IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q大阪で新築一戸建ての購入を検討しています。 以下の二つの物件のうち、皆様ならどちらを選びますか? 理由を添えて頂けるとありがたいです。 1. 地震に対しては揺れにくい地盤 ただし、

洪水ハザードマップを確認すると川沿いであり危険な地域

2.
地震に対しては揺れやすい地域
ただし、洪水被害の心配はないといわれる地域
質問日時:2018/8/19 10:39:18解決済みの質問解決日時:2018/9/3 04:57:41
回答数:7閲覧数:366
お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時:2018/8/19 21:24:03
①どちらも止めた方が良いでしょうね。

(1)浸水する土地の場合:
通常の水位で浸水する地域であれば、今後予想される南海トラス地震による「津波の高さ」には、とても耐えられないので、止めた方が賢明ですね。

(2)軟弱地盤の場合:
どうやら素人さんからの「いい加減な回答」も複数見受けられますが、以下の様な実態から、現実的ではないので、うかつに信じないでくださいね。

1.中ノ島に建つ高層建築物の「基礎杭」と、木造住宅の「地盤改良」は全くの別物である事:
「高層建築物」の基礎は「支持地盤(固い岩盤)」まで、例えその深さが50Mであっても届いていないといけないのですが、一般的な「木造住宅」では、上部からの土の圧力で、地盤が規定値まで締まってさえいれば、「支えられる」とみなしているだけなので、岩盤まで届いている「杭基礎」とは全くの「別物」なのです。

2.「木造住宅用」の免震装置には、未だにマトモな製品が無い事:
格段に進化していますので! 何が格段に進化したのか? をgarさんに聞きたいところだが、素人相手にムキになっても時間の無駄なので、東日本大震災の時、仙台市の郊外の住宅地では、多くの「木造用免震構造」が地震のせいで「脱落」してしまった事を、日本のマスメディアは誰に遠慮したのか? 全く報道してはいないので、素人さん達は全く知らないみたいですが、多くの「建築士」にとっては、「周知の事実」なので、一度聞いてみるといいですよ。

②たかが1.0M基礎を深く掘っただけで、地震に強くなる事は確実にありませんから、信じない方が良いですよ。 西宮と言う事は「阪神・淡路大震災」の事なのでしょうが、それで家が壊れなかったのは、たまたま「偏心率」の偏りが少なかったので、「ねじれ破壊」が発生しなかっただけだと思います。

③軟弱地盤には、そもそも「免震構造」は使えない点! 素人さんはこの様な基本的な事すら知らないとは思いますが、地盤の地耐力が20KN/㎡を下回る地盤では、免震構造を採用する事はそもそも出来ませんので、ご注意ください。

④「液状化」が発生しても、誰も責任は負いません! これは「瑕疵担保保険制度」でも、「建築会社の瑕疵責任」に関しても、「液状化現象」は対象外なので、万が一発生しても、あなたの「自己責任」で終わりますよ。


「補足」があれば「追記」が可能です。

ナイス:0 この回答が不快なら

回答

6件中、1~6件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時:2018/8/20 15:55:47
駅に近い方を選びます。 手放す時の現金化のはやさです。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2018/8/19 16:27:43
2の地震に対して揺れやすいってどこからの情報ですか?

ちなみに今年の大阪北部地震、地震が起きる確率は1%未満だと言われてたんですよ。

なのであまり信ぴょう性はないと思います。


1は無しですね~南海トラフは起きると言われてますから、川沿いはできるだけ避けたいところ。

その分お安いとは思いますが、命には代えられませんよね。。。

なので2!

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2018/8/19 16:05:07
1は防ぎ難い、2は耐震性や地盤補強で対処できそう。
予算によるかな、もしくは新築にこだわらずもっと安全な物件探すか。
私なら中古も選択肢にして安全な物件探す。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2018/8/19 15:21:13
2.を選択します。

大阪は、水の都と言われた事が有るように、水害には基本的に弱い地域です。
片や、地震に対しては、比較的強いと思っています。

もちろん、治水を行い、昭和40年代以降、大きな水害は無かったのでは、と思います。

今後、大きな地震や洪水等の災害が無いとは言えませんが、ことさら構えるのではなく、もし不安が有るのでしたら、保険で十分な補償が得られる契約を結ばれたらいかがでしょうか。

少しでもリスクを減らしたいのでしたら、京橋近辺がオススメです。

ナイス:1 この回答が不快なら

A 回答日時:2018/8/19 14:33:04
どちらも嫌ですね。 大阪海沿い地域は大半が埋め立て地のため地盤はフニャフニャですから。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2018/8/19 11:06:05
地震は基礎工事の強化で被害を軽減できますが、洪水だけは人智を越える雨量になれば防ぎようがありません。平成7年の阪神淡路大震災の時、西宮に住んでいた友人が施工業者の担当者のアドバイスに従い追加100万円を払って基礎を1メートル深くしたところ、近隣の住宅は軒並み半壊以上の被害を受けましたが、友人の家はほぼ無傷で基礎を深くして良かったと言ってました。今は免震技術も格段に進歩していますから、私なら洪水の危険性のある土地は選択しません。

ナイス:0 この回答が不快なら

6件中、1~6件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
  • 解決済みの質問Yahoo!知恵袋で、質問者、または投票によりベストアンサーが決定した質問
  • 回答受付中の質問Yahoo!知恵袋で、回答を受け付けている質問
  • 投票受付中の質問Yahoo!知恵袋で、ベストアンサーを決めるため、投票を受け付けている質問

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

「新築一戸建て」に関するおうちマガジンの記事

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード