IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q不動産購入時のトラブル。 不動産会社の行いに問題はありますか? それともこちらが気にしすぎなのでしょうか?

教えてください。

両親が新築一戸建てを買うことを決断し、不動産会社に購入の意思を伝え、お金を準備できるその3日後(明日11/6です)に手付金を払う約束になっていました。

それなのにたまたま家を見に行った両親が、不動産会社が別の購入希望者、物件を見たい人に、購入する家を案内している現場を目撃し、激怒して購入する話を白紙に戻しました。
担当者がお菓子を持って謝りに来ましたが、もうだめでした。

どうなんでしょう?
購入すると約束はしたものの、まだ手付金も払っていない状態では、まだ購入が確定したわけではない?ので、不動産会社は誰にでも物件を案内するのでしょうか?
両親としてはもう自分の家も同然の家を他人に勝手に見せて案内したことが許せないようです。
私としては両親の気持ちはわかる部分もありますが、白紙にするほど怒ることかなぁ?って気持ちもあります。

ちょっとたとえが違うかもしれないが?
私にたとえて言えば、交際相手、結婚相手を募集中と言っていた相手と付き合う約束をして、今度の日曜日に初めてのデートをする予定だったのに、付き合う約束をした後に他の人にも付き合って欲しいって声を掛けているのを目撃して、激怒して付き合うのも、デートするのもやめたって感じかな?
これなら、両親の気持ちわかるなぁ。

それで、本題の不動産会社のことはどう思いますか?
質問日時:2014/11/5 22:35:58解決済み解決日時:2014/11/20 03:10:05
回答数:10閲覧数:298
お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時:2014/11/7 09:06:17
面倒くさい客と不動産会社は思いました。
契約まで押さえておきますと約束したとしても、
ローン審査でダメになったり、必ず契約
できるとは思っていません。
もしダメになった場合に備えて次の見込み客を
見つけておくのは当然です。
もし、あなたの親が気が変わったと契約しなくても
何も責任は負いません。そして、ドタキャンする
お客が多いのです。次に備えるのは普通です。
しかし、損をしたのは親の方と思いますよ。
気に入った物件がそんなことで買えなくなったのです。
不動産会社もお客をつまらないことで逃したのですが、
日常茶飯事ですから、もしその客に売っていたら
これからもどんなケチをつけられるかわからないので
良かったと切り替えるだけです。
何より重要なのは物件の良し悪しです。

ナイス:0 この回答が不快なら

回答

9件中、1~9件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時:2014/11/9 14:10:04
ace_striker_10さん こんにちは、都内で住宅販売を行っている大月と申します。 購入する意志というのは、不動産購入申込書を記入したと考えて 宜しいのでしょうか? 口頭のみの約束でしたら論外ですが、 購入申込書を書いている場合ならば、以下の事が考えられます。 ◼売主が購入申込書を承認していない(もしくはその前) ◼資金計画に不安点がある。 ◼値引き交渉をしている。 などの理由が1つでも当てはまると、 契約予定物件として売り止めにすることは出来ません。 ✳私は売主営業なので すべてを加味して考えて、売主は結論を出します。 だいたい1日〜2日ほど掛ります。社内で稟議を挙げるので 売主からokがでて初めて売り止めになるので、売り止め前の物件は 商品として販売されます。 なのでこの不動産業者は何も悪くないのです。 購入申込書等の不動産探しのポイントを書いているので、 宜しければ覗いてください。 http://ootukidaiki.blog.fc2.com/

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2014/11/6 14:14:36
もう多数の意見が出てお分かりと思いますが、0対100で、あなたの両親が無知。

極端に言いましょう。
契約が終わって、決済まで行っていない物件を案内する事だってあるのです。

「建物の中身が見たい」、と言うお客さんは幾らでも居ます。

契約しても、まだ完全に買主の物にはなっていません。

決済したその時、初めて「自己所有物」になるのです。

あなたの両親の考えを直さないと、どこの不動産屋に行っても同じ事が起きるでしょう。

不動産業界の常識を理解させなければ、不動産屋が迷惑します。

言うなら、無知な人間がいきなり場違いな所に来て、その常識も知らずに勝手に怒っている、と言う「笑ってしまう実に滑稽な話なのです」。

ただ、不動産屋は「客商売」だから謝りに来ただけ。
本当は「謝る必要など無い」のです。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2014/11/6 11:18:50
『必ず買う』と言って、音沙汰がなくなる購入希望者は腐るほどいます。

そして、ご両親は『自分の家も同然』と思っているようですが、所有権を得たわけでもなく、契約をしたわけでもないので、他人の家です。

勝手に見せて案内しようが、それは文句を言う筋合いはありません。
また、その物件を完成物件として見せていたことも考えられますし。

許せない気持ちはわからなくはないですが、『自分の家も同然』という気持ちをないがしろにし、『買わない』という決断をしてもペナルティありません。

自分の家だと言いはるのであれば、そのまま購入するべきです。
自分の家なのに、放置できないでしょ?
そこまでの気持ちがあるのであれば、その担当者も怒られて同然かもしれませんね。
あくまでも同然、というだけであって、お門違いであることは否めませんが…。


ご両親の気持ちを汲み取るよりも、契約していないでしょ!と言ってあげた方がよろしいですよ。

ナイス:1 この回答が不快なら

A 回答日時:2014/11/6 10:20:36
1.購入時のトラブルではない。

2.買おうとしている者(意思を示しただけ)の「傲慢な態度」

3.手付金ではなく、売買契約等が重要。

4.担当者は詫びる必要すらない。

5.売買契約をしても、残金決済までは次順位の希望者(キャンセル待ち)を確保するのは、普通か、賢い。

6.残金を支払ってもいないのに、自分の家も同然と考える行為=日本人か?

7.売主は、このような輩には非常に注意するだろう。

8.どんな生き方をしてきたのか。会社員なら、相当に横着な奴と推察。

9.白紙に戻すのは自由。あなたの両親の考えを正当化するなら、違約金を支払え。

10.買うという意思表示だけで決めつけたのだから、仲介費用、違約金を即刻、支払え。私なら、進んで裁判にするけどね。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2014/11/6 06:08:07
不動産会社としては、当たり前の行為であり、何の落ち度もありません。

ご相談者様のご両親とは、あくまでも約束の段階であり、仮に、この時点で、ご両親がキャンセルしても何のペナルティなしにキャンセルできてしまいます。
よって、不動産会社として、2番手3番手を確保したり、反響のあったお客様をご案内する行為は、あたりまです。まぁ、担当者が一言、反響のお客様を案内する旨を伝えとけばよかったかもしれませんが。

担当者が謝罪しても、白紙なんてことは、きっとご両親は、購入することに不安を抱き、辞めたい気持ちがあったのと解釈しますが…。

本当に購入したければ、(本当にお付き合い人ならば、声をおかけいる位では、断らず、何としても、こちらがデートできるように仕向けるのではないですか).、謝罪を受けいれるはずだと思いますよ。

ナイス:1 この回答が不快なら

A 回答日時:2014/11/6 03:56:09
そうですね、例えは全然違います
「人間とモノ」ですからね・・

さて、不動産業者は全然問題ありません。
当たり前の行為です・・菓子折り持ってきただけでも良心的です。

当たり前の行為をして、とりあえず気持ちを静めるために
菓子折り持参で頭を下げた・・・あなたの親御さんの方が
社会一般的な話でいうと間違った常識なんですが、ソコに来て相手が
頭を下げているのですから、人間として「許すべき」です。

他の方が言ってるように
「売買契約」の前は当たり前のように「案内はします」

原則的に、所有権は会社にあるのですから、それをどう使おうと
自由です・・しかし多少は気持ちもわかりますが、最低限
「売買契約」を済ませるまでは何も言えません。

私たちも、売買契約を済ませた後には
「他の物件の参考の為に、当社の一軒家を見てみたい」という
お客さんが居ますので、案内させてもらっても良いでしょうか?
程度の断りは入れます、まだ所有権が移っていなくても・・

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2014/11/6 00:28:29
不動産営業です。

不動産の取引を 他のたとえ話しと一緒にしていけません。
不動産業界には ルールが存在いたします。

そして、不動産は 日本国の領土の所有権の売買です。
法律に準じて取引が行われます。

また、一生のうちで1番高額な買い物でもあります。
つまり 口約束は通用しません。

購入者は お客様です。
しかし 物件の持ち主も お客様なのです。

たとえば 3000万円の物件が売りに出ていたとします。
購入者は 買ってほしいから売りに出している。
と 思うわけです。
そして こう言います
「買ってあげるから 100万円値引きしろ」
しかし 不動産の売買は 売主さんの方が強く
「値引きしてまで売りたくない おまえには売らない」
こんな売主さんは たくさん存在します。

質問者さんのご両親様は 土地付き建物を購入する予定でした。
「11/6に手付金を支払うから よろしくね」
ということかと思います。
不動産業界では この口約束は何の意味もありません。
気が変わって 他の物件を購入するかも知れません。
実際に 気が変わる人はたくさんおります。

仲介業者さんは ご両親様が購入する意志を伝えた日に
「不動産申込書」に記名・押印と手付金を入れるよう伝えたはずです。
それを伝えない不動産営業は アホです。

なぜなら 翌日に他の人から申込書が送付されたら購入が出来なくなってしまうからです。
これが ルールなのです。
「物件をおさえる」という作業です。

口約束で それを信じて何日か待っていた。
その何日かの間に別の購入者が現れた。
でも 口約束を守り断った。
約束の日に 口約束の購入者は来なかった。
その物件は その後、売れることなく中古物件として値下げをするハメになった。
不動産は 資産です。
他人の財産に損害を与えたわけです。
100円200円の損害ではありませんよね。

だから ルールを守ってください。
ということなのです。

口約束が通用するのであれば・・・
良い物件を何ヵ所も止められてしまうわけです。
「1週間 待ってくれますか?他にも良い物件があるかも知れないので」
「はい わかりました」と言う売主は 存在しません。

不動産は 持ち主の方が偉いのです。
購入する意志があるなら 今 申込書を入れなさい。
ということ・・・

そして 手付金を入れても所有者にはなりません。
いつでも売主から解除ができます。
売買契約を締結しても 購入者の物件ではありません
全額を支払い 所有権を移転するまで購入者の家ではありません。
それまでは 敷地内にも入れないのです。

口約束をしたかた自分の家だ。
とおっしゃっているご両親様が間違っているのです。

購入すると言ったのだから 他の人を案内するのはおかしい?
おかしくはありません 所有者の自由です。
もしも 全額即金で支払う と言ってくればその人へ売却します。
全額を支払った時点で その人のモノになります。

これが 不動産業界のルールなのです。

手土産を持って謝罪をしに行かれた。
それは 良心的な良い不動産屋さんです。

恋愛で例えるなら・・・
1度か2度 会っただけで 結婚を前提に付き合ってください
と言われても それ本気なの?って思いませんか?
そうやって 誰にでも言ってる人だとしたら どうします?
オレは そんな男じゃない!失礼なことを言うな!
って 怒ったところで 世の中には いろんな人がいます。
だから その言葉が本当かどうか証明するには 言葉だけではなく行動が伴わなければなりません。
その意志表示が その場での手付金と申込書なのです。

それが入れば 売れたものと判断し 他のお客様を案内などしないでしょう
売れた物件を案内しても意味がありませんからね。

さて どちらがどうなのでしょうか?

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2014/11/6 00:03:10
不動産会社には何の落ち度も無いですね。

質問者さんのご両親が契約もしていないのに
「自分の家も同然の家」という勘違いが問題です。
勘違いというか理解不足というか。。。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2014/11/5 23:17:08
普通のことです。売買契約が済んでいない以上貴方の物でもなんでもないです。
売買契約直前で購入を辞める方も結構いますので、不動産会社としては他の方も一応案内します。その方には2番手であることを告げます。

ナイス:0 この回答が不快なら

9件中、1~9件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード