IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q注文住宅について

人によって、担当によって、コストによってもちろん様々な視点で…があると思いますが、ご自身にとっておすすめのハウスメーカーってどこですか? 私的には檜家というハウスメーカーが気になってます。全館空調と、コストが安いのかな?という点でいいなと思いました。 あとはヘーベルハウスの鉄骨造というのに主人は惹かれたようですが、そもそも住宅のレベルで鉄骨造って必要なのかな?という疑問もあります。
質問日時:2020/10/21 17:04:47解決済み解決日時:2020/11/24 11:45:59
回答数:17閲覧数:161
お礼: 0枚
共感した: 1 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時:2020/10/23 13:01:42
家の作りは色々な方法があります。 窓を大きくとりたいとか特殊な作りをしたいなら鉄骨、普通の家で良ければ木で良いと思います。 そのほかは他の方も書いてありますが一長一短です。 木で建てる場合も色々な方法があり一長一短です。自分が何を求めるかですかね。 ただこだわればこだわるほど高いです。 住むと言う面では同じでも、4000万の家、2000万の家と差が付きます。 高い家は断熱がとか言いますが暖房つけてます。暖房コストが安いといっても最初のコストが高いのでトータルでどちらが安い? それなら太陽光つけた方が安い? また家の価値は結構早く落ちていきます。なら土地にこだわり家はそこそこでも良いのではと私は考えます。 お金が有れば良いものを沢山買ってください。私はそんなにお金がないので土地は良いものを、家はそこそこで良いものを選んで建てました。

ナイス:0 この回答が不快なら

回答

16件中、1~10件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 2
  4. 次へ
A 回答日時:2020/10/25 00:06:12
家については、価格と品質は必ずしも比例しない。 メーカー製の「注文住宅という名の規格住宅」は特にそう。 鉄骨造をどういう目的で選ぶのかにもよりますね。 ・耐震性=木造でも十分強い ・耐火性=むしろ木造のほうが強い面もある ・気密断熱性=ひどい

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/10/24 18:58:30
へーベル施主です。
イメージとは違って、吊り戸棚が落下しています。
現在、全国で補修工事中ですが、事故の原因が下地不足でした。
非常に高い買い物だったと後悔しています・・・

ナイス:1 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/10/23 10:37:34
鉄骨造は耐震性が「強そう」ですが、木造でも変わりません
むしろ重くなるので地盤改良などコストがかかりやすいです
あまりいいことはありません
マンションなど大きな建物ならいいんですけど、住宅には向いてません

断熱がかなり劣ります
木造よりも夏は暑く冬は寒いです
光熱費がかかります

数年経って保証がすぎる頃から床がぺこぺこに凹む、メンテナンス代が二倍かかる、ヘーベルの言いなりでメンテナンス代を払わないと保証されない
など、施主にとってストレス多いハウスメーカーです
鉄骨にするとしてもヘーベルは絶対やめたほうがいいです

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/10/23 10:01:11
お勧めは、近所に各社建ってますが、

積〇ハウス、I条、パナ〇〇〇〇です。

へー〇〇は、床が凹むと多数検索で出てきます。

S友〇業は坪単価が高いわりに、

地味な家が多く、知恵袋でも苦情も多いです。

ミサ〇は、壁が紙のようで、建売のように見えます。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/10/22 15:30:00
住宅メーカーにいますので自社施工が一番安く、かつよいものを作ってくれるとは思ってますが(笑)個人的見解を述べます。

建売は買い手の見る目が試される住宅
注文住宅は施主の情報収集とこだわりが反映される住宅と考えています。
酷い言い方にはなりますが、こだわりもなければ難しいことも考えたくなければ注文住宅なんかやめた方が良いです。

性能は二の次にして徹底的に見た目をこだわる
見た目は置いといてとにかく性能にこだわる
見た目も性能も一切妥協しない上に動線、建具、収納まで全部に強烈なこだわりを注ぎ込む

どれも成功するかも知れないし失敗するかも知れません。
工務店の技術も相まって思い通りにならないかも知れませんし、予想以上の出来になる亜可能性もあります。

では、どんな会社が良いのか

施主のわがままを出来る限り実現してくれる会社と言っておきましょうか。
結構絞れますよ?

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/10/22 10:52:24
私なりの考えですが家の満足度というのは人それぞれで 今までどんな家に住んできたかによって比較されるものだと思いますので 質問者様が現在どんな家に住んでいてどんな実家なのかを考えて 選ばれると絶対に嫌な思いはしないと思います。 我が家も最近注文住宅を建て現在引っ越して新居で住んでいますが ローコスト系の住宅で、こういう知恵袋だとクソだとか色々言われているハウスメーカーですが実際に住んでみると文句ひとつもない家になっています。 それも恐らく今までアパート住まいで 隣部屋の騒音、寒い、暑い、音が響く、そして風呂が狭い等々 最悪な所に住んでいたので現状は満足しかありません(笑) なので恐らく私が性能の良い家に住んでも結局今の満足度と大して変わらないので家本体の価格をローコストにして設備をオプションだらけにして良かったなと思っています(笑) 質問者様が現在マンションなどに住んでいるのであれば高断熱な性能がないと不満に思うかもしれません。 ただ、そうではないのであれば恐らくローコストでも充分満足できるかと思いますよ。 人によって家に求める性能が変わってくるので、上を目指すとキリがありませんから自分たちが満足できるレベルを適正に見極めてハウスメーカーを決めていくと良いと思います。 我が家も最初は桧家住宅も候補に入っていましたが結局桧家よりも安いハウスメーカーで建てましたが結果的に桧家にすればよかった・・・なんて一度も思ったことないですからね・・・(笑) まぁ後悔しないように自分たちが求めるレベルを決めるのが一番良いかもしれません。 参考になれば幸いです。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/10/22 10:17:16
鉄骨造の魅力を耐震だと考えているのであれば間違っていると指摘できます。構造上、柱がなくても空間を広くとれるというメリットであれば理解できます。その反面断熱性能をはじめとした性能面では劣ることも理解されるべきです。 何を重要視するかですよね。 全館空調をというのであれば断熱や空調そのものの性能として三井には及びませんし、価格面ではその逆です。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/10/22 00:51:35
①「桧屋住宅」の場合、家自体の断熱性能が低いので、これに「全館空調」の様な、穏やかな「冷暖房」を組み合わせても、効果は薄いのでもっと慎重に考えた方が良いですよ。 https://www.yama-kk.com/information/heat20%E3%83%BBg3/ 多分あなたのお住まいは、「⑥地域」だと思いますので、この区分をご覧ください。 大手のHMが盛んにCMしている「ZEH(ゼッチ)」でも、Ua値=0.60しかありませんので、この程度の家に「全館空調」を組み合わせても、集中エアコンをフル稼働で運転しないと、「冷暖房の効果」を感じる事は出来ませんし、それをすると、光熱費が「恐るべき金額!」になりますので、注意が欠かせませんよ。 「全館空調」を採用したいのであれば、HEAT20 G-2の0.46と、G-3の0.26との中間点の、Ua値=0.35以下にしておかないと、「快適な家」にはなりませんので、よく考えた方が良いですよ。 ②ヘーベルハウスの欠点は、親会社が「旭化成(ネオマフォームの製造元です)」でありながら、使っている断熱材の厚みが薄いので、最低でもここに表示された、2倍の厚みが必要ですね。 https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/technology/04.html/?link_id=globalnavi_tech04# 更に「鉄」と言う素材は、「木」の350倍も熱を伝えやすい事から、「熱橋現象(ヒートブリッジ)」が発生して、「壁体内結露」の大きな原因にもなりますから、注意が欠かせませんよ。 https://www.2x6satoru.com/article/442935793.html ③もしも「鉄骨造」=「地震に強い!」と考えているのであれば、「それは大きな勘違い!」なので、もっと勉強してからの方が、「後悔の無い家造り」が出来ますよ。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/10/21 21:33:22
ハウスメーカーの家は特許工法の工業化住宅ですので、在来軸組工法の家よりも精度が高く、研究された家ですので、使い勝手は優れています。

しかし、他では買えない部材、他では作れない修理出来ない構造、他では作れないデザインなどメリットですが、

壊れた時も、他では部品が入手出来ないため、建てたメーカーでしか修理出来なくなるため、修理代金も高額です。

一方、在来軸組工法は何処の工務店でも建てられるオープン工法ですので、競争原理が働き、価格は安定します。

大手ハウスメーカーの多くは、昭和40年代に創業した会社が多く、当時は在来より安く建てられますと言う商品展開から始まりました。

しかし、安くても対応が悪く、品質が悪いと、2次購入者が現れません。
売り続けるためには、利益を出す事にもなります。

そして耐震性、耐久性を高め、保証を充実させる事で、リピート客を取れる営業に仕立ててきました。

現在もローコストパワービルダーはありますが、安いだけで、対応と品質が悪いと、2度と此処では建てませんと言う事になるにで、多くの安売りメーカーは会社が大きくなるにつれ価格は上昇します。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/10/21 21:16:11
桧家さんは自分も品質とコストパフォーマンスや値引き等のサービスがよくて最後まで候補でした 鉄骨は熱伝導率が高く夏暑く冬寒くなりがちなので木造がお勧めです 自分は工務店にしました

ナイス:0 この回答が不快なら

16件中、1~10件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 2
  4. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード