IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q土地の境界線、不動産屋の対応について 4年前に生前贈与で土地を貰い家を建てました。我が家を囲むように2軒あるのですが、そのうち1軒が一人暮らしのご年配の方が亡くなり、隣市に住む娘さ

んが相続後売却すると1度ご挨拶に来られまし。この一帯は親族が地主で持っていて、40年ほど前に周りの方に売ったそうです。
ちゃんと境界線の印もあり、土地や地図、測量図も貰いました。が、法務局では我が家の一部が隣り(売却される家)にくい込んでいるのです。それを知らず40年、親族はくい込んだ分も税金を払ってきました。
昨年秋に隣の不動産屋が来て、別件で資料や親族の連絡先を教えて欲しいと来ました。準備をしていたら、資料を見ていたら家を建てる時の測量図と親族から貰った測量図の違いに気付きました。色々と話し、売却する前に境界線や支払ってきた分の固定資産税について話し合いたいので依頼主(隣の娘さん)にこの件を伝えてください。と不動産屋に伝言を頼みました。それから半年以上連絡なしです。そしたら4日前に内装が隣に入るようで業者が来て話を聞いたら夏までに内装を終える依頼がきたそうです。痺れを切らし3日前に不動産屋を調べ連絡、定休日だったようで別の方でしたが「担当者に伝える」と。それから3日経ちました。
また、明日に連絡する予定ですが、不動産屋の対応に腹が立ちます。担当者はきっと面倒だから半年以上連絡がなかったのだと思います。半年もあれば測量のやり直しも終わって、法務局への提出もおわっていたはずです。リフォームで内装が入ったかは分からないですが、もし購入者がいたから問題がある土地を買わされたなんて余りにも可哀想です。

本題ですが担当者の対応について不動産屋(本社)へ抗議してもいいでしょうか?
また立ち会いで境界線について土地家屋調査士を依頼した場合、費用は隣と折半してもらう話をしてもいいでしょうか?40年分の固定資産税とはいえ、新築を建てた時にそのくい込んだ土地に気付かなかったこちらの落ち度もあると思っています。

分かりにくいかとは思いますが、回答をお願い致します。
質問日時:2019/5/24 01:46:33解決済みの質問解決日時:2019/5/27 17:49:56
回答数:4閲覧数:77
お礼: 500枚この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時:2019/5/24 07:34:34
境界は土地所有者(名義人)同士の問題です。
第三者が口をはさむ(委任状があれば別ですが)ことはできません。
隣町に住む娘さんにその旨を直接連絡する。

くい込んだ土地について。。
境界は筆界(登記のとおり)と所有権界(占有界)の二種類ある。
登記する場合(例えば、地積更正登記とか分筆登記)は筆界でしかできません。
くい込んでいる土地は所有権界になります。

所有権界について。。
双方がそのことについて知らなかった場合は、、時効取得ができる場合もある。
※弁護士に相談。

税金について。
くい込んだ土地にまで収めてはいません。
登記のとおり(筆界)で課税されています。
要するに、、お隣さんが貴方の占用している土地の分まで納税しているのです。

土地家屋調査士の費用。。
依頼した側の負担です。
ただし、お隣さんが折半に同意すれば折半です。

お近くの土地家屋調査士に相談したほうがいいと思います。
境界は素人には分かりづらいです。私の回答も理解できないでしょう。。。

この回答が不快なら

質問した人からのコメント

回答日時:2019/5/27 17:49:56

まだ期限がありますが今日で一気に進んだので締切とします。直接、娘さんに連絡したら不動産屋からは何も知らせていませんでした。終始お互い謝りながら今後について話し合いました。また1ヶ月前に不動産屋を変えたから、私に折り返しの電話をしなかったと分かりました。簡潔に言いますと、法務局の手違いで境界線が変わっており、今週中に必要書類を法務局に提出する事に致しました。皆様、回答ありがとうございました。

回答

3件中、1~3件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時:2019/5/24 10:13:41
家屋調査士にあなたの資金で依頼。 払ってもらった税金はそれでチャラでいいのでは。 この手は簡潔に解決が一番。 調査費用の折半なんて言えば、拒否される可能性も。

この回答が不快なら

A 回答日時:2019/5/24 08:20:26
なんであなたが固定資産税を払うのに、仲介している不動産会社に、逐一抗議しなければならないのですか? 向こうはそれなりな考えもあって判断するのでしょうから、あなたが頼んだ訳でもないのに拘束される義務もありません。 ちなみに、越境した部分については、購入になりますので、固定資産税の支払いは道義的であっても、分筆登記、所有権移転登記、並びに購入費用については、あなた持ちが相当です。

この回答が不快なら

A 回答日時:2019/5/24 08:00:05
①、貴方様へ貴方様が不動産の取得した時点で土地や筆界線確定図で
無くともそれら域図でお互い譲渡の手続きを踏んでいるのです。
また、不動産屋が所有権なけれは異議を唱えることは当然の権利です。

②、賢い戦術として先ずは、不動産屋の申しでに承服できないと口頭
を回答をする。法務局の地図(公図)や地籍図は当時の任意測量図で、
更正登記もできる。土地境界確定図や特定筆界制度図の以外認めない。

③、以上の点から、不動産屋が主張する法的に対処できる証拠を出す
よう早急な回答を求めることです。相手方が土地境界確定を土地家屋
調査士とで求めて来た時には、貴方様が有利な資料で請求し同意する。

④、土地境界線の確定後にその写しを条件に図面に署名と捺印をする。
その時点で過去の固定資産税の支払済み生負担金をすることです。
また、筆界や境界線確定で、既存建物の過去についても精算をする。

この回答が不快なら

3件中、1~3件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
  • 解決済みの質問Yahoo!知恵袋で、質問者、または投票によりベストアンサーが決定した質問
  • 回答受付中の質問Yahoo!知恵袋で、回答を受け付けている質問
  • 投票受付中の質問Yahoo!知恵袋で、ベストアンサーを決めるため、投票を受け付けている質問

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

「土地」に関するおうちマガジンの記事

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード