IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Qマンションの壁って、石膏ボードで音よく聞こえてうるさいんですか?

質問日時:2014/11/15 21:46:27解決済みの質問解決日時:2014/11/16 11:50:38
回答数:2閲覧数:1834
お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A回答した人:河本 敬嗣さん 回答日時:2014/11/15 23:29:28
専門家
rnekaypyさん

はじめまして。
福岡を中心とした九州圏でホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)を行っております
一級建築士の河本と申します。
よろしくお願いします。

質問にお答えさせて頂きます。
少しでも参考になればと思います。

一概には言えませんが、防音性はそのマンションの構造によって左右されることが多くあります。
これは構造そのものに起因することもありますが、その構造によって制限される壁の作り方にも起因することもあります。
ここでは、鉄骨造(S造)と鉄筋コンクリート(RC造)の構造的な違いを例にあげてお答えさせて頂きます。

結論から申しますと、一般的にRC造の方が、防音性が高くなることが多いと考えられます。
これは、RC造の場合、隣接する住戸との戸境壁が現場打ちコンクリートなどの湿式工法で施工されていることが多いためです。つまり戸境壁(隣の住戸との壁)がコンクリートで出来ているということです。また、仕上げの下地として、コンクリートの壁の部屋内側に石膏ボードを施工してある場合もあります。
コンクリートの壁ですと、防音性がある程度確保されることが、想像されるのではないかと思います。
この場合、一戸建ての外壁よりも、高い防音効果を示すこともあると思います。

一方、S造の場合、隣接する住戸との戸境壁が「軽量気泡コンクリート板(ALC板)」や「押出成形セメント板(アスロック)」や「軽量鉄骨下地(LGS)+石膏ボード」等の乾式工法で施工されていることが多くあります。
近年では、この乾式工法でも防音性を確保するため様々な工法や技術が開発されてきています。
しかしながら、一般的に費やすコスト等を考慮すると、これらの工法でも湿式工法の防音性までには及ばないことが多いのが現状です。
この場合、隣接する住戸の音は、比較的聞こえやすくなります。

このように鉄骨造(S造)と鉄筋コンクリート(RC造)の構造的な違いによっても、防音性の優劣は大きく異なる場合があります。
もし、隣接する住戸への(からの)音を気にされるようでしたら、建物の構造をご確認されると、一つの目安にはなると思います。

もちろん音への感覚は人によって大きく異なりますし、発生する音自体の大小によっても異なってきくると思いますので、可能であれば現地でご確認されることをお勧めします。
もし、物件のご検討中等でしたら、ご参考の一つにされて頂ければと思います。

以上、ご参考になりましたら、幸いです。

ナイス:1 この回答が不快なら

質問した人からのコメント

回答日時:2014/11/16 11:50:38

丁寧なご回答ありがとうございました。 マンションの返品やクレームで音対策工事ってしてもらえないんでしょうか? 実は購入済みです。

回答

1件を表示しています。

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時:2014/11/15 22:05:03
うちはうるさくないですよ。 椅子をひく音とかドアの音はたまに聞こえますが、あとは本当に静かです。洗濯機やテレビの音も聞こえません。 まあ一人暮らしが多いマンションだからかもしれませんが。子供とかいたら声聞こえそうだけども。

ナイス:0 この回答が不快なら

1件を表示しています。

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
  • 解決済みの質問Yahoo!知恵袋で、質問者、または投票によりベストアンサーが決定した質問
  • 回答受付中の質問Yahoo!知恵袋で、回答を受け付けている質問
  • 投票受付中の質問Yahoo!知恵袋で、ベストアンサーを決めるため、投票を受け付けている質問

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

「DIY」に関するおうちマガジンの記事

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード