IDでもっと便利に新規取得

ログイン

教えて!住まいの先生

Q新築建築中のトラブルについて 予算と大きく違いました。 建築中に追加したもの(例)エコカラット 担当営業の方に

予算内であればお願いしたいのですが(今の時点の見積もりいただけますか)
と聞きました。
ですが、建設中は一度も見積もりを頂けず、
「予算内なので大丈夫です」
と口頭で言われたので、それであればとこちらも安心してお願いしていたのですが、たまたま他の手続きでその担当営業の方と会った時に、

「今見積もりを計算中で‥
この分とこの分は現金でお支払いして頂かないといけなくなりそうです」
とその時に言われました。(新築完成の最終段階の時期)
現金払いの分には、数日前に発注をお願いしていたカーテン類なども入っており、予算が足りている(この時にも営業の方に金額はいくらまで大丈夫か確認しました)と思ってたのに驚きました。

全部で50万ぐらい現金で支払うように言われました。
それと建築前の見積もりの中には入れていたカーポートは入れてません。と告げられ(理由を聞きましたが、納得いく回答は得られませんでした)その分も合わせるとトータル100万近く現金で払わないといけなくなりそうです。
他に見積もりに入っていた照明も自分たちで用意するように言われ(自分で買った方が安いと言われました)今からバタバタ用意しないといけなくなりそうです。
こちらは確認してからお願いしていたのに、あとから変更になったのは仕方ないと受け入れるしかないのでしょうか。
もし現金で出すならやってなかったという部分もあってモヤモヤしますし、考えてなかった出費が出て困ってます。(未だに、見積もりはいただいてないので、また改めてお願いしようとは思ってます)
見積もりは建築中には出すものではないんですか?
もしこういったトラブルがあった場合、みなさんはどう対処しますか?
長くなりましたが、読んでいただきありがとうございます。
質問日時:2021/6/17 01:45:45解決済み解決日時:2021/6/19 01:16:28
回答数:9閲覧数:253
お礼: 0枚
共感した: 0 この質問が不快なら

ベストアンサーに選ばれた回答

A 回答日時:2021/6/17 09:22:54
まず契約時の見積書が基本。 なので「建築前の見積もりの中には入れていたカーポートは入れてません。」というのは契約違反になります。 払う必要はないし、(だってその見積もり金額で契約していたので)裁判で争っても勝てるでしょう。 契約後の変更については逐一見積額をだし、変更契約書を交わしてから工事ですね。 口頭だともめます。 争う場合は物的証拠を用意しないとなりませんが、何がしかもメモなどはありますか?

ナイス:0 この回答が不快なら

質問した人からのコメント

回答日時:2021/6/19 01:16:28

皆様回答ありがとうございました。 いただいた意見にありました契約時の約款等を読んでみましたら「書面による承諾を得なければ、工事を請け負わせること委任することは出来ない」と言う文章がありました。皆さんの意見にあったのでやっぱりそうかと思いました。 ですがもちろん書類を確認もせずに進んでしまった自分も悪いので反省です。 これから契約後の書類を見せて皆さんの意見を参考に話し合いをしていきたいと思います。

回答

8件中、1~8件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ
A 回答日時:2021/6/18 07:10:57
建築開始後も打合せを都度行い、都度 変更部分の見積り(増減額比較表)を貰い、文章で残せるメールで正式な発注を行なっていました。目の前に居たら口頭と両方で。 正しい手順をお互いが踏まず、稚拙な営業マンの口頭説明だけを信じて行う事も不思議です。 口頭で予算内と言われていた事だけを根拠に戦い抜くのは無理が有るでしょうね… お互いがあまりにも稚拙過ぎます。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/6/18 00:49:38
工事後に見積もりが出てきたケースは工事後にキャンセルすればいいのではないですか?

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/6/17 10:35:16
営業の方が悪い大前提ですが、いくら予算内であろうといくらかかるのか見ずにエコカラットなどの追加をしたことも問題あります。 わたしは常に1円のズレもなく、HMと金額を合わせながら進めました。 ざっくりと金額を確認し、やる前提でも都度見積もりをもらいながらGoサインを出してました。 対応悪い営業だとは思いますが、進め方が招いた問題です。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/6/17 09:59:36
契約内容と違えば契約違反です、契約時の約款等を確認してシビアに対応する事です。 また、変更や追加は事前に価格提示を受けて施主が了承した上で発注するものです。 変更や追加工事契約を交さないで施工する事はないし、契約書がなくては支払する義務もないです。 施主がキチンとした態度を見せないと、相手も手を抜いてきますよ。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/6/17 07:21:22
打ち合わせ記録とか取ってないんですか?? 詳細を決めずに、契約だけ先に取ろうとする営業は居ますが、事前に総額に入ってますというのであれば払う必要はないです 単にHM営業の計算ミスですよね?? どんぶり勘定でするからそういうことなるんです。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/6/17 07:14:55
記録、メモがあれば無料法律相談法テラスで相談する事をお勧めします。

但し、口約束だけで、多くを行なっています。

見積書、契約書も無く工事を進めた事が問題です。

お互いに証明できる書類もありません。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/6/17 06:50:26
*新築工事に伴う追加変更見積もりは工事中提出に成りますが、見積り施主承認受け初めて正規契約工事と成り、施工されるのが常です。見積り提出せず、内容承認受けず、施工請求は有り得なく、押し売り紛いの所業です。支払い拒否も有り得ます。建築工事請負契約者と良く話し合って下さい。

ナイス:0 この回答が不快なら

A 回答日時:2021/6/17 03:18:32
注文住宅であれば、普通は全ての見積もりを確認してから契約にサインします。 口約束はトラブルの元です。基本的には泣き寝入りですが、裁判まで持っていく人もいます。

ナイス:1 この回答が不快なら

8件中、1~8件を表示中

  1. 前へ
  2. 1
  3. 次へ

Yahoo!不動産で住まいを探そう!

関連する物件をYahoo!不動産で探す

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

ページの先頭へ

Yahoo!不動産アプリをダウンロード