IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q住宅ローンについて。 当方30歳夫婦共働きで、世帯年収が950万です。子供は無しですが、最低1人は欲しいと思っております。

現在大手ハウスメーカーで注文住宅の契約をしようとしており、借入期間35年、ローン借入額は6000万です。
FPによるシミュレーションや、自分たちでも費用を洗い出してシミュレーションしました。子どもが産まれて妻の育休期間を乗り切れば貯金もしながら生活できそうだったのですが、ネットでみると手取り年収の25%前後が目安と書かれているのを多く見られ、妻は乗り気ですが個人的にとても心配になりました。

補足としまして、奨学金の残債が300万ほど、貯金は500万です。ほかにローンはありません。

現在住宅ローンを支払っている方で同じような世帯の方、または詳しい方、意見をいただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。
補足

みなさまたくさんの回答ありがとうございます。 回答のほとんどがやめておいたほうがいいというアドバイスでしたが、実はすでに契約したあとでした。 契約後に怖くなり質問させていただいた次第です。妻とも話し合い支払っていく覚悟を決めました。 子どもが産まれた際の育休期間だけは間違いなく赤字になるので、ひとまず2人のうちにローンを支払いながら貯金をしようと思います。

質問日時:2021/5/13 12:27:13回答受付終了
回答数:27閲覧数:410
お礼: 500枚
共感した: 0 この質問が不快なら

回答

27件中、1~10件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 次へ
A 回答日時:2021/5/19 23:19:07
貯金が乏しいですね。今後、子供の養育費、学費、塾代、家だって固定資産税、修繕積立、老後資金色々あります。 可能ではあるけど、わりとギリギリですね。奥さんは専業やパートにはなれないというのを覚悟の上で働き続けるなら。まぁ良いのかなと思います。 ただ、やはり、人生設計家庭の事情で奥さんが仕事やめざるえなくなったり、色々可能性あるのです。保険にもはいって、色々備えはしておきましょう。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/5/18 06:08:12
6000万の建売で、フルローンはかなりカツカツに成りそうです。理由として、子供が生まれ、一軒家に住むと車が必要になります。 妻が産休に入り、妻の稼ぎが7掛、もしくは0円(保育園に入れない事もある)、認可外だと子育てに、10万以上の出費が掛ります。 2世帯住宅にし、何方かを賃貸にし家賃を得る、貯金は、NISA口座で、sp500等の投資信託を買う、車は中古車(20万で探す)、住宅ローンは、1%以下で、月々の固定費を極力下げても、心配です。少なくとも、どちらも無収入になる可能性があるので、その時の為に、ローンの半年分は手元に置いてください。 一軒家は、外壁のペンキ代が以外にかかるので、13年毎に、毎月1万は積み立てるか、セラミックタイルなどの、修繕が不要な建材も考慮し、ランニングコストを下げる設計にする。 最悪、新築購入後の転勤も有りますので、その家を賃貸に出した場合、6000万の物件だと、25~30万程度の家賃収入が見込めないと、余裕は無いので、4000万くらいの物件が無理が無い気がします。 今の時代、情報産業が発達し個人でも動画配信が出来る良い時代なので、チャレンジしてみるのも良いかと思います。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/5/17 13:23:20
ガンバ

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/5/17 12:47:41
ネットで拾ったという「手取り年収の25%」というのは返済額の目安に関することだと思うんだが、そういう意味では俺は、返済初期の頃は40%近い額を払っていたっけな。ただし収入は「世帯収入」ではなく俺ひとりのもので、返済開始時の貯蓄は年収の2年分以上あった。返済期間35年の融資と、仕事をリタイヤするまでの短い期間の融資とを組み合わせて、後者は元金均等返済にもしていたから、住宅ローン控除の適用期間が終わることにはある程度、残債も減るという計画。それでもまあ、だいぶきついとは感じていたが。 FPの助言を得ながら立てた計画である以上、理論上は成り立っているのだろうし、そうであれば実行することも可能だろう。ただ「問題なく」とか「余裕で」とは、とてもじゃないが言い難い。覚悟を決めた、と言うのは容易いが、本当に何か経済面でシビアな状況に陥った時にはどうするかを考えておいた方がいいよ。保険をムリなく払える範囲で手厚くかけておくとか、余計な出費は極力抑えておくとか。これから家を建てていくのであればオプションなどでこれ以上費用が嵩まないように気を付ける…とかね。 具体的な方策として、今言っておられる「2馬力のうちに貯えを作る」というアイデアは必須だろう。貴方が実行しつつある資金計画で、最もリスクが高い部分は「2馬力である」という点だと思う。子供ができてもそれを維持できるという保証はどこにもない。本当の意味で貴方たちが覚悟を決めなければならないのは、よほどのことが無い限りは共働きを維持することを前提にする…という点だろう。育休期間が何年になると想定しておられるのかは知らないが、その間は収入が減ることが確実視されているのなら、保育園などを頼ることは避けられない。コロナで在宅頻度が高まることが吉と出ればいいけどな。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/5/15 11:27:12
契約後なのですね。 よく聞く話ですが、大手メーカーだからといって安心してるととんでもない痛い目に遭いますよ。 間取りについて、収納について、しっかり施主も勉強しておいてください。 営業マンは家づくりの知識ほとんどありませんからあてにしてはいけません。 まだお若いのでローンは支払っていけると思いますが、大手メーカーはリフォーム費用もお高くなる流れです。 無料点検とうたって高額リフォーム費用を吸い取ろうとしますから、その際はまた知恵袋をご利用ください。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/5/15 05:53:48
新築注文住宅ご契約とのこと、まずはおめでとうございます。

契約したからには、頑張るしかないですね^_^
ご自身が頑張れるって思われたのだから契約したんでしょうし、
多少苦しい時期はあるかもですが、無理って言う計画ではないので、あとはご夫婦で仲良く頑張りましょう!

契約解除とかは、おすすめしないです。
あなたの決断は、素晴らしいものだから。
他人に言われて変更するようなものじゃないって思います。

ちなみに一生賃貸で行く時と比較してみるといいかもですよ。
結構、70歳とか80歳ぐらいに、トータル収支は買った方が良くなる場合が多いと思います。
老後に住む家の心配をしなくて済むっていう意味ではオススメです!!

ただちょっと心配なのは、ハウスメーカーの金額って、基本的にオプションとかが増えてここからupすることが多いんです。

100万円upで約2500円/月の返済upです。
今の段階で予算オーバーとかって気にされていますが、最終的に予算ばかりに目を取られて、自分の住みたいイメージからずれてしまうことが心配です。

もう契約したんですから、何は譲れないのか、どこはこだわらないのかをご夫婦でご相談されてはいかがでしょうか?

例えば
外構はこだわるのか、
吹き抜けはmustか、
太陽光発電は?
床暖房は?
階段はスケルトンか?
外壁はタイルか?
収納スペースはどれぐらい?
ファミリークロークはいる?
パントリーは欲しい?
シューズインクロークはいる?
将来的に1階で完結できる家にする?
2階にトイレは必要?
家で洗濯物は干す?
干さないならベランダいる?
洗濯室(家事室はいる?)
カンタくんは必要?

などなど。
頭を切り替えて、素敵な家づくりになりますように。

ご夫婦でお金のことを揉めるのが一番大変です。
お金について揉めないように、是非一回しっかりと話して、その上で相手をお互いに尊重できるといいですね。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/5/15 04:08:21
夫29歳年収750万(奨学金の返済が残り500万)、妻27歳年収450万の時に、夫のみの契約で手数料等も含めてオーバーローンで約5000万の住宅ローンでマンションを購入しました。
購入の一番の理由は、生命保険代わりです。万が一夫が亡くなったあとに妻と子に住む場所or売却してまとまった現金が残ればと思い、購入しました。

住宅費用の支払いは、月々14万のローン返済に加え、月々で計算すると固定資産税&管理費&積立修繕費&駐車場&火災保険で7万なので、毎月21万です。
その後、妻が29歳の時に第一子が誕生し、出産や日々の赤ちゃん用品に毎月それなりの出費があり、それに加えて今保育園費用が7万程度かかっています。マンション購入前の夫婦二人だけの生活と比べると想定外に生活費が上がりました。

まず、短期的に赤字になりかねない場合に備えて、それをカバーするだけの貯金や支出の管理が必要かと思います。

あとは貴方がどう生活をしたいか、が大事だと思います。

貴方の収入的に返済が可能だからこそ借り入れができるわけで、他人と比較して不安に思う必要はないのでは?と思います。

より良い家に住んで週末は家や公園で過ごす、住むところはほどほどにして週末に出かけることを楽しむなど、お金の使い方は人それぞれで正解はないです。

住宅ローンの返済の覚悟を決めた後で不安に感じることがあるのであれば、他人と比較せず、お金をどう使いたいかについてもう少し夫婦で話し合ってみるのが良いと思います。

もし6000万の住宅ローンの返済に悩まされなくない、返済していくことに不安を感じる、やりたいことが実現出来なくなるなどがあれば、一時的に損しても、後で後悔or失敗して売却するよりは安いと思うので、一旦解約して考え直すのも選択肢の一つだと思います。

ナイス:1 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/5/14 20:58:59
解除金が数十万程度なら止めた方がいいでしょうね。 我が家も昨年新築しましたが、当初大手ハウスメーカーで5500万の住宅を検討していました。(貯金1000万) 検討当初は世帯年収で、あなた方と同じ1000万程あった為、FPからも全く問題無いと言われましたが、子どもが生まれたばかりで、妻が育休中だった為、育休終了後の時短勤務等による妻の減収が読めなかった為、750万で再度資金計画しました。 子どもも2人で計画しており、2人とも高校から私立を想定、その他子どもに掛かる習い事や御祝い金、自分達の老後資金等を自分で計算したところ、少し危険であることがわかりました。 実際妻の収入はそこまで下がることは無かったので、問題無かったのかもしれませんが、妻の収入ありきになってしまうのは、非常に危険であると思い、最終的に単独で返せる程度の4500万の物件にしました。

ナイス:1 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/5/14 17:25:53
ご主人の収入だけで考えておかないと何かあったら詰みますよ ご主人の収入でせめて30%以内の支払額にしないと家のローン払うだけの人生になります

ナイス:1 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/5/14 16:48:24
なぜ世帯年収でローン組もうとするのか理解ができない…
本来なら旦那さんの年収でローン組みし、奥さんの収入は貯金というのが余裕のある暮らしができる基準です。
子供ができて万が一奥さんが働けなくなったらとか考えないのですかね…
女性はずっと同じ条件で働けるという思い込みは捨てた方が良いです。

ナイス:1 この回答が不快なら

27件中、1~10件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード