ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
査定価格の高い会社に売却を任せる事に潜むリスク

2015年03月24日

田中 和彦

査定価格の高い会社に売却を任せる事に潜むリスク

不動産査定価格の落とし穴

査定価格の高い会社に売却を任せる事に潜むリスク

画像:アフロ

査定価格の高い会社に売却を任せる事に潜むリスク

不動産を売却するとき、一般的には不動産仲介会社に価格査定を依頼する。多くの人は複数の仲介会社に依頼するであろう。不動産ポータルサイト等では「一括査定依頼」のサービス等があり複数の仲介会社とやり取りをする事無く、査定結果だけを知る事もできる。そして、いろいろな仲介会社に査定してもらい、異なる査定結果を眺めながら何の迷いも無く査定価格の高い仲介会社を選ぶ……。もしそれが正しい選択と考えているのであれば、以下の文章を読んで考え直してほしい。

査定価格の高い仲介会社を選ぶな!?

もしあなたが「買取」をしてもらおうと考えているのであれば、一番高い価格を提示してくれた仲介会社を選べば良い。その仲介会社が一番高く買ってくれるはずだ。だが媒介契約を結んだうえで売ってもらおうと考えているのであれば、安直に「査定価格のいちばん高い仲介会社」に頼まない方が良い。査定価格は「高く売れる」という保証ではなく、「高い価格で売れるはずだ」というその仲介会社の意見でしかない。

「高く売れる」というのはどの仲介会社にだって言う事ができる。語弊を恐れず言えば「言ったもん勝ち」である。もちろん、全くでたらめな価格を提示してくるわけではない。周辺の売出中物件や成約事例を基に価格を決定しているので、ある程度は勝算のある価格を提示している。しかし、それよりも低い査定価格を提示してきた仲介会社も同じ事例等を根拠に査定をしているわけである。だからこそ、大切なのは提示された価格ではなく「なぜその価格が妥当と判断したか」という根拠である。

画像:アフロ


確認したいのはその査定価格にした根拠

というわけで査定価格をみて一喜一憂し、査定価格がいちばん高い仲介会社に任せるというのはよろしくない。他の仲介会社とほとんど同じ事例を根拠とした上で、なぜ一番高い価格を提示できたかという根拠を確認してほしい。その根拠があなたに取って説得力の有るものであれば、その仲介会社に販売を任せてもよいだろうが、いまひとつ説得力に乏しいようであれば考え直した方が良い。その仲介会社があなたの不動産を売却する際に、価格の根拠を聞こうとする購入希望者に対して同じ説明、すなわち説得力に乏しい説明をするわけだ。

また、低い価格を提示した仲介会社に対して、他社の提示した一番高い価格を知らせて意見を聞いてみるのもいい方法だ。きっと「その価格では売却は難しい」「その価格でもチャンスはある」等意見が出るはずだ。査定価格が低いのは、売主の立場からすればマイナス要素に思えるが、「本当に売れる価格」を考えた上で低い価格を提示している場合もある。一概にマイナス要素ともいえない。「査定価格が高い」仲介会社のなかには、媒介を取得する為にわざと高めの査定価格を提示するような会社もある。査定価格が高いという事だけでその会社に任せてしまうと、媒介を取るために高い価格を提示する仲介会社を見抜く事ができない。

手持ちの不動産は高く売れるに越した事はない。だが、高く売り出すのと高く売れるのとは別の話である。仲介会社を決める際は、査定価格も大切だが、その査定価格になった根拠をきちんヒアリングする事によって仲介会社の力量を量る事の方が大切である事をよく覚えておいてほしい。査定価格が高いというだけで仲介会社を選んでしまうと、あとで後悔することになるかもしれない。

最終更新日:2018年08月31日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。