IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q地盤調査の結果、杭打ちが必要だと言われました。 画像を見やすく、再添付しました。 大手ハウスメーカーで地盤調査をしたところ、緩いところがあるので杭打ちが必要といわれました。ただ

、工務店だと、ベタ基礎でやるとおもいますといまれました。
この地盤だと、杭打ちはしたほうがいいですか?
昔は炭鉱だったそうです。
杭は9メートルを30本です。
予算は230万といわれました。
35坪の平屋です。

杭打ちは妥当ですか?
また、杭打ちが妥当だとして、金額は妥当ですか?
質問日時:2017/7/26 10:42:04解決済み解決日時:2017/8/10 05:41:59
回答数:7閲覧数:1383
お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時:2017/8/10 05:42:00
再質問ですね。良かったです。回答しようとしたら解決済になったので。


平屋だけでは情報が不十分です。木造でいいですかね?

木造のベタ基礎は2.0Nあれば家を建てられます。
添付されておられる調査結果が4地点全て同じだとすると、
自沈層が一部見られますが、全体的に4.0Nぐらいあり、
地盤改良は必要ないと私なら考えます。

地盤改良で1.5m付近の自沈層だけ解決しようとすると、
その下は支持層とは言えないので、逆に沈む可能性は0ではありません。

地盤沈下の第一原因が、地盤改良の失敗ということはご存知でしょうか?
中途半端な地盤改良は、お金をドブに捨てるだけでなく、後々の問題にもなるという事です。

地盤改良するのであれば他の方が仰るように、支持層の深さまで鋼管を入れる事です。支持層は写真では写っていないぐらい深くにあります。

もちろん金額も高額です。そしてそこまでする必要があるのかと言うと、鉄骨ではないのなら意味ないなと思います。

私だったら地盤改良しないようハウスメーカーに言いますね。

ナイス:0 この回答が不快なら

 

回答

6件中、1~6件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時:2017/7/27 13:54:21
必要という意見が多ければ地盤改良、杭打ちを行うのでしょうか?
こう言ったところでの回答としては難しいと思います。
誰も保証できないですし、杭打ちをしない場合だと大手ハウスメーカーが工事を続けるのか?保証がつくのか?という心配はあると思います。
平屋でベタ基礎だと、多少の弱さでも、地盤改良無しでやってしまうこともありますが、その場合と同様と言えるかどうか微妙な感じがします。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2017/7/27 12:22:41
前回の回答と重複しますが、

深さが9mなら、やろうとしてるのは支持杭、つまり杭打ち工事ではありません。

柱状“改良”だという事がやっとわかりました。
データを見る限りどうせ9m下に硬い支持層なんぞありませんから。(切れてますけど)

どうせ摩擦に頼る工法なわけですから、これくらいのデータならば費用対効果も考慮して、何も9mもしなくてもとは思いますが、これは保証しなければならない業者の判断を尊重すべきだと思います。

柱状の判定はいいです。基礎直下2mくらいが弱いので圧密沈下の可能性があります。私でもそうジャッジするかも知れません。

ただ、何mピッチでするつもりなのか知りませんが35坪の“平屋”だと考えると30ヶ所と言うのも少ないなぁと思います。35坪の平屋とは、つまり70坪の総二階の家の基礎にほぼ同じであることを意味します。
平屋だからと言って、この先二度と二階が増築出来ないのでは困りませんか?

が、これもまぁいいでしょう。

私はあなたの基礎の断面を知りませんし、平屋の重量だけで計算するのも、その業者の自由です。

ただ、ただしです。

施工が、深さ9mで改良30ヶ所なら230万は高過ぎます!
相場はせいぜい100万かと思いますし、仮に鋼管杭だとしても同じです。施工が大手メーカーだとして、そんなモンです。

ひょっとして4t車が入らないとか?(入っても回頭出来ないとか)



それか、ここに出してない隠されている情報はありませんか?他の問題で既にトラブってるとかです。
ひょっとしたら、ひょっとしたらですが、この金額は、HM側からするとキャンセルしたいのかも知れませんよ。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2017/7/27 00:10:00
炭鉱があった地域では、坑道跡の陥没事故がよくあっています。
建築予定地の地下に廃坑道が無いかどうか役所などで十分に調べておくことは必要です。(併せて、建築予定地域の水害や地震などの被災履歴についても調べておくことで、床の高さや耐震・液状化対策も考える場合があります)
でも、零細な炭鉱跡では坑道の図面すらなく、ボーリング調査で廃坑道位置を特定することは容易ではありません。
炭鉱のあった地域では、橋脚の工事で場所打ち杭を施工していたら、坑道を突き抜けてしまって、大量のコンクリートで充てんしてから橋脚の基礎を作ったことがあるように、ボーリング調査でも廃坑道を見つけることは意外と難しいのです。
つまり、坑道跡に対しては杭は対策にはなりません。
炭鉱の陥没事故に対しては、しっかりとした火災保険にはいるしかないのではと思います。
杭を打つ理由は地盤が軟弱であるためでしょうが、支持層に達しない9mの杭とは摩擦杭として考えているのかもしれません。
ただ、杭の有無にかかわらず地震時の横揺れは変わりません。杭は鉛直支持力のみ負担しており地震の揺れには効果がありません。
むしろ軟弱地盤なので、震度階で1~2ランク上がると考えておく方がよく、基礎コンクリートや土台・ポールダウン金物・筋かい・耐震金具などは建築基準で必要とする以上の強度をもたせることにお金をかけた方がいいと思います。
不当沈下を心配するのであれば、ベタ基礎の方がよく、また、ベタ基礎の方が建物荷重を分散するため軟弱地盤に対して有利となります。
また、杭基礎に代わる考え方として浮体力を考慮することもできます。
通常、整地された地盤の上にベタ基礎を施工しますが、床面の高さは同じでも、地盤を0.5~1m程度掘り下げて(掘った土は残土処分する)しっかりと転圧(粘性土であれば圧密沈下を起こすので改良剤を用いた方がよい)し、その上にベタ基礎を施工します(床下は1mくらいになります)。
建物荷重分の残土搬出すれば、理屈では浮体として釣り合う(地盤を海と見立てて浮いている船と考えるのと同じ)ことになります。
(例:高層建築では地下室を作ることで杭にかかる荷重を減らしている)
私も軟弱地盤なので、この方法で2階建て木造家屋を建て20年以上経過し、震度5弱の揺れも経験しましたが、モルタル壁やタイル等にはクラックは入っているものの、不当沈下は起きてはいません。
ただ、床下が1mありますので床下収納は十分ですが、その分のコストが100万円近くかさみました。
自社の標準施工から外れるものは取り扱ってくれない住宅メーカーは意外と多いので、あせらずじっくりと比較されたらよろしいかと思います。特に、住宅メーカーの施工は殆ど下請けです。技術力には大差はないので、きちっと説明ができて納得できる誠実な会社を選んだらよいかと思います。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2017/7/26 20:50:07
☆、何度問い質しても地質調査からの質問者に判断能力があるかです。
次に、地質調査報告書の5箇所の調査資料で判断をするもので、設計
地盤から1.50m~2.00mに自沈層の在り状態で工務店が瑕疵保証され

ても、建物が大地震の時に沈下や傾斜し、住宅性の基準瑕疵で瑕疵や
緩めな不具合を認めて頂いても安全保障の意味が薄いと思います。
最低でも、構造設計一級建築士に自沈層の検討をされてからが良い。

☆、また、9.00mまで杭打ちの施工も良いが、添付図の資料で12m以
上の地下の調査資料もなく、総てが同程度の支持力ならばなぜ9.00m
で杭打ちを施工するのかも回答を大手という住宅会社へ問うことです。
何れにされても住宅会社は、意見を聴かづにそれなら建物の瑕疵保証
はしませんと云うでしょう。其れでしぶしぶ納得するのが普通です。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2017/7/26 15:12:39
貫入深度、換算N値1.5で自沈層と思います。地質は何でしょうか沖積層でしょうか?周囲の状況、他のポイントのデータ無しに答えられませんが、
建築会社に地盤調査の義務はありますが、地盤改良工事の義務は無く、瑕疵担保責任を追う事になっているという事です。

地盤調査会社が保証しますと言えば、建築会社は建築士の判断で改良工事の可否を決められるのです。

大手住宅メーカーは30年の保証をする為に、10年保証で済む建築会社に比べて、地盤改良工事の実施率も、改良工法も厳しく見ています。また保証をする為に改良工事の金額が2倍近く掛かっているのです。

もし改良工事をしたにもかかわらず、不同沈下した場合は、改良工事会社の過失も問われるからです。

大手は高い手厚い保証の裏側に地盤改良工事の価格と実施率も隠れているのです。。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2017/7/26 11:14:13
結局のところ、後で不同沈下が起きた時に
責任をハウスメーカーが取らないといけないので、
不同沈下の可能性がありそうな土地は地盤改良は
勧めます。

杭打ちが妥当かどうかは、ハウスメーカ、調査概査の
判断に依存します。理由は保証の面があるため第3者が
大丈夫と言っても、何の意味も持たないためです。

因みにくい打ちをすれば地盤保証がもらえます。
今回くい打ちをせず、不同沈下が起きた場合には
保証してもらえるかは要確認。

後は建物に沿って地盤調査をします。
図面が変わればすべて変わります、
他の工務店との比較はできません。

ご心配ならお金は掛かるが、別の調査会社に
もう一度調査してもらえばどうですか?

杭打ちの金額は高くは感じますが相見積もりをしないと
何とも答えられません。
また工法によっても大きく値段は変わります。
違う工法も提示してもらえばどうですか?

ナイス:0 この回答が不快なら

6件中、1~6件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード