IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q借地借家法、改正民法についての質問です。 借地借家法33条(造作買取請求権)はクーラーや畳などを建物に付属させた場合これらを買い取るように貸主に請求できますけど民法599条とかだと借

主は付属させた物は収去しなきゃならないといけないと書かれています。

借地借家法が適用されるというのは分かるのですがそしたら民法っていらなくないですか?という疑問なのですがよろしくお願いします。
質問日時:2019/1/14 11:42:53解決済み解決日時:2019/1/15 15:22:26
回答数:2閲覧数:63
お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時:2019/1/14 11:52:22
借地借家法が、民法の特別法なので、民法に優先して適用されるようになっています。他の法律も同じような扱いです。

ナイス:0 この回答が不快なら

回答

1件を表示しています。

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時:2019/1/14 19:16:23
法律も民法も裁判所も要らないと思います。 無断転貸して換気扇とエアコンなんか壊れて、製氷機が無くて、敷金返せと不動産屋が同胞で、前借人に造作譲渡代払ってないで、連帯保証人がその日にラーメン屋で声かけて、アパートの2階でマットのレンタルを自営に直して、月収300万で、保証金80万返せと弁護士付けて 訴えられたから、普通の審議にしてやって、いきなり別室でジャンパー着たおっさんに、どこの誰だかわからない人に貸したんだ、造作譲渡なんかないわ、判決もらえばいいだろうと言われました。 司法士官というらしい、民間人と言ってました。 斜めに構えて肘ついてるのに驚きました。

ナイス:0 この回答が不快なら

1件を表示しています。

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード