ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
女性のための引っ越し時に役立つアイデア集(第3回/引っ越し前...

2019年02月11日

アチュー・ワークス

女性のための引っ越し時に役立つアイデア集(第3回/引っ越し前日・当日編)

楽しく、効率よく引っ越しを

女性のための引っ越し時に役立つアイデア集(第3回/引っ越し前日・当日編)

引っ越しが増える季節を目前に控え、引っ越しって面倒だな…と感じている方々に贈るこの企画。「引っ越しは最大の気分転換だ」と2年に1度のペースで引っ越しをしている私の引っ越しを楽しくするちょっとしたアイデア集。最終回となる今回は、引っ越し前日・当日のアイデアをご紹介します。第1回の準備編第2回の梱包作業編と併せてご覧ください。

開封の儀を先送りにする「引っ越し旅行セット」をつくる

引っ越しは、自分が想定するよりも疲れが溜まるもの。特にひとり暮らしの場合は、諸々の手続きからはじまって全ての処理や作業を1人でこなさなければならないので、引っ越し当日までに蓄積された疲労もかなりのものに。新居への運び込みが完了して、業者さんが帰ったとたん、張り詰めた糸が切れるように「あー疲れちゃったぁ…」と眠ってしまいたくなるかもしれません。今回、最初にご紹介するのは、そんな自分を甘やかしてあげるアイデアです。


引っ越し前日に、3日間の旅行を想定して荷造りをしましょう。こうしておくことで、引っ越し後3日までは段ボールを開封しなくても過ごせるというわけです。スーツケースにパッキングすると、非日常の旅行気分すら感じられて、少し楽しくなってくるから不思議。


この時、引っ越し直後に、どの段ボールに入っているのか分からない…と、慌てて買いに走ることになりがちなものも入れておくとさらに便利です。段ボールと一緒に引っ越し業者さんにトラックで運んでもらうので、多少重くなったとしても気にしない! 必要かも…と思うものはとりあえず入れておくくらいのざっくり感で問題ありません。また、引っ越しの直前に、前回「女性のための引っ越しに役立つアイデア集(第2回/引っ越し梱包編)」でご紹介した「期間限定食器セット」を追加すれば、引っ越し後数日は段ボールの山を放置してもやり過ごせます。


3日間の引っ越し旅行セットの一例

  • 衣類
  • 下着
  • パジャマ
  • タオル
  • 化粧品
  • めがねやコンタクトレンズ
  • お風呂セット
  • いつもの薬やサプリメント
  • ノートパソコン
  • 最低限必要な仕事関連の書類 など


忘れがちなもの

パソコンや携帯の充電アダプター、シューズ類、くつした、歯みがきセット、生理用品 など


引っ越し直後にあると便利なもの(どこかにあるのに買いに走りがちなもの)

ごみ袋、箱ティッシュ、トイレットペーパー、手洗い用の石けん、フロアシート(なにかと使えるドライタイプが便利)、ドライバー、ハサミ、洗剤 など


もちろん、スーツケースではなくボストンバッグや段ボールでもOKです。段ボールを使用する際は、他の段ボールに紛れてしまわないよう、目印を付けておくのをお忘れなく。

「ドラム固定ボルト」を救出しておく

「ドラム固定ボルト」といわれても、ピンとくる人は少ないでしょう。ドラム式洗濯機を運搬する際、洗濯機内部のドラムが動かないように固定するパーツです。このパーツをつけずに輸送すると、振動で洗濯槽が当たって洗濯機が故障する恐れがある、という地味だけどとっても大事なパーツ。引っ越し業者によっては、このドラム固定ボルトがない場合は洗濯機の運搬をしないというルールが設けられていることもあるので、ななめドラム式の洗濯機を使用している人は、すぐに出せるところに準備しておきましょう。多くの方は取扱説明書などと一緒に保管していると思われるので、取扱説明書を梱包する前に確認を。


メーカーや型番によって形状や個数は異なりますが、だいたいこんな感じのパーツです。なくしてしまった場合、ドラム固定パーツだけを購入できることもあるので、早めにチェックしておくことをおすすめします。

ペットボトルの飲み物を数本準備しておく

引っ越し当日は、引越用に用意した「期間限定食器セット(第2回をご参照ください)」を使っても、洗える状況ではないことがほとんど。そんな時でも喉は渇きますから、ペットボトルの飲み物を用意しておくのがいいでしょう。500mlサイズを10本ほど用意しておけば、引越中・引越後の給水(自分用)だけでなく、引越業者さんへの差し入れとしても使えます。飲みきれなかった分は「引っ越し旅行セット」に入れて新居へ。


引っ越し3日前~前日に、新しいおうちにご挨拶

これは、余裕があれば…なのですが、私は、引っ越し3日前~前日に、空っぽの新居に行くことにしています。その目的と持ちものは以下に。


持ちもの

  • フロアモップ
  • アロマオイルやお香
  • ご近所さんへの手土産
  • トイレットペーパー
  • 手拭き用のタオル
  • 手持ちで運び込みたいもの

トイレットペーパーとタオルは、滞在中にトイレに行きたくなった時用。そのまま置いていけば、引っ越し搬入時にも使えて安心です。 


軽く床掃除をする

クリーニングが入ってから数日経っていれば、床にはそこそこのホコリが溜まっているはず。引っ越しの段ボールを運び込む寸前に全ての床を掃除するのは難しいので、このタイミングで済ませておきましょう。風水的にも、引っ越し前に床を拭くというのはお清めになるのだそう。


引っ越し前に自分の空気に馴染ませておく

いつものアロマやお香を焚き、引っ越し前の新居で過ごすことで、ここがこれからの自分の住まいだということを、自分自身とおうちに認識させておくのです。これは感覚的なものですが、自分とおうちが最初に過ごした時間が、そのままその部屋の雰囲気になるような気がしています。ですから、バタバタしがちな引っ越し当日よりも、前の段階でわずかな時間でも少しゆったりして、くつろげる雰囲気をつくっておくというイメージです。火の始末は、くれぐれも慎重に。



ご近所さんへの挨拶

ご近所への挨拶は引越後でもOKですが、うまくタイミングが合えば両隣の方にご挨拶をします。引っ越しよりも先に会うことができたら「◎日に引っ越し作業でご迷惑をおかけします」と事前にお伝えすることもできて安心です。

この日に会えない可能性もありますから、手土産は日持ちするものを選びましょう。


梱包しにくい割れ物を運ぶ

一般的な段ボールに入らないサイズの食器(お気に入りで高価ならなおさら!)などを、手持ちで運び込みます。私は、今回の引越では、段ボールに入らないサイズの古伊万里の大鉢と自分では梱包しにくい変わった形の陶器、ステムの長いガラス製品を前日に持ち込みました。



引っ越し前の忙しい時期に、わざわざ出向くのは正直なところ面倒ですが、これらのことが叶えられるとなると、重い腰も上がります。過去には、引っ越し前の新居に本を持ち込んで少し読書をしたり、床掃除に付き合ってくれたお友達と一緒にケーキとコーヒーで前祝いをしたことも。荷物が入る前の空間に楽しい雰囲気を満たすことは、ハッピーな空間づくりにもつながります。

引越前の立ち入りや荷物の持ち込みは、新居の賃料発生日以降であれば問題ありません。


と、3回にわたり少しでも快適に引っ越しをするためのアイデアをご紹介しました。どれもこれも地味なものばかりですが、そもそも引っ越しって地味な作業。新しい生活をはじめる儀式として、引っ越しを楽しんでみてください。


宮下菜歩/soretona 

最終更新日:2019年02月11日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。