IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Qエレベーターの設置は何階建以上なのですか?

現在の基準はマンション等、何階建雨情がエレベーターの設置しなければならないのでしょうか?

相当前に4階までなら無しで良い!と聞いた事が有ります。

今、5階のマンションに無い所が有るので疑問に思っています。

本当のところを教えて下さい!
質問日時:2013/6/8 18:46:35解決済み解決日時:2013/6/14 21:14:08
回答数:2閲覧数:70745
お礼: 25枚
共感した: 4 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時:2013/6/14 21:14:08
建築基準法第二章 建築物の敷地、構造及び建築設備(昇降機)第34条では、
「建築物に設ける昇降機は、安全な構造で、かつ、その昇降路の周壁及び開口部は、防火上支障がない構造でなければならない。高さ31メートルをこえる建築物(政令で定めるものを除く。)には、非常用の昇降機を設けなければならない」と定められています。
昇降機(エレベーター)は非常用としての規定されていて、何階以上かは特定されていません。
実際の地上階数状況の統計でみると、6階建て以上のマンションにはエレベーターは設置されていますが、5階以下のマンションについては6割近くが設置されていません。築年数が新しい建物程エレベーターの設置率は高く、昭和58年以前に建てられたマンションの7割はエレベーターが無いそうです。
設置義務は建物の高さが基準とされ、其々の建物では一階毎の天井高が違いますので、階数については「5階から」とかというふうに規定されていないようですね。

ナイス:4 この回答が不快なら

質問した人からのコメント

回答日時:2013/6/14 21:14:08

お二方の専門的な回答を戴きまして真にありがとうございました。

BAは始めに回答をして戴いた方に決めさせて戴きました。

 

回答

1件を表示しています。

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時:2013/6/9 10:37:54
自治体によりますが、エレベーターの設置義務があるのは6階以上とされている場合が多いです。この根拠は建築基準法や消防法などで定められているわけではなく、旧建設省の定めた「長寿社会対応住宅設計指針」(建設省住備発第63号)によるものです。この指針で「6階以上の高層住宅にはエレベーターを設置するとともに、できる限り3~5階の中層住宅等にもエレベーターを設ける」と明記されています。これは指針ですから法的拘束力はありませんが、これを元に条例を定めている自治体が多く、各市町村の「都市施設整備基準」などでこれと同じ基準としているものが多いです。

なお、前述の指針は95年に定められたものですから、これ以前に建設されたマンションなどは6階でもエレベーターがないという場合もあると思います。


階数は自治体によっては6階ではなく5階としていたりもしますので、詳しく知りたい場合はお住まいの市町村の条例を確認する必要があります(市役所などに聞けば教えてくれると思います)。


なお、先の方が仰るように、高さ31m以上(フロア高によりますが、マンションだとおおよそ9~10階建て)になると非常用エレベーターの設置義務が生じますから、必ずエレベーターは設置されます。

ナイス:4 この回答が不快なら

1件を表示しています。

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード