IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q法務局の窓口でいう「移記閉鎖登記簿」とは次のどちらを指すのですか? ①旧土地台帳と一元化する以前の登記簿

②コンピュータ閉鎖以前の登記簿で用紙過多または粗悪用紙からの移記

法人登記簿と体系が違うし、法務局に問い合わせても外部委託で回答が曖昧なのでわかる方宜しくお願いします。
補足

申し訳ありません。 「移記閉鎖用紙」の事です。

質問日時:2012/2/29 02:36:11解決済みの質問解決日時:2012/3/14 07:48:49
回答数:5閲覧数:24538
お礼: 50枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時:2012/3/4 00:40:20
①「移記閉鎖登記簿」はありません。

②いずれも「移記閉鎖登記簿」があります。

-----

登記手続きでいう「移記」とは,登記記録を移し替える,という意味です。
イメージとして,新しい箱に登記記録を移し替えたら,古い箱は使わなくなるので,古い箱(元の登記簿)は「閉鎖」することになります。
これが,「移記閉鎖登記簿」ということです。

これに対して,分筆等は「転写」です。
例えば,100番の土地を,100番1と100番2に分筆した場合,100番についていた権利は,100番1にも,100番2にもついてきます。
登記手続きでは,100番1は,100番の表題部を変更して100番1とし,権利(甲区・乙区)の登記記録はそのまま使い,100番2は,新しく登記簿を起こし,100番の権利の登記記録をコピーします。
このときの,コピーすることを「転写」といいます。
「転写」の場合は,転写元の登記簿を「閉鎖」することはありません。

-----

①登記簿,台帳の一元化の際,従来の登記用紙に,表題部を改正後の登記用紙の表題部に改製,または新設して利用したので,このときに「閉鎖」した登記簿はありません。

-----

②-1
コンピュータ化すると,元の「紙」登記簿は使わなくなるので,「閉鎖」しました。
元の「紙」登記簿は,「コンピュータ化による移記閉鎖登記簿」ということになります。

②-2
「紙」登記簿のとき,登記用紙の枚数が増えて取り扱いが不便となったとき,「その登記を新用紙に移すことができる」とされ,移記すれば,元の登記簿は「閉鎖」しました。
元の登記簿は,「枚数過多による移記閉鎖登記簿」ということになります。

②-3
物資不足のため,「質」の悪い登記用紙(粗悪用紙)を利用していた時期(戦中,戦後)があり,登記簿謄本の作成に不便とか,長期の保管に不向きだったので,新しい用紙に移記した場合があります。移記すれば,元の登記簿は「閉鎖」しました。
元の登記簿は,「粗悪移記による移記閉鎖登記簿」ということになります。

-----

コンピュータ化する直前の「紙」登記簿は,すべて②-1です。

②-2は,事例が少ないです。

②-3は,全国で移記作業が計画的に行われ,1つの登記所の中で,移記した登記簿もあれば,移記していない登記簿もあり得ます。

-----

「移記閉鎖登記簿」で一番事例が多いのは②-1なので,法務局の窓口で,「移記閉鎖登記簿謄本がほしい」と言えば,「コンピュータ化による移記閉鎖登記簿謄本」をもらうことになるでしょうねぇ。

場合によっては,「必要なのはコンピ移記ですか?粗悪移記ですか?」と聞かれるかもしれません。

●●●●●

【補足】

謄本の認証文は,
②-1,②-2は,
「これは閉鎖登記簿の謄本である。」
となり,
②-3は,
「これは法務大臣の命により移記した閉鎖用紙の謄本である。」
となるようです。

「移記した閉鎖用紙」と言う表現は,②-3のみのようです。

ナイス:3 この回答が不快なら

回答

4件中、1~4件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時:2012/2/29 20:30:54
1は、閉鎖登記簿ではないので、謄本が取得できません。
なので写真撮影するしかありません。。。。。。。。。。。。。。。。。無料で閲覧だけは可能。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2012/2/29 10:20:22
「移記閉鎖」という手順を踏んだのであれば、窓口では①②の区別はしないと思いますが。
ただ、①の場合ですが、既存の登記簿は再利用される例が多かったかと思います。実際、移記閉鎖された例は多い又は普通なのでしょうか?そこまで私は存じませんが、その辺が要確認かと思います。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2012/2/29 02:58:14
他のサイトでの回答文からのパクりですが
→登記簿に記載された項目は「消去」されることはありません。
ですので、登記された事項が多くなるとごちゃごちゃして見にくくなります。

ですので、紙でできた登記簿であれば「枚数過多による移記」がなされることにより、効力を失った登記を除き、現在効力を有する登記のみを新しい「登記用紙」に「移記」することがあります。
また、紙でできた登記簿から、コンピューターへ移記する際にも同じことが行われます。
さらに、土地について「分筆」(今まで一つだった土地を分割して2つの土地とする際)にも「移記」が行われます。

これらの「移記」の際に、従前の登記簿に記載されていた内容をそのまま移記するわけですが、「どの記録」を移記したのかがわかるように注記をつけることとなります。

パクりで、すみません。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2012/2/29 02:41:06
①でございます( ´∀`)b

ナイス:0 この回答が不快なら

4件中、1~4件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

「不動産」に関するおうちマガジンの記事

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード