ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
雑誌も売る魚屋さん、青空市場を開催するコンビニ、「雑色」のユ...

2019年06月25日

アチュー・ワークス

雑誌も売る魚屋さん、青空市場を開催するコンビニ、「雑色」のユニークな商店街

商店街のある街探訪

雑誌も売る魚屋さん、青空市場を開催するコンビニ、「雑色」のユニークな商店街

「水門通り商店街」の先にある多摩川の風景

京浜急行の雑色駅があるのは大田区仲六郷。雑色(ぞうしき)という地名は明治の終わりまで使われていたもので、今は駅名だけに残っているのだとか。

このエリアは三方を大きく蛇行する多摩川に囲まれていて、広々とした緑豊かな土手の向こうには水鳥の姿も。独特の地形が生み出す牧歌的な風景のせいか、商店街もどことなくのんびり。昭和の東京にタイムトリップしたような、懐かしい空気が流れている。


◆水門通り商店街

京浜急行「雑色」駅から徒歩2分

◆雑色商店街

京浜急行「雑色」駅から徒歩0分

――――――――――

・周辺の家賃相場 7.4万円(駅徒歩10分以内、1K/1DK)

※2019年6月21日現在

昭和の風情が残る「水門通り商店街」

雑色駅には、線路と交差するように東に「水門通り商店街」、西に「雑色商店街」が伸びている。

「水門通り商店街」は改札を出て右側、国道15号を渡ったところから始まる「水門通り」沿いの商店街だ。

お馴染みのコンビニやドラッグストアなどがあって一見普通の商店街だが、駅から離れるほどに、どんどんユニークな街の素顔が見えてくる。


雑色駅の東側に伸びる「水門通り商店街」


「水門通り商店街」も「雑色商店街」も行きつく先は多摩川。大きな通りは国道15号だけなので、商店街は車の通りが少なくてとても静か。『Lovin'you』などの往年のヒット曲がBGMに流れている。


ちょっと奥まったところに銭湯を発見。宮造りではないが、空高くそびえる煙突が老舗の貫禄を放っている


「水門通り商店街」の終わりに差し掛かったところにある魚屋さんには『少年ジャンプ』が売られていた。このあたりはコンビニが少ないのだろう。お小遣いを握りしめて魚屋さんにマンガを買いに来る子供の姿を想像すると、なんだか楽しい。


『少年ジャンプ』や『ヤングマガジン』も買える魚屋さん「魚八」


「水門通り商店街」には知る人ぞ知るお餅の名店「穂寿庵(ほじゅあん)」もある。「穂寿庵」のお餅は、伊勢丹や三越、高島屋などの百貨店でも購入することができるが、直営店はここだけ。

こだわりの国産もち米を使った、つきたてのお餅はふんわりモチモチ。タイミングが合えば、店先で揚げたてアツアツのかき餅を試食させてもらえる。


シンプルな切り餅はもちろん、大福、おはぎ、揚げ餅など様々な餅菓子が並ぶ「穂寿庵」

「穂寿庵」のつきたて餅とおはぎ。紙コップは試食の揚げ餅

「大田のお土産100選」を受賞した「貴客上切餅」や「江戸あげ餅 六郷 こがね」も並ぶ


「水門通り商店街」の終わりには南六郷二丁目団地があり、その向かいには「南六郷緑地」と呼ばれる公園がある。平日の昼下がりは警戒心のない鳩たちが、まったりのんびり昼寝をしている。


団地住民の御用達「南六郷二丁目団地商店街」も昭和の雰囲気満点

我がもの顔で「南六郷緑地」のベンチでくつろぐ鳩君


「南六郷緑地」を通り抜けると見えてくるのが「六郷水門」。「水門通り」の水門とは、まさにここのことだ。

下水道が整備されるまで、この水門で生活用水の排水をコントロールしていたそう。水門の向こうは、広々とした多摩川(タイトルの写真)。多摩川の土手はサイクリングロードになっている。


赤レンガがおしゃれな「六郷水門」。見ようによってはヨーロッパの田舎みたい 

土手の上のサイクリングロードから見た「六郷水門」

多摩川の干潟では水鳥が遊ぶ姿も。何時間見ていても飽きない風景

大田区最大級のにぎわい「雑色商店街」

続いては「雑色駅」の西側の「雑色商店街」を探索。一説には大田区最大の店舗数を誇る商店街とも言われ、地域密着型の個人商店が元気に頑張っている。


雑色の「ゾウ」から、象の旗がたなびく「雑色商店街」


焼き鳥の「竹沢商店」は「雑色商店街」の人気店の1つ。2018年にオープンした雑色駅前店をはじめ、梅屋敷や子安などに全6店舗あるが、「雑色商店街」のこの店が本店なのだとか。

千葉県の屠場から直接仕入れているという鶏肉は新鮮でジューシー。ボリュームも満点だ。


「竹沢商店 本店」の渋い店構え。一番人気はカシラ

店先で立ち食いも可能。その場で炙って仕上げてくれる


「雑色商店街」には関東を中心に展開するベーカリー「サンジェルマン」の工場直売アウトレット「ブレッドボックス」もある。インテリアなどに愛想はないが、サンジェルマンのパンがお得な価格で購入できる。


サンジェルマンの工場直売アウトレット「ブレッドボックス」


JRの線路を渡ったところにある「ファミリーマート西六郷一丁目店」もちょっと面白い。オーナーが近くで小さなスーパーを営んでいた関係で、毎週金曜日に駐車場で青空市場を開いているそう。並んでいる野菜はどれも新鮮で安い!


金曜日だけ出現する「ファミリーマート西六郷一丁目店」の青空市場

おいしそうな野菜たちは、コンビニとは思えない充実の品ぞろえ

地元民のおすすめ!

今回、取材で出会った人々から聞いた雑色のおすすめスポット。

「ファミリーマート西六郷一丁目店」のオーナーのおすすめは、おでんの「目黒食品」。こんにゃくやちくわぶは40円。500円もあればお腹いっぱいになりそう 

「ファミリーマート西六郷一丁目店」のお客さんで、雑色居住歴50年超の女性のおすすめはビストロ「CooPoo(クープー)」。気軽においしいフレンチが食べられる


雑色はまるで東京のガラパゴス!? 雰囲気のある水門、多摩川の干潟で遊ぶ水鳥たち、雑誌を売る魚屋さんに、野菜を売るコンビニ……、こんなユニークな商店街の形成には、三方を多摩川に囲まれた地形の影響が大きいはず。せわしない都会の喧騒と一線を画して、マイペースで暮らすにはもってこいの街といえそうだ。 


「雑色商店街」の近くには、タイヤ公園という愛称で親しまれている「西六郷公園」もある


文/香取ゆき 撮影/鈴木英乙



参考サイト

最終更新日:2019年07月16日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。