IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q亡き父名義の築50年の土地家屋。 88歳の母は、痴呆症を発症して、2年前から入院中。痴呆症の症状は、少し緩和されているが、判断能力は十分ではありません。修理も必要となり、リフォームなど

、金銭的にも無理なので、いづれ 売却を考えています。この場合 判断能力が不十分な母に名義変更し、嫁いだ私に名義変更する事は可能なのか。考えたくはないですが、母が亡くなった場合、亡き父の名義を、
私に 両親共に亡くなった場合の名義変更も可能なのでしょうか?
質問日時:2020/1/17 07:46:54解決済み解決日時:2020/1/28 04:58:31
回答数:2閲覧数:63
お礼: 250枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時:2020/1/17 09:56:05
本人が認知症で法律行為をする意思表示が
できない場合は、とりあえず、法定
相続分で所有権移転登記はできます。
母親と子供たちの共有となります。
保存行為くらいは、共有者が単独でできます。
司法書士に相談確認して下さい。

ナイス:0 この回答が不快なら

回答

1件を表示しています。

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時:2020/1/17 08:38:02
痴呆症の症状により、判断能力の有無は司法書士が判断します。
しかし、入院2年では、判断能力が有とは難しいでしょう。

この場合、88歳の母へ相続登記はできません。(成年後見人制度を利用すれば可能ですが、時間と費用負担が必要になります)

よって、母が亡くなった際に、両親共の相続登記をすることになります。

ナイス:0 この回答が不快なら

1件を表示しています。

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

「不動産」に関するおうちマガジンの記事

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード