IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q注文住宅で家を建てます。 建坪は30坪程で三人家族です。 吹き抜けの事で旦那と意見が合いません。 私も最初は解放感もあり素敵だと思っていましたが、デメリットも多く、二階に続く吹き抜け

ではなく天井を高くして光を取り入れるのも有りかなと思いました。
しかし、旦那は壁で覆われるのが嫌らしく、二階から見渡したいそうです。

シーリングファンはつけますがエアコンの効きも悪く電気代が高くなるのも心配ですが、何より音が気になります。
娘が勉強してる時や風邪ひいた時は静かにすればよいと言って聞いてくれません。
旦那は言い出したら聞かないタイプですし、特に私の意見は聞いてくれません。
間取りの配置は分からないからと、基本的に任せてくれてますが…

因みに今の間取りはリビング階段に吹き抜けです。
もうひとつは外階段で吹き抜けは検討中です。

みなさんの意見を聞かせてください。
以外と大丈夫とか、やっぱりやめた方がいいとか…

高気密高断熱の木造住宅です。

よろしくお願いいたします。
質問日時:2017/7/12 01:28:32解決済み解決日時:2017/7/18 16:39:12
回答数:15閲覧数:1295
お礼: 50枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時:2017/7/16 14:02:18
我が家は建坪30ほどで木造で高気密ではありませんが、リビングの半分が吹き抜けのリビング階段です。2階は階段を上がったところにマルチスペースがあり各部屋のでは入り口があります。

まず、メリットですがリビングへの採光と解放感と吹き抜け窓から見える空です。チョー気持ちいいです。

採光を計算したひさしがリビング南側の2階外部についていますので、日差しが上からくる夏場は直射はリビングの南側1mぐらいまでで遮られ、冬場はリビングの奥まで日光が届きます。

冬でも晴天であれば朝と夜以外は暖房がいりませんし、2階の各部屋の扉を開けておくことで温まります。また、2階部分が締めきれますので夜間のコールドドラフトもないです。

夏場のリビングの冷房は、冷気が下に溜まりますので普通に効きます。ただ、リビング階段で2階に上がっていくとマルチスペースは暑いです。

2階の部屋はエアコンが個別についているので特に問題ありません。

シーリングファンは冬場は回していますが、夏場は使用しないで、冷気を一階にためています。

デメリットは吹き抜け窓の掃除がチョーめんどくさい。脚立に上って吹きますが、拭きむらが残ってしまいます。

あとは音ですね、リビング階段にしたいということは、家族の気配を感じていたいとのことと思いますので、メリットになるかもしれませんが、リビングの音が2階に響きます。

吹き抜けで大切なことは、夏場と冬場の採光を考えたひさしの作成と、コールドドラフトを起こさない2階の間取りです。それをクリアできればおすすめします。

ナイス:0 この回答が不快なら

回答

14件中、1~10件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 2
  4. 次へ
A 回答日時:2017/7/16 20:48:32
耐震や断熱効率など住宅性能面でのメリットは殆んどありません。
空間の開放感やデザイン面との比較で判断するしかありません。
我が家は、リビングとDKも別です。
リビングの埃や音、DKの臭いや音を共有し、来客時にリビングからDKが見えるのも抵抗があったからです。
リビング階段だと2階も共有するようになります。
また、リビングの空間に開放感があるという事は、2階でその分の空間(居室)が減っているという事になります。
2階のスペースを有効利用するためには、吹抜けで無い方が利便性が高いです。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2017/7/14 17:34:51
リビングに吹き抜けは不経済です 玄関ホールに吹き抜け階段では
リビングと分離しているので 音の問題などは有りません
玄関ホールもかなり大きい必要が有ります
建坪30坪での吹き抜けでは しない方が良いです

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2017/7/14 13:05:37
吹き抜けのメリットは何と言っても採光です。今の時期ですと6時を過ぎれば1階リビングは照明はいらないです。デメリットは吹き抜けに接する窓が大きい場合、どんなに断熱性能が良くても、外熱による温度上昇は避けられません。うちは、深夜電力の朝7時までに、ガンガンにエアコンをつけて24℃くらいまで下げてしまえば、日中は、断熱効果のお陰で、エアコンは、つけっぱなしでも電気はそれほど食わず太陽光の自家発電量でまかなえています。あと、リビング階段は、音と掃除が大変にお燃えます。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2017/7/14 09:52:19
本当の高断熱高気密の家なら、吹抜けの有る無しで寒さ暑さは変わりません。
高断熱高気密の一番のメリットは家中の温度差を無くすことです。それを考えると基本的には全館冷暖房となり、全館冷暖房であれば吹抜けがあることでより効率的に空気を循環することができます。

ただ音の問題は残ります。生活スタイルにもよりますが、個室を作って音を遮りたいときは個室を使うことしかないですね。

あと天井高を高くするのはあまりおススメでは無いです。コスト増はもちろん、階段の段数が増えたり、急にしたりと不便なところも出てきます。
また建具を大きくしないと垂れ壁が目立ち、大きくすれば重量が増えます。
何よりその天井高に慣れてしまうと、開放感というのがあまり感じなくなります。

