IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q先日、へーベルハウスの床潰れについて質問した者です。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11207073911

廊下の床張り替え時に床下から、こんな断熱材が出てきました。
これは歩いただけで、ボコボコに凹んだネオマフォーム。押し潰されたように変形しています。

数年前からネオマフォームから、ポリエチレンフォームに替わっていますが、床構造自体は変わっておらず、相変わらず根太レス工法を採用しています。

現在も内装の保証は2年です。契約書通りと言われた場合、施主は泣き寝入りしかないのでしょうか?このような不具合は他のハウスメーカーでもありますか?
補足

今回は2年点検時に既にベコベコ凹んでいる状況をへーベルに伝えていた為、特別に(?)無料で処置してくれましたが、床構造自体は変わりません。近い将来にまた断熱材が潰れるのは想定されます。ネオマフォームもポリエチレンフォームも指で押すと簡単に潰れる位、柔らかい部材です。

質問日時:2019/5/18 10:19:21解決済みの質問解決日時:2019/5/23 19:32:24
回答数:1閲覧数:231
お礼: 0枚この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時:2019/5/18 11:01:17
施工会社が対応しないと言っているのであれば、泣き寝入りせざるを得ない状況が今のリフォーム業界だと思います。 例えば訴訟をおこしたとして、原因の究明証明は施主側にあり、明確な証明などできるわけもなく敗訴というパターンが一般的です。 床ではありませんが、屋根材でニチハのパミールという有名な欠陥商品があるのですが、メーカーであるニチハは開き直っていて全く対応していません。 訴訟をおこしても勝てる見込みは略ないという状況です。 ですので、建材の不具合はかなり多くあると思います。 メーカー側もより良いものを開発する段階での失敗作とも言えるので仕方がない。これが裁判所の考えです。 私個人の意見としては今流行りのタンクレス便器や単一素材のタイルフロア等は明らかな欠陥商品だと思っています。

この回答が不快なら

質問した人からのコメント

回答日時:2019/5/23 19:32:24

詳しくご説明ありがとうございます。

内装の保証は2年なので、それまでに何か言えば無料で補修しますが、それ以降は有料になります。床工法自体に問題があると思われても(失敗作でも)、契約書通りと言われれば、泣き寝入りなのでしょうか?

大金払ってこれでは...、永遠に納得いきません...。

  • 解決済みの質問Yahoo!知恵袋で、質問者、または投票によりベストアンサーが決定した質問
  • 回答受付中の質問Yahoo!知恵袋で、回答を受け付けている質問
  • 投票受付中の質問Yahoo!知恵袋で、ベストアンサーを決めるため、投票を受け付けている質問

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

「新築一戸建て」に関するおうちマガジンの記事

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード