IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q死ぬほど悩んでます…。 注文住宅を建てる為に、今週中に土地の契約をする予定でした。 しかしコロナの関係で家の部材が一部入ってこない、などハウスメーカーの担当者から聞かされたので契約

をするのをとりあえず辞めようとかと思っています。

なぜなら、今後コロナによってもっと部材が入らないかもしれないので引き渡しが延びる可能性があること。(引き渡しが延びると土地のつなぎ手数料が月2万発生します)
あとは国の政策がまだ発表されておらず、消費税減税やローンの金利引き下げ、マイホーム関連で何か有利な事があるかもしれないということがあるからです。

ですが 担当者に今の感じだとコロナが関係してくるのは家の引き渡しが1ヶ月延びるか延びないかだけだから土地の契約は早めにしておいてほしいと言われました。
いま契約をすると、2021年3月までの住宅ローン減税に間に合ってお得だし、2021年4月にはまた住宅そのものの値段が上がるから今が得だと言われました。
担当者いわく家の部材はどんどん高値になっていっているらしく、年に50万ずつくらい上がると言っていました。私はこの仕組みもよく分かりません…

土地自体は、いま仮予約という段階でこれから契約をして決済する予定でした。
もしいま契約をせずに政策を待つと、(私の中で半年くらい待つ予定)もうこの土地はその時に残っていても契約できない可能性もあると言われています。
土地はそこそこ気に入っているのですが絶対にそこ!という訳ではありません。
むしろ、不景気なのでもっと良い土地を売る人がいて、どんどん出てくるのではないかとも思っています。

ハウスメーカー側の、早く契約をしてほしいのは凄く分かります。
ですがいま急いで契約をする必要もないし、不景気だからこそ家自体の値段も下がるのではないかと思っています…。甘いですかね?

本当に悩んでいますが、担当者は会社側にとっての良い事ばかり並べていると思うので完全に信用する事もできません。
ハウスメーカーの方ではない一般の意見が欲しいです。
いま契約すべきか、待つべきか。
よろしくお願いします。。。
補足

みなさん回答ありがとうございます。 落ち着くのを待った方が賢明という方が多いのですが、 いま建てれば間に合う「住宅ローン減税」を捨ててでも待った方が良いと思いますか? 私にとって唯一引っかかるのはここなんです… もっといい政策や値下げがなかったらどうしよう、待つだけ損なのかなという思いも少なからずあります。

質問日時:2020/4/1 00:17:29回答受付終了
回答数:12閲覧数:466
お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

回答

12件中、1~10件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 2
  4. 次へ
A 回答日時:2020/4/5 11:09:16
住宅、不動産関連のコンサルティングをしている者です。結論から言うと、待つ意味は余り無いと思います。確かにコロナ不況により、新たな優遇措置や、さらなる金利の低下は有り得ますが、どちらもこれ以上は、微々たるレベルしか期待できません。それよりも、なるべく早く家を建てるメリットの方が遥に有意義だと思います。私自身、5年前に家を建てましたが、余りに快適で毎日の暮らしの質が格段に向上しました。我家の場合ではありますが、全館空調と高い断熱性能で、一年中、家中が快適な温度環境で保たれる快適。それでいて水道高熱費は半分で済むと言う嬉しさ。真冬でも窓の結露が全く無く、毎日の水滴拭きから解放された喜び。こだわりの設計で、毎日の生活がウキウキするような暮らし。高強度、高耐震、高耐久、高い防音性能、で、巨大地震や大型台風などの恐怖を感じなくなる安心。そうした全ての要素は精神的にも肉体的にも、極めて有効で、私の家族(我ら夫婦と両親に子供2人)は、明らかに明るくなり、病気も減り、皆んなが家に居る時間が増えました。一度しかない人生なら、目先のわずかな金銭的損得よりも、夢のマイホームを建てる事によって、劇的に向上する生活を出来るだけ早く手に入れる方が遥に有意義なのです。その分住宅ローンの返済も早く終わり、年老いて体力気力が衰えた頃のローン返済から、早く解放されますし。今は金利が底値に近く、金融機関によってはカナリ貸してくれるところもあります。暮らしの質を劇的に向上させて、より明るく、楽しい生活を手に入れるために、出来るだけ妥協しないで、こだわった家を早く建てる事をお勧めします。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/4/2 23:31:38
色々と意見が出ているので、住宅ローン控除(減税)についてお話ししますね。
営業さんが間違えているのか、質問主さんが間違えているのか分からないのですが、住宅ローン控除は2021年12月までに居住開始した場合に適用されます。但し、消費税増税に伴う控除期間延長(13年間)は今年末までに居住開始された時に適用になります。ただ、この控除期間延長については今週の税制審議会で開始時期の延長が議題に上がっていますね。
http://sumai-kyufu.jp/outline/ju_loan/

コロナの影響は誰にも分かりませんけど、経済活動が年単位で停滞することは有得ないと考えております。そんな事になれば世界経済の破滅です。

従って、住宅ローン控除(10年か13年か)に間に合う形でハウスメーカーにスケジュールをして頂き、納得した形で進めるのが良いと思いますよ。
私たちも1年前から今年末までに入居する形でスケジュールをして、デザイナーやインテリアコーディネーターと打合せを進めており、いよいよ再来週現在の家の取り壊しになります。(今週、最終打合せ。。。長かった)

悩まれるのは良く分かりますが、分からない事は分からないで、今まで考えていた考えに従って動いた方が良いと思います。

頑張って下さいね。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/4/2 12:57:20
ひとつひとつお答えしますね
うちを建ててくれた営業さんのお話と、私の経験を踏まえて

・家の部材が入ってこない
これはだいぶ元に戻ってきているようです
つい昨日、営業さんに聞きました

・消費税減税、住宅ローン減税
心配しなくてもいいです
消費税は減税されませんし、もしも仮に万が一されたとしても、減税前後で不公平がおきないようになんらかの対策がされるはずです
今までもずっとそうでしたから(逆の例ですが、消費税が上がってから建てた人は上がる前の人よりもすまい給付金が多いなど)
住宅ローン減税も同じで、まあそう簡単になくなりませんし、なくなってもまた別の制度が出てくるだけです

・ローンの金利引き下げ
これはないです
今がもう底の底みたいなものですから、下がっても雀の涙ですね

・家の部材はどんどん高値に
まあ日本は基本的にちょっとずつインフレしてますからそうと言えばそうですが、年に50万はあきらかに言いすぎ…

・もっと良い土地を売る人がいてどんどん出てくる
都市部ではむしろ一般人が購入できる土地は少なく、価格は上がっていくでしょう(政令指定都市のうちの近所は1年で7%上がりました)
人口が減って土地が余っているというのは郊外の話で、逆に都市部は人口が増えて土地が大きく不足しています
質問者さんの地域はどのあたりでしょうか
場所によってここの考え方はかなり異なりますね


私ね、家を建てようと思いたってから実際にできあがるまで10年くらいかかってるんですよ
その間、何度も税制が変わり、いくつもの制度が現れては消えていきました
ずっと見てきて思うのは、少なくとも2~3年単位では「今が特別にお得」「今が特別に損」という時期はないということです
ちゃんと国や自治体が調整してくれています
買いたい時が買い時、それが正解です
つなぎ融資の利息は確かにちょっともったいないですが、たかが数万円は家を建てる際に他の部分でいくらでも取り返せます
欲しい土地があるのなら、買ってしまっていいと思いますよ

逆に一番よろしくないのが、ハウスメーカーの口車に乗って焦って契約してしまうことです
質問や他の方への回答を拝見すると、どうもそのハウスメーカーの言っていることは怪しいですね…
住宅ローン減税うんぬんよりも、その会社で建てること自体が大変な損になりそうな気がします
いわゆる大手のハウスメーカー等であれば、意味なく500万円高いとかざらですからね
ある程度建てたいおうちのイメージが決まっているのなら、土地だけ買ってしまって家は別の工務店などで見積もってもらってはいかがでしょう
「こういう土地があってこんな感じの家にしたいのですがいくらくらいですか?工期はどのくらい?」って何件かに聞いてまわる
部材の値段を気にするよりも、多くの会社を比較検討するほうがずっと節約効果が高いと思いますよ

もちろん土地がそこまで気に入っていないのならスルーも全然あり!
家作りはとにかく焦らず、じっくりと、です

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/4/1 20:35:39
便器の入荷が遅れていましたが、現在は正常に戻っている会社も多いいです。

契約は、急かされる、焦らせられてはいけませんが、

予算に見合っている、購入希望の商品が条件を満たしている事ですすめる事ができます。

気持ちで延期したり、控えるだけではチャンスを見逃す事もあります。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/4/1 17:55:58
私なら、契約を迫る営業には疑問を感じ購入依頼取り下げを検討します。
2番手となる購入申し込みが入っているなどの理由であれば、(反響がある土地であることから)営業が言うことも理解できる。しかし、購入価格や部材費高騰などの理由では不信感を感じ、購入しないと言う選択肢が有力になる。

売主の立場から言うと、売れない場合は販売価格を下げる場合があり、そう遠くない時期に他者は購入することは理解できる。またに部材費が上がれば、設計を見直すなどで予算内に収めることになると思う。そもそも、契約しないと部材調達の発注がかけられないので、その傾向がある程度との営業の意見であり、直ぐ契約する理由ではないと思う。

以下は参考事項として
私が住宅を購入した時に、当時の営業が契約を迫ってくる感じでした。ただ、購入価格が値ごろ(指し値を入れ、値引きが相当あったので)であったのと、物件そのものは気に入ってたので購入を即決しました。決算期でもないのに値ごろだったが不思議で、契約後に営業に『なぜ、値引きに応じたのか?』を訪ねると、「(ハウスメーカーは)支店として存続するか否かのタイミングで、契約した月(ちなみに、月末に契約してます)までに到達できない可能性があったので応じたようです。」とのことでした。
ハウスメーカにも事情があるでしょうが、質問者にメリットがないと感じているなら、他質問者の回答にあるよう見送るのが最良と思います。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/4/1 16:57:14
今の住宅ローン減税より、もっとお得な制度がスタートしますよ! ずっと見てるけど、どんどん得するようになってきてる。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/4/1 12:58:50
コロナによる経済の落ち込みを受けて住宅の受注や売買が大幅に落ち込むことが予想されます。そのため、コロナが一通り落ち着いたら今以上の住宅ローン減税が打ち出される可能性は高いと思われます。 以上から今は契約を急ぐべきではないでしょう。

ナイス:1 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/4/1 11:56:12
①消費税が下がる事はあり得ない点:
そんな面倒な事をすれば、「再度税率を上げる事(少なくても15%出来れば20%)」が出来なくなりますから、間違っても実行する事はありませんよ。 より市場が混乱するだけなので、その様な政策はあり得ませんね。

②設備品の納品は元に戻りつつある点:
一時期は中国からの部品の供給が遅れて、日本での生産体制に支障が発生していましたが、今は徐々に再開されていますので、5月には完全に正常化すると思いますよ。

③これ以上金利が下がる事は無い点:
史上最低の長期金利の上に、不況対策として日銀が更に市場に紙幣を送り込んでいるので、今以上に金利が下がる余力はありません。

④建材が上がる事は無い点:
日本の円がダダ下がり(つまり円安)をすれば別ですが、今のところはその逆の可能性が高いので、建材が上がる要素は、ここ数年で考えればありませんね。

⑤長期的には地価が下がる点:
ここが一番の問題でしょうね。 日本は既に「人口が自然減」の状態なので、その差の人数を、海外からの「移民(日本の国民と同じ)」として受け入れない限り、人口の減少は止まらないのですが、その様な政策は日本は取っていないので、「需要と供給のバランス」から、余程魅力のある大都市圏の近郊でもない限り、地価はジリジリと下がりますので、この点はご理解ください。

あなたの選んだ敷地はこの点から考えて、大丈夫なのでしょうか?

ナイス:1 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/4/1 07:20:10
甘くありません賢明です。今あわてて契約する必要はないと思います、キッパリ断り諦めましょう。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2020/4/1 00:48:50
材料原価が上がるのは確実。 人材不足で人件費がもろに原価に足されます。 それは運送コスト、職人手間賃、もちろん原材料の製造コストもです。 ただ、判断が鈍るほど急かされるなら待つのも良いと思います。

ナイス:0 この回答が不快なら

12件中、1~10件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 2
  4. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード