IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q長文になってしまいますがお答え頂けると助かります。

日本でコロナが流行り出す前くらいから妊娠しており、私はつわりが酷く旦那の稼ぎもあった為していた仕事を辞めることにしました。
コロナが流行り出すと旦那の仕事も休みになる事が増え、とうとう仕事を辞めなければいけなくなりました。
そうなると収入が無くなって生活が出来なくなる為生活保護を受給させて頂く事になり、現在も受給中です。
本題に入るまでに話が長くなってしまいすみません。
そして現在住んでいるマンションがとても壁が薄く乳幼児不可のアパートなのです。
本来ならばその引越し費用があったはずなのですがコロナの最中に貯金を切り崩してしまいました。
調べてみると役所の方から引越し費用が出るとの事で聞いてみた所、家賃の基準は現在住んでいるアパートが満たしている為、管理会社からの退去要請の紙が必要と言われました。
ですが、管理会社にその内容を伝えると現時点では何の問題も無いためこちらから退去要請の紙を出す事は出来ないと言われました。
そうなると、もしこのまま出産まで生活保護を受給するということになれば隣人から泣き声でのクレームが入って管理会社から退去願いが出るのを待つしかないという事でしょうか?
産まれたばかりの子供を連れて引越しというのは避けたくて...
そんな事を考えながら出産に挑むのも正直とてもキツくストレスになってしまっております。
生活保護についてのネガティブな意見は精神的負荷になりますのでやめて頂けると嬉しいです。
どうするのがベストかご教示頂けると助かります。

長文失礼致しました。
質問日時:2020/9/25 10:56:02解決済み解決日時:2020/9/26 10:47:38
回答数:1閲覧数:35
お礼: 100枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時:2020/9/25 11:30:28
LINEのオープンチャットで「生活保護コミュニティ」の管理人をしています。 さて、転居費用を生保から支給してもらって転居する方法は、①医師による転居が必要との診断書、②大家(貸主)からの退去要請、③今住んでいる住宅の家賃が住宅扶助費を超えている、などの他に、A. 家主から更新契約を拒絶されたり、自分が解約の申し入れを行ったことにより、やむを得ず転居する場合、という理由が認められるとしています。(生活保護手帳 2020年度版 pp. 328-330) したがって、たとえばの話、「乳幼児が不可の物件なので、更新を拒絶された」あるいは、「乳幼児不可の物件につき、出産を控えているため、乳幼児可の物件に転居しなければいけないので、すでに解約の申し入れをしている」という理由で転居を申請すれば、おそらく『転居に際し敷金等を必要とする場合』に該当するため、新居への敷金等の契約金や引越し業者の費用等の転居費用を支給してもらえる可能性は高いと思います。 しかしながら、生活保護も行政手続きであるため、口頭でケースワーカーに相談するのではなく、書面による「申請」をしなければ、どんなにCWと話をしていようと話は進みません。 転居費用を出してもらう、などの費用を支給してもらいたい場合は、電車を使って通院するときの交通費(通院移送費)などと同じように、「申請」をしないと支給してもらえるものも支給してもらえません。 ですから、転居費用を支給してもらいたい場合は、書面による申請をしましょう。 マンション管理会社としては、乳幼児不可であっても、子どもが産まれるまでは家賃を払ってくれる客には住んでいてもらいたいはずなので、退去要請の書面などは発行してくれない、というのは理解できます。知り合いに、自分でWORDで大家からの退去要請ということで書面を作成して、それで転居を申請して転居した人がいましたが(笑) どうするのがベストかは、自分が決めることなので第三者が口を出すことではありませんが、転居をしたいなら、転居費用を支給してもらって転居する方法はある程度あるので、"要件を満たすように転居の申請" をしてもいいと思います。転居費用を支給してもらえる要件を確認する場合は、生活保護手帳2020年度版などで確認すると良いと思います。 LINEオープンチャットで受給者同士が交流するコミュニティを作っています。みんなで助け合ったり雑談したりして楽しくしています。参加者は現在200名を超えました。よければ参加してください(。・・。)b"

ナイス:0 この回答が不快なら

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード