思いますが。

お友達などはいくらの物件買われたかわかりませんし、親から頭金出してもらった可能性もなくはないと思います。もしくは親の所有の不動産担保にすることも考えられますし。

保証会社などは返済できる範囲は基本ですが返済できなかった場合その建物や土地などでの回収できる金額も考えてるのか?何て思います。

詳しい方そのうち説明してくれると思いますので個人的な考え方として参考程度にしてください。

この回答が不快なら

解決済み Yahoo!知恵袋で、質問者、または投票によりベストアンサーが決定した質問

回答受付中 Yahoo!知恵袋で、回答を受け付けている質問

投票受付中 Yahoo!知恵袋で、ベストアンサーを決めるため、投票を受け付けている質問

「教えて! 住まいの先生」はYahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えます。質問や回答、投票するにはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。
キーワード検索結果一覧に表示される専門家が回答した質問は、専門家の回答がベストアンサーとなった解決済みの質問、および回答受付中の質問と投票受付中の質問になります。

ヘルプYahoo!知恵袋ヘルプ

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

賃貸契約
マンション購入・検討
一戸建て購入・検討
土地・不動産
注文住宅・リフォーム
住宅ローン・税・諸経費
売却
保険
住宅設備
住宅評価・相談
地盤・耐震
暮らし、トラブル