IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q21歳です。嫁がマイホーム検討しております。 現在、嫁 専業主婦 もうすぐ2歳の子供がいます。 自分の給料が(去年) 総支給36万 ボーナス130万程度です。 貯蓄は300万程です。 今年で

賃貸の契約が更新の年になるので
嫁がマイホームを検討中です。
検討している物件 3500万で
頭金なしボーナスなしでフルローンか
ちょっとでも出すのか
貯蓄全額頭金かどれがいいのでしょう…
正直自分はもう少し貯蓄をし
予算内で注文住宅を建てるのが正直夢で
そして、2人目が妊娠した時のことも考え、
20代後半でも遅くはないかなと思ってはいますが
嫁が賃貸にかかるお金が勿体ないんじゃないかなと言っております。
実際、皆さんどちらが良いのでしょう…
質問日時:2020/2/9 00:54:20投票受付中の質問残り時間:5日間
回答数:15閲覧数:159
お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

回答

15件中、1~10件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 2
  4. 次へ
A 回答日時:2020/2/12 02:35:58
どれだけ金利が減るか、借りる銀行によるから、頭金はあとから考えるとして。 まず旦那さん1人の収入で3500が通るのか? フラット35でもギリギリじゃない? うちはそちらより年収低く、4000万なので生活はやっていけると思いますが、ローンが通るかが心配です。 ローンを組む時は私も働いて、車のローンも全て無くして、夫婦合算していました。 今は妊婦で働いていません。 貯金はどこで建てるかによりますが、土地から買うHMで、200万は現金が無いと契約がまずできません。 土地が安くて200だったので300とかそれ以上もあります。 土地の契約(土地の金額に応じて変わる)と、HMとの契約に100万いります。 建売とかならいりませんけど。 ただ、契約金なので、戻っては来ますが、フルローンでもその時だけ現金が必要と言うこと。 まあ、2人目をお考えで、ある程度余裕のある生活をしたいなら、もう少し貯蓄した方が良いです。 後、奥さんが一生専業主婦なら…生活厳しいと思います。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/2/11 20:38:14
経済的に不動産価値が下がりつつありますよ。 これから中古物件多数でます。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/2/11 11:04:29
まだ若いんです。そんなに焦らなくてもい。
まず、賃貸にかかるお金がなぜもったいないのかなあ?
家にかかるお金はゼロ戸考えているんかな?
例えばホテルに泊まった時の宿泊費はどうなの? 同じように考えれば無駄ではないかな。その他遊園地の入園料や鉄道バスを利用したってお金がかかる。同じように考えれば賃貸だって何の無駄にもならない。
家を考える前に、あなた方の人生設計を考える方が先です。その中で家を建てるかどうかを考えることになる。
子どもは何人欲しいのか。子供をどのように育てたいのかなど。
住むところにしても、日当たりが悪くても街中の便利なところがいいのか。それとも空気の良い公害でゆったりと暮らしたいのかなどなど。そちらの人生設計が先ですよ。それを抜きにして家だけ建てても借金と後悔だけ残ります。
我が家子供が生まれた時、国道の近くの借家でした。どういうわけか子供がよくせき込むようになりましたが、田舎の実家に戻るとピタッとせきが止まりました。明らかに空気の違いだということが分かり、家を建てるときには空気のいい所というのが絶対条件になりました。
あなたが21歳なら嫁さんはそれよりも若い? もし年上にしても大変若い。失礼な言い方になるが家も単なる憧れ、流行に走った家を建てることになりsと後後悔することになりそう。
まずは将来設計、人生設計を先に考えることです。じっくり1年以上は書けた方がよい。その後、家をどこに建てるか、どんな家にするかをやはり時間をかけて考えることです。短期間だと、一つ飲み方、考え方に陥って冷静に考えられないからです。いわばハイテンションの状態で考えてしまう。冷静に見ればふさわしくないこともよく見えてしまうんです。
私の場合、土地を探すに約1年湯癒しました。土地を手に入れてから1年後に家を建てました。
家を持つと、ローンの返済だけでなく、火災保険にも入らなければならない。また家を建てれば不動産取得税や名義を登記するにも税金がかかります。不具合があれば自費で修理しなければならない。見えない所で結構お金がかかっているんです。
ローンを組むにしても家賃の範囲内でできますかね。それでできてこそメリットがあると言えます。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/2/10 21:24:44
最近の若い人で昭和頭の人が、まだまだ多い事を痛感させられます。

私は、年金貰っている歳ですが、あなたより、もっと進歩的です。

今時、マイホームなんて、何の役にも立ちませんよ。 すぐに邪魔になるだけです。

資産を持つなら現金で、安さを求めるなら安い家賃の所を探してください。

見栄は捨てる事です。 マイホームは、単なる道楽か贅沢です。 それより、現金です。

今は、「ローン付きのマイホームがある」ではなくて、ズバリ「ナンボ金持っとるん?」 これがステータスなんですよ。

国と銀行員を儲けさせるだけです。 他人を儲けさせる余裕はないでしょ。

今より、もっと便利で、もっと安くて、もっといい物件の賃貸を探す事をお勧めします。

ナイス:2 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/2/10 14:47:58
家は一生の買い物、資産になる。とよく言われますが私は全く思いません。 服や家電製品、車を買い換えるように、家も消耗品の一つ、環境に応じて変えていくものだと思います。 例えば、実家に帰ったときスマホの充電に困りませんか?タコ足配線だらけでは? 生活様式も日々進歩して、住宅設備もそれに応じて進化していきます。 現時点で新築の家と築数十年の家を比べてもコンセントが少ない、バリアフリーではない等、設備面が全く異なっております。 当然これから数十年後は今の設備では不便となる事が予想されます。 質問者様はまだ21歳との事ですので、60歳まで40年ほどあります。誰も予想できない生活が待っております。 そういう意味では都度その時代に合う設備の家に引っ越ししできる賃貸にも一理あると思います。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/2/9 19:18:07
一日だけ幸せでいたいならば、床屋に行け。
一週間だけ幸せでいたいなら、車を買え。
一ヶ月だけ幸せでいたいなら、結婚をしろ。
一年だけ幸せでいたいなら、家を買え。
一生幸せでいたいなら、正直でいることだ。

まだ、21歳です。
よく考えてから行動しましょう。
家の購入は後戻りできません。

ナイス:4 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/2/9 12:07:29
引っ越し代 新居の家具家電 登記のお金 火災地震保険 あなたが仕事できなくても 1年くらい大丈夫な貯蓄 が必要 もう少し まったらどうですか??

ナイス:2 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/2/9 11:42:09
自宅不動産を一種の保険、一種の投資と考えれば、前者には理があって後者には理がないです。

リストラも転職も転勤もご近所トラブルもないのであれば、大家の利益が載っていない分や節税分も考えると賃貸よりはいい生活が送れます。

blog.livedoor.jp/sharescafe/archives/23396989.html
なかなかいいことを書いていますよ。
1.最初に読む・・・基礎知識としてどうぞ。
■持ち家は資産か? 持ち家に関する二つの幻想
http://blog.livedoor.jp/sharescafe/archives/4950212.html
■そろそろ決着をつけたい「持ち家と賃貸はどちらが得か?」というくだらない論争
http://blog.livedoor.jp/sharescafe/archives/5151966.html
■「持ち家は資産だ!」という反論が来た(謝罪も有り)
http://blog.livedoor.jp/sharescafe/archives/5319408.html

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/2/9 10:42:48
いまいち詳細がわかりませんが、家賃は純粋な死に金です。 たとえば家賃6万として、 ①一年で頭金を300万貯めても赤字。 減らせる利息60万-家賃72万=マイナス12万なので、貯める意味なし。 実際には住宅ローン控除等も絡み、更に悲惨です ②購入して10年後に売却する羽目になったとします。 3500万が2300万になったとしてマイナス1200万。固定資産税が100万ちょっと、修繕費用はほぼなしなので、計1300万 但し賃貸のままだったら家賃750万、住宅ローン控除320万、団信メリット100万程度が不利なので、計1170万。 実はたいして変わりません。住環境の差を考えれば、むしろ得でしょう 住居関連は未経験のことが多く、直感やイメージが大きく外れることが多いです。 正確な情報のために、まずは「買う」つもりで真剣に検討をしてみてください。 その上で立ち止まり、どうするかを改めて考えれば、納得のいく判断ができると思います

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/2/9 10:13:33
①まずは奥様とキチンと話し合う事ですね。

②「借入限度額」と言うものは、楽勝で貸せます! と言う金額ではありませんので、年収の5倍程度を目安として考えてください。

③この時に「ボーナス返済」は行わない様にしてください。 過去に「ボーナス返済」を組み込む事で、バブルの崩壊時や、リーマンショック後の不況で、家を手放した人も多いので、ご注意ください。

ナイス:0 この回答が不快なら

15件中、1~10件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 2
  4. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

「不動産」に関するおうちマガジンの記事

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード