IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q自宅をDIYしている初心者です。 屋根裏断熱について教えてください。 屋根の斜面に断熱材を入れます。

40mmのスタイロフォームを買ったのですが20mmの空間ができてしまいます。家の中から見て、屋根側にスタイロフォームを寄せるのか、天井板側に寄せるのかどちらのが良いのでしょうか?

ネットで検索してもこれといった答えが見つからなくて。詳しい方いらっしゃったらお願いします。
質問日時:2021/1/21 21:34:29解決済み解決日時:2021/1/24 09:54:08
回答数:7閲覧数:63
お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時:2021/1/22 21:22:11
初めは意味が判らなかったのですが、皆さんとのやり取りを読んでやっと事情が呑み込めてきた気がします。 まずお宅は勾配天井(屋根の傾斜に沿って天井も貼られている)なのですね? そして60㎜の背がある垂木に40㎜厚のスタイロを嵌め込もうとしているわけですね? その場合は、スタイロは天井板に隙間なく接する様に入れましょう。加えて屋根裏通気層も確保せねばなりませんので、以下の様にされては? ①垂木の上端部に20㎜ⅹ20㎜ぐらいの桟木を両側に釘打ちして留める。 この20㎜が屋根裏通気層として働く本当はもっと通気層が厚いのが良いのですが。。。ここでは良しとしましょう。 ②スタイロ40㎜をすっぽり押し込んで隙間ができるところは、缶入りウレタンスプレーを拭いて隙間を丁寧に埋めること。 ③天井板を張り、仕上げを行う。 屋根裏の通気が現在どのようになっているか不明ですが、少なくとも軒⇒軒の換気ルートは確保されてますよね? あるいは軒⇒棟換気? 棟換気があるなら、棟の部分は垂木下に3角形の換気ダクトが構成されるように断熱材+天井板を回してやり、通気が軒⇒棟換気部に流れる工夫をしましょう。棟換気が全棟の長さで行われているならその3角形ダクトの配慮は不要です。

ナイス:0 この回答が不快なら

質問した人からのコメント

回答日時:2021/1/24 09:54:08

ありがとうございます。 説明不足で大変申し訳ございませんでした。 回答の通りで大丈夫です。 天井板川に寄せてスタイロを入れることにします。 屋根側の換気は、隙間や換気口があります。 本当にありがとうございました。

回答

6件中、1~6件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時:2021/1/22 11:30:17
あと20ミリ足せばいいやん

ナイス:2 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/1/22 10:49:03
入れにくいですが、天井板側に寄せる方が断熱効果が高いような気がします。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/1/22 09:06:34
スタイロフォームがダメなのでは有りません。 施工しにくいだけで効果はちゃんとあります、基本的に天井材に密着で宜しいです。 やってみれば効果はすぐ判りますよ。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/1/21 23:52:18
20mmの隙間ってよくわかりませんが 大事なのは加熱された空気がスタイロより内側の天井裏に流れ出さないようにすることです。 空気が循環しないように考えてください。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/1/21 23:19:01
一般的にはグラスウール系を天井側に貼りますが…
屋根にスタイロは私も聞いたことがないですね

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/1/21 21:52:48
なぜスタイロ?なに調べてスタイロ?ファイバーグラス断熱材とかわた系ですが、普通は、厚100とかですよ

ナイス:0 この回答が不快なら

6件中、1~6件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード