IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q電気工事屋さんに聞きたいです。自分も電気工事屋です。

義母の頼みで母屋から納屋に電線を飛ばしたいのですが。 屋内の電線をはわせる経路のプランは決まったのですが 恥ずかしながらdv線を貼ったことがないので不安な点があります。 一つはdv線の碍子への巻き方。8の字を書くように巻いて張力が同程度になるように巻き。シメラーは使わずに手で引っ張りできる限りの張り強さで張る。接続部分のdv線は縁を取る。碍子の引き留め部分は何かステンの丸型の部材(豚のしっぽのような)をステンのビスで母屋と納屋の梁に揉み込み碍子を引っ掛けたいです。母屋から納屋まで7メートル程度。 2つ目は母屋、納屋から出る部分は2.6のva線にて屋外で中スリーブでdv線とつなぎ自己融着テープおよび絶縁テープにて処理。 この2点のどこかで火災の危険はあるでしょうか? 許容電流は30aブレーカーにてva,dvどちらも2.6相当の電線を使います。
質問日時:2020/10/17 23:01:04解決済み解決日時:2020/10/24 12:22:12
回答数:3閲覧数:57
お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時:2020/10/18 08:52:25
7m程度の離隔でしたら支持点はDV線時と同様にして、メッセンジャーワイヤーを張って、VAケーブルを支持する方法も有りますよ。建物の支持点近くはDV線の時と同じように、VAケーブルを弛ませて水切りを作れば良いです。VAケーブルで配線支持すれば、碍子、DV線、ジョイント材が不要になりますし、VAケーブルの外被をむいてIV線になった部分の保護も不要です。

ナイス:0 この回答が不快なら

回答

2件中、1~2件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時:2020/10/22 10:03:05
無理にDV使う必要ありません。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/10/17 23:35:30
7m程度ならその方法で大丈夫です。 もっと張力がかかる場合はO型コーチボルトを使用します。 火災の危険はありません

ナイス:0 この回答が不快なら

2件中、1~2件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード