IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q不動産の登記に関する質問です 父所有の土地があり、土地を相続するのですが、 母はすでに亡くなっており、相続人は私一人。 遺言はなく、その土地はずっと私が一人で住んでます。

父は別の土地に住んでたのですが、生前に売却して施設に入っていましたので、
相続するものは、私がずっと住んでた土地のみです。

私一人が私が相続人なのですが、父は10年以上前に他界しており、相続の手続きを全くしていませんでした。
固定資産税は、父の名前で10年前から私の住所に来ていて、ずっと私が支払っています。

このたび土地の処分をすることになったのですが、登記簿が見当たりません。

また、生前父が海外に居住していたり国内を転々とした事もあり、父の住民票がつながらず、司法書士の先生に頼んだところ、登記が難しく100万円ぐらいかかりそうといわれました。

さすがに高くてびっくりしているのですが、
登記簿がなくても、土地の相続ができるとは聞いていたのですが、
被相続人の住所が海外居住等で途切れてたり、年数が経ちすぎててつながらない様な場合、土地の相続はどのようにしたらよろしいのでしょうか?

司法書士の先生が言うように100万円ぐらい費用が掛かるものなのでしょうか?
質問日時:2019/6/15 17:45:47解決済みの質問解決日時:2019/6/21 21:46:40
回答数:5閲覧数:43
お礼: 500枚この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時:2019/6/16 15:49:08
>このたび土地の処分をすることになったのですが、登記簿が見当たりません

「登記簿」は、法務局で保管している簿冊なので、個人が持っていることはあり得ません。たぶん「登記済権利証」のことですね。
普通に、相続登記をするだけなら、権利証はなくても構いません。ですが、登記簿上の住所から亡くなるまでの住所がつながらないと、「登記上の○市に住むA」と「亡くなった△市に住んでいたA」が同一人物である、と証明するために、権利証(のコピーと原本)を提出して、「権利証を持っていたんだから、本人だろう」と法務局に思ってもらう必要があります。また、権利証以外にも上申書や納税通知書など、普通の相続登記では添付する必要のない書類も…法務局によってなにをつけるかは変わってきますが…添付します。
今回は特に、亡くなった時の除票や戸籍の附票(の除票)もないかもしれませんから、事前に法務局との打ち合わせが必要です。戸籍の附票の除票(改製原戸籍の附票)の保存期間は住民票の除票とな時5年ですが、自治体によっては「一度も廃棄したことはありません」という自治体もあるので、運が良ければ出てくる可能性もあります。でも、途中、海外に行かれている、ということは全部の附票が出てきても、住所がつながらない可能性もありますね。
…とはいえ、相続自体は単純(親が亡くなって、子供が相続人で、もめてもいない)ですから、戸籍等の取得も簡単です。

お父さんの出生から死亡までの戸籍や集められるだけの住所証明書などは、もう集めていますか?それも司法書士に依頼しますか?

基本的に、司法書士の報酬は自由ですから、高いとか安いとかは言えませんが、登録免許税(登記をするために必要な税金で、自分でやってもかかる費用)と司法書士の報酬を分けて聞いてみてください。

報酬だけで100万なら…ご自身で法務局に行って、何度か通うかもしれませんが、相談しながらやってもできると思います。他の事務所に見積もりを出してもらってもいいと思います。

この回答が不快なら

質問した人からのコメント

回答日時:2019/6/21 21:46:40

皆さんありがとうございます。
今回質問させていただいて、茶化すような回答が一切なく、本当に全て参考になりました。誰かを選ばなければならないのは苦しいですが、
mia********さんにさせていただきました。

皆さん本当にありがとうございました。

回答

4件中、1~4件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時:2019/6/17 19:29:52
登記の権利書の事でしょうね。

ただ、相続登記に権利書は不要です。

出生から死亡までの
戸籍の連続が無いとめんどくさくなりますね。
住民票は直接は関係ないです。

外国人が噛んだり(外国人との間に子供が居るとかですね)、樺太が絡んだり(樺太の戸籍は一部ですが外務省が扱っています、あくまでソ連侵攻の時に持ちたすことが出来たものだけです、あと、北方領土も)すると、めんどくさくなりますね。

戸籍の追跡が困難ですと、100万円もあり得ます。ただ、100万円ですと、相当困難な事案かぼられているかでしょうね。

この回答が不快なら

A 回答日時:2019/6/15 23:50:44
他の事務所に聞いてみよう。

この文章の情報を見る限り、100万は高過ぎの気もする。

この回答が不快なら

A 回答日時:2019/6/15 20:19:46
登記簿がないのではなくて、それは権利証がないだけ。 土地に関しては、所有者が見付からないことは稀にありますが。日本の土地に関しては、明治維新後に地籍調査をしているため、所有者のない土地は自動的に国庫に帰属しますので、登記簿がない土地というのは制度上あり得ません。もし、今の時点で見つかれば紙面に載ります。 また、相続の手続きを行いたいのであれば、基本は戸籍を辿ること。 本籍地の戸籍の附票を取得することで、解消するはずです。 お父様が亡くなってから10年以上経過してますから、戸籍の附票、住民票の保存記録を既に過ぎているのでしょう。 戸籍の附票の除票、住民票の除票も取得出来ない状況から、登記記録と照合が難しいとのことだと思います。 登記の費用に、100万程度掛かるかどうかは分かりませんが。登記記録と添付する書面が照合出来ない以上、相続登記も出来ないのかも知れませんね。

この回答が不快なら

A 回答日時:2019/6/15 18:08:58
権利証ではなく登記簿がない?未登記の土地でしょうか。
100万は高い気もしますが、事情が分かりかねるので
何とも。
100万のうち、実費を除いた司法書士の報酬部分は
いくらでしょうか。
複数の司法書士に見積を取ってみては?

この回答が不快なら

4件中、1~4件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
  • 解決済みの質問Yahoo!知恵袋で、質問者、または投票によりベストアンサーが決定した質問
  • 回答受付中の質問Yahoo!知恵袋で、回答を受け付けている質問
  • 投票受付中の質問Yahoo!知恵袋で、ベストアンサーを決めるため、投票を受け付けている質問

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

「土地」に関するおうちマガジンの記事

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード