ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
中古住宅の価格はこのようにして決まる!

2015年09月10日

田中 和彦

中古住宅の価格はこのようにして決まる!

中古住宅は値引きしてもらえるか?

中古住宅の価格はこのようにして決まる!

画像:アフロ

中古住宅価格は値引きしてもらえるか?

チラシを片手にふらっと入ったオープンハウス。なかなかいい部屋だ。立地も環境も合格。うん、これに決めよう!とそこで思うのが「売買価格は値引きしてもらえるのか?」だ。

この質問、まずは中古住宅の価格決定プロセス(というほど大層なものではないが……)からみてみよう。事情によっていろいろとバリエーションはあるが、一般的には以下のような流れだ。

1、査定依頼
売主が、不動産仲介会社に査定依頼をする
2、価格査定
仲介会社が、周辺相場や成約事例から価格査定をする
3、価格決定
売主の諸事情を反映し売出し価格を決定する

査定依頼。そのきっかけの多くは、買替えのための売却か、不要になったための売却か、だ。そこで、知り合いや、チラシで見かけたりネットで調べた仲介会社に査定を頼む。依頼を受けた仲介業者は2の価格査定をする。この価格査定では「うまくいけば成約の可能性のある価格」から「すぐに売れそうな価格」までの上限と下限を設ける場合が多い。そして多くの不動産会社が「概ね3ヶ月の販売活動で売却できる価格」を査定価格としている。

そして最後は、価格決定だ。査定価格は査定価格とし、それとは別に売主が最終的に合意した売り出し価格が決定される。売主の「ふところ事情」が勘案されるわけだ。高めに売り出すのも安めに売り出すのも、最後は売主が意思決定する。このプロセスで、どのようにして売買価格が決まったかによって、値引きしてもらえるかどうかが決まる。

画像:アフロ


というわけで「売買価格は値引きしてもらえるか?」に対する答えは「値引きしてもらえる場合が多い。でもその金額は売主の事情に左右される」となる。「いくらで売り出しても値段交渉を持ちかけられるから、高めに設定しておこう。」という人もいれば(そのような人は、結構多い)、「早く売りたいから、ギリギリまで安く設定しておこう。」という人もいる。売主が前者の考えなら値引きしてもらえる可能性は高いし、後者なら値引きしてはもらえない。また、同じ条件同じ価格の住戸でも、決められた期日迄に売らなければ困る売主と売れなければ賃借人を募集して運用しようと考えている売主では、値引きの可能性も変わる。

売主にはそれぞれ事情がある。これらの事を踏まえて上で値引き交渉をすれば幾分納得のいくやり取りができるのではないであろうか?

最終更新日:2018年08月30日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。