IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q土地の売買についての質問です。 よろしくお願いします。(3つあります) ① 土地を売る場合、

譲渡所得 = 譲渡価額 - 取得費 - 譲渡費用
ということですが、
この中の「取得費」は、その土地を得るためにかかった費用。その土地が購入したのではなく、相続もしくは贈与にて、相続税もしくは贈与税を支払って手に入ったものの場合は、どうなりますか?
その支払った相続税額もしくは贈与税額が「取得費」となるのでしょうか?


土地を売る者が、「これぐらいの値段で売りたい」と考えている金額が、その土地の現在評価額高い場合または低い場合はどうなりますか?
売値は誰がどのように決めるのでしょうか?
不動産鑑定士さんにお願いするとか、何かしらの措置を取らなければならないのですか?
それとも法務局で評価額など個人で調べるのですか?


売却価格が決まったとして、返済期間、返済方法、返済額、利息の有無などは、銀行に借入することを考えない場合、いつ誰がどのように決めますか?

当方素人なもので詳しく教えていただきたいです。最終的に税理士さんに相談する前に色々と知っておきたい状況です。
よろしくお願いします。
質問日時:2021/4/6 19:54:09解決済み解決日時:2021/4/10 22:06:20
回答数:4閲覧数:34
お礼: 25枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時:2021/4/6 23:07:09
①は、こちらを参考にしてください https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/joto/3270.htm ②は、いくらでもお好きなような値段で売ってください ただし、あまり安い値段で親族とかに売ると贈与にあたることになるかもしれませんが ③は、通常、売買契約時に手付金をもらって、引渡し時に残金をもらいます 銀行に借入れ云々は買主の話であって、そもそも売主には関係のないことですが

ナイス:0 この回答が不快なら

質問した人からのコメント

回答日時:2021/4/10 22:06:20

ありがとうございました。 参考にさせていただきます。 他の方もありがとうございました。

回答

3件中、1~3件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時:2021/4/6 22:59:51
取得費は、被相続人が入手した時の価格です。

相続税とは別ものです。
相続税を払ったからといって、取得費は上昇しないです。相続税の分の損になりますね。


まあ、土地の価格は、話し合いで決めます。
収益価格から資本還元とか言いますが、周辺相場から決まることが多いです。
裁判所の競売事件などでは、資本還元価格と周辺取引価格と公示地価を、うんたらかんたらして決めます。
回答者もよく理解できない方法で決めています。


銀行との話し合いですね。
ファイナンス系で借りることもありますが、その場合、金利が上がります。

質問者様の所得が高くて、土地の担保価値が高ければ、融資条件は良くなりますね(低金利です)。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/4/6 22:11:09
売値は売る人が自分の意志で決めます

買う人はそれを見て納得すれば買うし、しなければ買わない

それだけのことです。

買う人が買うことが決まれば、どうやって買うかは買う人が考える

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/4/6 20:29:32
路線価というものがあり、それを基準にします。 路線価は評価額よりも高いです。

ナイス:0 この回答が不快なら

3件中、1~3件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード