IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q他の不動産業者がチャットグループで、不動産を売りたい人は多いが、買いたい人を見つけてくるのは本当に難しいとおっしゃっている方がけっこういました。

今後不動産会社に転職を考えているのですが、やっぱり日本は もう不動産は売れない時代なのでしょうか? 自分の努力でどうにかなる部分と、自分ではどうしようもない部分があると思います。 転職しても、そもそも不動産に対して(買いたい)ニーズが無いんじゃどうにもならないかなとか考えまして。 一応、転職候補の会社は政令都市にあり、人口が増加している自治体ですが、当然同業者も多い事でしょうし。
質問日時:2020/3/7 05:23:46解決済み解決日時:2020/3/7 08:40:40
回答数:3閲覧数:25
お礼: 100枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時:2020/3/7 06:45:17
不動産の価値は、その国の経済活動にリンクしています。 例えば、アメリカシリコンバレーでは、家賃が高騰(1ルームで30万円/月超)している事が良く知られています。 つまり、産業が発達すると高い処遇を求めて人が集まり、それに応じて土地の価格が上がります。 日本は、少子化で人口減少しているから、不動産はダメだと良く言われています。 しかし、人口1億人以上の先進国は、アメリカと日本しか無く、日本はまだ高い文化と住み良い環境が維持されています。 その為、多くの外国人が毎年流入しているのが現状です。(少子化が進んでも、1億人超の人口がかなり長く続くと考えられます。) 日本は東京一極集中だと言われていますが、地方でも同様の傾向が強まっており、札幌、仙台、横浜、名古屋、京都、大阪、岡山、広島、福岡等の中核都市では、(東京への流出は有りますが、)周辺からの流入人口により、中心部はより活発化しています。 これから、その傾向は強まると考えられ、2極が進む(土地が下落する地域と堅調な地域)と考えられます。 次に旅行業界や証券会社の様にITによって、その産業がほぼ消滅するか?どうかですが、不動産業界はITに切り替わるのが難しく、アメリカでもブローカー経由の取引が主体となっています。 不動産業界が、大幅に縮小する可能性は低いと考えられます。 不動産業界の心配より、むしろその転職候補の会社の競争力がどうなのか?という問題が最も危惧すべきです。 不動産業界は、売買、賃貸物件の仲介、賃貸物件の管理それぞれ強みを持っている会社に集約されつつあります。(売買は財閥系・銀行系、仲介はミニミニ・アパマン等のチェーン店他) もし、強みの少ない会社なら、いち早く専門知識を身につけて、専門知識が活かせる会社に更に転職するか独立する必要があると思われます。

ナイス:0 この回答が不快なら

質問した人からのコメント

回答日時:2020/3/7 08:40:40

詳しいご回答ありがとうございます! 他の方もありがとうございます。

回答

2件中、1~2件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時:2020/3/7 05:37:20
なんでも、そうですが価格次第ではないですか?安ければ売れます

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/3/7 05:31:07
売買に関しては無くならないですし、逆にチャンスかもしれません。

〇空き家は全国で850万戸あると言われており、これに関する処分
〇中国などの外国人による不動産購入
〇地方の物件は価格が安くなっているが、処分したい人が
増えている
〇収益物件も同上である
〇その他

ナイス:0 この回答が不快なら

2件中、1~2件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード