Yahoo!不動産 マンション・一戸建ての住宅情報

質問詳細 

解決済みの質問

木造住宅に屋上って大丈夫なんでしょうか?

二世帯住宅、三階建て、屋上、地下室ありの立て替え住宅を検討している者です。最近多くのハウスメーカーで「プラスワンリビング」という屋根と同額の額で屋上が建てられるということを盛んに謳っていますが、木造住宅に屋上って大丈夫なのでしょうか?大工さんや設計士の方に話を伺うと、屋上を造ることはハウスメーカー、工務店の、いずれも造ることができるが、将来のメンテナンス費用や地震を考えると絶対におすすめできないということでした。やはり、一時の憧れだけで容易に屋上庭園が造れる!と喜んではいけないものなのでしょうか?稚拙な質問ですが、どうぞアドバイスをお願い致します。

質問した人: don********さん

質問日時: 2012/10/14 09:50:09 | 残り時間:期限切れ

回答数: 6 | 閲覧数: 4550

お礼: 知恵コイン0枚

ベストアンサーに選ばれた回答

回答した人: psx********さん

回答日時: 2012/10/14 10:20:37

「プラスワンリビング」自体は商品名ですよ、きっと。一般的には屋上リビングだと思います。屋根の代わりに屋上リビングができるので、屋上リビングの屋根としての機能と屋根の屋根としての機能を比べたら、そりゃ屋根そのものの方が優れているというのは当然だと思います。本当に屋根の代わりとして使用に耐えうるのかどうかということについては、売る側はちゃんと設計されていると謳うでしょうね。実際のところは、まだ商品の歴史が浅いため、何とも言えないんじゃないですか?35年経っても特に雨漏りも何もないかもしれませんよ。
一見、一瞬楽しそうにも思えますが、多分私ならすぐ飽きる(笑
狭小地などで庭が確保できない、こどもの遊ぶスペースが確保できない、そういったお宅が仕方なく選択するものだと思っていましたが、どうなんでしょうね。

この回答が不快なら

回答

6 1~6 を表示しています。

回答した人: des********さん

回答日時: 2012/10/14 14:35:43

大工です。

そちらの会社のホームページを見ましたが、防水の事細かな情報がありませんでした。
矩計図もありましたが、全体を把握するには不足です。
また屋根のように金属で防水を取るとありましたが、その金属の種類もわかりませんでした。

施工する立場からすると採用するのにはかなり抵抗があります。

他の回答者さんのご指摘の通り、リスクが高い事は事実です。

担当の業者さんが、実績があるならまだしも初めて扱うなら避けるのが賢明と思います。

質問者様の住宅がその練習台になってもよければ別ですが、何事も初めてはうまくいかないものです。

この回答が不快なら

回答した人: cos********さん

回答日時: 2012/10/14 14:20:56

必ずや漏るでしょう<(_ _)>

この回答が不快なら

回答した人: ken********さん

回答日時: 2012/10/14 11:31:36

鉄筋コンクリート、重量鉄骨の建物ですら

屋上は雨漏れします

ましてや木造は建物自体が湿度変化や

風などにより変形し続けますから

防水工事では時間の問題と考えた方が良いと思います

土などの重量物により建物へ負荷をかけ続けることも

建物にはストレスになります


防水の問題をクリアするには

一体形成の屋上パン(洗濯パンの巨大版)のようなものを

置くという方法で建物と離しておけば

クリア出来ると思います

劣化には定期交換で対応すれば漏れる場所は

ドレンと笠木部分だけになります

ただ、コスト負担は想像を超えると思いますから

現実的ではないかもしれません


屋上に大屋根を付けるという

工事をされている家がありますから

防水は建物が存在している限り続く問題だと思います

この回答が不快なら

回答した人: bab********さん

回答日時: 2012/10/14 11:29:18

私は大工です

最近の住宅自体の強度と防水工事の信頼性から考えれば、大きな地震があったり、施工の大きなミスがなければ、まず大丈夫だと思います

ですから、大手住宅メーカーなら10年程度の水漏れはあってしかりでしょうね。

しかしながら、中小工務店、個人工務店なら、万が一漏れた場合のリスクを考えたら積極的に進めるセールスポイントではないかと。

私も現在、我が家を建築中ですが、屋根、外壁の防水を第一に考えて設計しました。

いくら見た目が格好よくっても、雨が漏ったら家の価値はありませんから。

だから屋上防水など考えもしませんでした(笑)

わざわざリスクを背負う必要はないと思いますよ

この回答が不快なら

回答した人: mit********さん

回答日時: 2012/10/14 09:58:37

雨水は、上から降ってきて下に落ちるもの。
屋根勾配があれば、スムーズに流れますが、平坦部が大きければ大きいほどその流れは阻害され、滞ることになる。
そうすると漏水の恐れ=リスクは増大することになる。

RCやS造に比べて木造は、部材の動きが大きいため隙間が生じやすく漏水のリスクが大きいのに、水を滞らせるような構造、形状は避けておきたいものです。

どうしても平坦部が必要なら、屋根を普通に設置後、その上に昔からある物干し場のように設置することです。

この回答が不快なら

解決済み Yahoo!知恵袋で、質問者、または投票によりベストアンサーが決定した質問

回答受付中 Yahoo!知恵袋で、回答を受け付けている質問

投票受付中 Yahoo!知恵袋で、ベストアンサーを決めるため、投票を受け付けている質問

「教えて! 住まいの先生」はYahoo!知恵袋のシステムとデータを利用しています。質問や回答、投票、違反報告はYahoo!知恵袋で行えます。質問や回答、投票するにはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。
キーワード検索結果一覧に表示される専門家が回答した質問は、専門家の回答がベストアンサーとなった解決済みの質問、および回答受付中の質問と投票受付中の質問になります。

ヘルプYahoo!知恵袋ヘルプ

Yahoo!不動産からのお知らせ

キーワードから質問を探す

賃貸契約
マンション購入・検討
一戸建て購入・検討
土地・不動産
注文住宅・リフォーム
住宅ローン・税・諸経費
売却
保険
住宅設備
住宅評価・相談
地盤・耐震
暮らし、トラブル