IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Qドア枠下の段差について

先ほどもドア枠下の段差について質問させていただいた者です。

新築中でドアの下にわずかですが段差があります。
段差は高さ3mm、幅150mmくらいです。
廊下からリビングに抜けるときにフローリングはシームレスに突き抜けているのを
希望していましたが叶いませんでした。
廊下とリビングのフローリングは同じ無垢材ですので目地切りの必要はないはずなのに。

とても残念です。

納得ができない気持ちが強いのですが
そもそもなぜドア枠下に段差をわざわざ設ける必要があるのでしょうか?
なくていいなら材料も減るしいいと思うのですが。
手間が大きく変わるのでしょうか?
それともドアなどの周辺建具によって制限されるのでしょうか?
あると何かいいことでもあるのでしょうか

ちなみに当方のドアはオーダーメイドなのでいかようにも製作過程で
変更できる為、わざわざ段差を設ける意味がより一層わかりません。

先入観というか、古い考えから抜け出せず「ここには枠がくる」という
大工さんの頭の問題でしょうか?

最初に言っておけば叶った問題だと思うと悔しいです。
とても哀しいです。

自分で削ってしまおうかとさえ思います。
補足

工務店に直接聞きました。
床を合わせていく過程で中途半端に細い部分とかが出てきてしまうので
ドア下部分で調節するしかなかったそうです。
無垢材でモジュールが無視されるのでこうせざるを得ないといいますが
無垢材でもちゃんとドア下段差ない家をたくさんみたことがあります。
単に割り付けを考えるのが面倒臭かっただけでしょうか?

質問日時:2014/3/11 15:36:22解決済み解決日時:2014/3/18 08:25:20
回答数:3閲覧数:4632
お礼: 500枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時:2014/3/18 08:25:20
つい最近私も自宅新築しました。資格があるので自分で設計して親(大工)に建ててもらいました。
施主・施工両方の中立の立場でお答えします。

『枠下の段差』というものは建具枠の下枠のことだと思いますがよろしいでしょうか。
下枠がつくのならば通常は他の床仕上げ面より数mm高くすると思います。3㎜は妥当と思います。
ただ、確かに質問者様のおっしゃる通りドアの両方が同材仕上げの場合は最近は下枠は付けないほうが多いです。
既製品のドアも4方枠はほとんど見かけませんし、逆にオプションになると思います。

床の仕上げが同材でもドアを界えに貼り方向が違ったりしていませんか。
無垢材は既製品のフローリングよりも湿気により伸縮しますのであえて見切りを入れる場合もあります。

オーダーメイドの建具ならば製作のために図面などは渡されませんでしたか?
その図面で下枠が描いてあれば建具屋さんは作ってしまうし、大工さんも迷わず付けてしまうと思います。
図面の有る無しでどちらに過失があるか変わってきます。
建物は図面ありきですからこうなるだろうとの思い込みは要注意です。

自分で削るのだけはやめたほうがいいと思います。
一旦貼ったものを削るのは素人には無理です。大工さんでも難易度は高いです。
おそらく材質も違うでしょうから結局見切りとしては残ります。シームレスにはなりません。
どうしてもというのであれば現場の進捗状況によりますが、ロスが少ないほうを張り替えたほうが無難です。
ただし、費用と時間はかかってしまいますが…

アドバイスになるかわかりませんが長文失礼しました。

ナイス:0 この回答が不快なら

質問した人からのコメント

回答日時:2014/3/18 08:25:20

とても残念な仕上がりですが我慢するしかないですね・・・

 

回答

2件中、1~2件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時:2014/3/12 11:58:43
四方枠が多く採用されている一番の理由は『強度』です。
棒をつないで枠を作ったとき、四方囲ってあるものと三方で枠の形にしてあるもの。
どちらが強いかは明確ですよね?

手間は変わりますよ。
居室と廊下が同じ床材だとしても、貼り方向にもよりますが同じ一枚の板を続けて施工はできませんので切り欠きが必要です。
開口で板材を継ぐ、しかもカットした材を…ということですので、施工直後はよくても数年後には隙間ができる可能性も高いです。

これらの理由から、ほとんどのHMでは四方枠のほうを標準採用していますよ。
建具屋さんも、指定がなければ四方で作られるでしょう。
ご自身でもご理解されていますが、「これが当たり前」と双方が思い込んでいたのが原因でしょうね。
言わないと、お互いの考えなんてわかるはずないので…。
家を建てるうえで、『言葉にしての意思の疎通』と『図面の確認』は絶対に怠ってはいけません。
あとのまつりですけどね…。

ほかの方もおっしゃっていますが、自分で削るのだけは絶対にしてはいけません。

3mmならば生活に支障のある段差ではないですよ。
台車だって力を入れることなく通過できますし、ここまできたら慣れましょう!
いつか、あの時は本当に凹んで~!って笑い話とできる日が来ることを祈っています。


【追記】
無垢材といっても、様々な幅のものがありますし、部屋の大きさもその家によって様々ですし、メーターモジュール・尺モジュールとモジュールもそれぞれ違います。
それらの要因によって細かい材がでることはたしかにあります。

>単に割り付けを考えるのが面倒臭かっただけでしょうか?
と、いうより考えた結果でしょう。
シームレスを希望しておられれば、最初からそのように割り付けを行います。
が、何も要求がなければ四方枠で考えられるでしょう。その方が収まりがキレイですし施工上も楽ですから。
前質問からさんざん言われていますが…
打ち合わせミスです。
工務店だけを悪者にはできない事例ですね。

どうしても気に入らないなら、施工しなおしという手もありますが…
施主負担でしょうね。
この内容では、工務店は負担したがらないでしょうしよくて原価でという話でしょう。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2014/3/11 22:06:58
まだいってんのか。こんなとこで嘆いてる暇あったら、さっさと建築会社や現場監督に電話しろ。
大工さんの頭の問題でしょうか?違う。
お前の頭のほうがよっぽどか問題であり、そういった性格が問題だ。

どんな言い方で工務店に言ったのかはわからんが、『なんでバリアフリーじゃないんだ』みたいな形で電話されたのなら
おれだって更なるトラブル生みたくないからやりたくはない。作業も面倒だし、あなたと関わることも面倒だと業者も思ったはずです。

ナイス:1 この回答が不快なら

2件中、1~2件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード