ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
ひとり暮らしで必要な面積と間取りの目安 1Rと1K、どっちが...

2019年09月25日

アチュー・ワークス

ひとり暮らしで必要な面積と間取りの目安 1Rと1K、どっちがいい?

はじめての賃貸お部屋探し

ひとり暮らしで必要な面積と間取りの目安 1Rと1K、どっちがいい?

賃貸物件を探す際、「希望の面積や間取りを明確に」とよく言われますが、はじめての住まい探しでは、希望うんぬんの前に、自分にはどれくらいの面積が必要なのかが分からない…ということがほとんどだと思います。今回は、ひとり暮らしをはじめるにあたり、必要な家財の量や希望の暮らし方から、最適な面積や間取りを考えていきます。

家具家電をリストアップしよう

当然ですが、住まいには自分が普段使うものを収めなければなりません。まずは、収めるもの(自分の持ち物全て)を把握しましょう。その際、現状持っていない家具・家電でも、近い将来購入する予定があれば、あるものとしてカウントを。いざ購入! というときに部屋のサイズ問題で入らない…なんてことは回避したいですよね。逆に、いつか欲しいと思っていても、それが数年後になりそうな場合は、カウントしなくてOK! 次の引っ越し時にカウントしましょう。

また、「全て」というからには、本来は靴下一足まで把握して、必要な面積を割り出したいところ。ですが、そこまで考えると引っ越しがイヤになってきそうなので、まずは家具・家電など大きなものから。収納家具を想定する際に「このくらいのサイズがあれば、私の靴下は全部入るな…」くらいの感覚で捉えておくといいでしょう。


家具・家電リストアップの一例

  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • テレビ
  • 洗濯機
  • 掃除機
  • デスクとチェア
  • コーヒーテーブル
  • ベッド
  • チェスト
  • ソファ
  • プリンター

リストに入れる必要あるかな? というものも、迷ったらひとまずいれておきましょう。

まずは家具のサイズを知ろう

次に、リストアップした家具・家電のサイズを把握しておきます。家具・家電の個数は把握していても、サイズ感が大幅に違っていると、オシャレなお部屋づくりどころか、収まりきらないなんてことになるかもしれません。サイズ感を掴んでおくことで、間取り図を見た際に、うまくレイアウトできるか? という判断の参考にもなるでしょう。

また、実際に持っている家具家電を測ってみると、リアルなサイズ感を掴むことができ、一気にひとり暮らしが現実味を帯びてくるというのもメリットのひとつ。

これから家具・家電を購入する場合は、ひとり暮らしサイズの小ぶりな家電も多く出回っているので、そういったものを選べば省スペース化もできそうです。


自分の家具サイズを知っておくことのメリットに関しては、以下ページもご参考にどうぞ。

間取り図だけでもこんなに分かる。引っ越し時の内見チェックポイント 

1Rと1K、どっちがいい?という問題

お部屋探しをはじめたころ、湧いてくる疑問として「1R」と「1K」はどう違うの? どっちがいいの? という壁(ちょっと大袈裟)があります。どちらも似ていますが、やはりそれぞれに特徴がありますので、メリットや注意すべき点などを見ていきましょう。


1R(ワンルーム)


簡単にいうと、1室のみの間取りです。

メインとなる居住空間とキッチンの間にドアなどの仕切りはなく、キッチンも部屋の一部に組み込まれている空間と認識するといいでしょう。

メリットとしてあげられるのは、1Kに比べて賃料が安めに設定されていること。仕切りを作らない分、建築費が割安ということでしょうか。

キッチンが仕切られていないので、家事や身支度などのすべてを一つの空間でまかなうことができます。そして、冷暖房の空調も行きわたりますから、夏は涼しく、冬も暖かい場所で料理をすることができます。

が、これは同時に、調理時の匂いがリビングスペースにも届くということです。

また、ひと続きになっている分、1Kと総面積が同じなら、部屋が広く感じるというメリットもあります。はじめてのひとり暮らしでは、小さな面積のお部屋になることが多いので、少しでものびのび暮らしたいという方におすすめです。


1K(ワンケー)


部屋とキッチン(K)という間取りです。

部屋とキッチンの間にドアなどの仕切りがあり、キッチンが独立した部屋として存在すると認識するとよいでしょう(異なる床材などで独立性を出している物件もあります)。


キッチンとメインのお部屋の間に仕切りがあることで、キッチンの匂いが部屋に届きにくくなります。匂いは布製品などにも付着しやすいので、お洋服やファブリック張りのソファ、お布団などに匂いがつくことも。匂いに敏感な方は、1Kの方がいいかもしれません。

また、はじめてのひとり暮らしサイズのお部屋では、玄関とキッチンがひと続きになっていることがほとんどです。キッチンとメインのお部屋の間に仕切りがあることで、玄関からの外気の影響を軽減し、メインのお部屋の温度を快適にしやすいというメリットがあります。しかし、これは同時にキッチンは夏暑くなりやすく、冬寒くなりやすいということでもあります。


他には、玄関とメインのお部屋の間にドアがあることで、玄関を開けたときに、生活空間が丸見えにならないということもメリットのひとつ。宅配便の配達を受け取る際にも、室内が見えないので安心です。

リストアップした家具を、想像でレイアウトしてみる

持ち物の量を把握して、1Rと1Kの違いも理解したら、自分に必要な面積を探っていきましょう。そのためにお試しいただきたいのが、想像でいろんな間取りに家具をレイアウトして「これくらいの間取りなら、余裕をもって暮らせそう」という感覚を掴むこと。希望の面積を知ることができ、家賃相場も掴みやすくなります。ここで、あまりにもものが多い場合には、引っ越し先に持っていく or 行かないの決断をする必要に迫られることも。持って行ってから入らない! というようなことを未然に防ぎましょう。


はじめてのひとり暮らしとして一般的な20㎡、25㎡、30㎡の3パターンに、どれくらいの家具・家電を配置できるかを想像レイアウトしていきますので、ご自身の持ち物と比べてご覧ください。

※専有面積が20㎡(約12畳)という場合、この面積には、お風呂やトイレなど居室以外のスペースも含まれます。“玄関より内側全て(ベランダは含まない)”と理解すればいいでしょう。


20㎡(約12畳)

  • ゆとりをもって暮らそうと思えば、大きな家具は1つまで。
  • 1Kよりも1Rを選び、仕切りがないことでフレキシブルに使うのがよさそう。
  • 冷蔵庫はキッチン下部に備え付けということが多いので、足りない!という場合は、居室内に設置することに。
  • ものが少ない人だと、問題なく暮らせる広さ。多いと自覚がある人は、もう少し広い部屋をおすすめします。



25㎡(約15畳)

  • 居室にもベッドと大きめの家具をひとつとAVボードを置けるくらいのイメージ。
  • とは言え、実家暮らしが長い人からみると、広々というにはもうひと息といった感じ。レイアウトに工夫をすることで、暮らしやすくなりそうです。
  • バス・トイレ+小さめの洗面台、もしくは洗面台つきのバスとトイレが別になるのは、この辺りの面積から。



30㎡(約18畳)

  • 1人暮らしのお部屋として余裕がある感じ。
  • ダイニング・キッチンと居室が分かれていて、引き戸なら開け放して広々と使うことも。
  • 造りつけの収納も、この辺りの広さから充分な容量に。
  • ベッド、大きめの家具を2つ、小さめの家具を2つくらいなら余裕あるスペースをキープできそう。
  • バス・トイレ別が標準と考えてOK
  • 間取りによっては、ダイニングテーブルも小さめのものなら入れられる(かも)。 



持ちもののサイズを掴むことで、自分の生活のサイズ感を捉えることができるようになります。生活をはじめたら、ものが増えることはいとも簡単に(!)想像できるので、面積や空間に余裕をもってひとり暮らしをはじめたいですね。


はじめての賃貸お部屋探しトップへ


宮下菜歩(soretona)  

最終更新日:2019年09月25日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。