天井高の高低差があり、天井高いっぱいの窓、煩わしい垂れ壁を無くすなどの要素で開放感が出てきます。

うちは天井高2200mmですが、吹抜けや天井高いっぱいの窓や建具があることが相まって、とても開放感があると思っています。

断熱性能も高いのでエアコン1台で全館冷暖房しています。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2017/7/13 13:45:51
建坪30坪なら吹き抜けも良いかと思いますが、延べ床30坪の間違いなら、狭いので吹き抜けつけてる場合じゃないと思いますよ。 リビング階段に吹き抜けのプランを見て旦那様は満足そうですか? 吹き抜けだってタダじゃありません。少しでも収納や部屋を広くした方がよいのでは?と思います。 ちなみに吹き抜けは、クロスの貼り替えやシーリングファンの交換等メンテナンスに、普通の高さの天井よりお金がかかります。 空調については、断熱がしっかりしている家ならそれ程心配しなくても大丈夫だと思います。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2017/7/12 22:03:36
今年新築した者です。
注文住宅で吹き抜けにしましたが、自分は
以下の点が良かったと思いますね。
・リビングの窓を減らして外からの目線を
遮られる。
・吹き抜け部二階の窓から採光し、日の角度が低い時のみ採光するように設計してもらったので、冬は光を入れて真夏の日中は直接光が入りにくい。
・リビングのソファに横になった時の開放感
・家のどこにいても家族の気配を感じとれる
・リビングのエアコン一台で二階まで
空調が効く

高気密高断熱であれば吹き抜けによって
一階と二階の空気の循環もしやすいので
その点のデメリットは少ないかと思います。

しかし、家族の家なので旦那さんの好みだけで
建てると必ず失敗すると思います。
吹き抜けの件に限らずお互いの意見を尊重して
建てた方が家族にとって必ず良い家になると
思いますよ。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2017/7/12 17:31:48
理想を追い求める旦那様の考えもわかりますが、現実的にはやめた方が無難かと。 空間利用の観点からも無駄が多いし、光熱費もなかなかです。 二階から見渡したいと言うのも、最初だけですよ。きっと。 なんとか説得しましょう、頑張ってください。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2017/7/12 13:52:44
高気密高断熱の木造住宅とのことですが、本当に高気密高断熱でしたら寒さの問題とかは問題ないと思います。
うちは30坪くらいの家ですが二階が3部屋いるので玄関と二階廊下をすのこ状にすることで吹き抜けにしてます。夏は吹き抜けの高いところにあるエアコン一台で過ごしてますし、冬はペレットストーブ一台で十分です。本当に高断熱なら電気代の心配はないです。蓄電池を採用してることもありますが、オール電化で光熱費+冷暖房費+ガソリン代(電気自動車二台なので充電代)で月に夏で5000円、冬で7000円くらいです。夏は24時間エアコン駆動です。家族は大人4人です。

他の回答にもありますが高断熱になると吹き抜けがあった方が家の中が均一な温度になりやすくなります。
吹き抜けの採用は断熱性の高さが問題です。
まあ、ほとんどのハウスメーカーがお粗末な状態で高気密高断熱なの?というが現実です。そんな感じなら悲劇が待ってます。

音の問題だけはクリアできないと思います。
テレビの音や家族の会話、家事、炊事の音が二階に響きます。
この問題は高気密高断熱とは関係なく吹き抜けを作ると発生します。
うちはリビング階段にはしてないのでリビング階段、リビング吹き抜けよりは音の問題は少ないです。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2017/7/12 13:19:14
うちもそうでした~^^;私は吹き抜け反対、彼は絶対吹き抜け&リビング階段。うちも頑固なので言い出したら聞かないし彼のお金なので吹き抜けにしましたがいざ出来上がってくるとカーテンつけるのも手間賃別料金、エアコン効かない、西日が暑いなど本人も微妙に感じてると思います。アホですよね。しかも30坪で吹き抜け・・・その分収納か部屋にしなくて大丈夫ですか?うちは43坪あったからまぁいっかって感じですが30坪だったら絶対止めてました。憧れるのはわかりますが素敵な家と住みやすい家は必ずしも同じとは限りません。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2017/7/12 11:36:11
①30坪の比較的小さな家に、「吹抜け」を採用した時に「必要な部屋の数」が犠牲になってはいませんか? もしも部屋が犠牲になっているのであれば、「吹抜け」を諦める事も検討してくださいね。

②「高断熱の家」と書かれていますが、お手元に「Q値(熱損失係数)」や「Ua値(外皮平均熱還流率)」を書いた書類はありますか?

③本当の「高断熱の家」であれば、「吹き抜け」がある方が、快適な「室内の温度」になりますので、お勧めですよ。
http://nisi93.exblog.jp/18836159/

④「シーリングファン」など付けても、冬場に冷気を感じるだけなので、止めた方がいいですよ。夏場にはそこそこの役には立ちますけどね。

⑤「外階段」とは? もしかして、屋外に階段を付けるつもりなのでしょうか?

「補足」があれば「追記」が可能です。

ナイス:0 この回答が不快なら

14件中、1~10件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 2
  4. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード