ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
>
あなたの街のハザードマップ、どこにあるか知ってる??

2015年09月14日

田中 和彦

あなたの街のハザードマップ、どこにあるか知ってる??

必ず、平時に確認しておきたい!

あなたの街のハザードマップ、どこにあるか知ってる??

画像:アフロ

あなたの街のハザードマップ、みた事ありますか?

先日の台風では、鬼怒川他多くの地域が河川氾濫の被害に遭った。関西の市街地においては、昨年一昨年の桂川の氾濫で嵐山周辺が被害を受けたのが記憶に新しい。日頃はあまり気を払うことがなくても、このような災害が起きた時には「ウチの家は大丈夫かしら?」と気になる。そのような時に、是非とも災害の危険性、災害時の対応を考えておきたい。

そこで確認したいのが「ハザードマップ」。「××川がコレくらいの雨(200年に一度等)でコレくらい氾濫する」と行った内容がMAPに記載されている資料だ。国土交通省が作成する「ハザードマップポータルサイト」では、「洪水」「内水」「高潮」「津波」「土砂災害」「火山」の6つの災害について、国内の全市区町村のハザードマップ公表有無が掲載されている。

近畿地方をみる。火山ハザードマップ。二府四県内のどの市区町村も公表していない。火山被害が想定されていないという事だ。これは納得。高潮ハザードマップ。兵庫県以外は公表無し。播磨町以西の瀬戸内海沿い、並びに、淡路島の全市区町村は公表している。といった具合に「どこの市区町村にどんなハザードマップがあるのか(ないのか)」が一覧にしてわかる。なかなか使えるサイトだ。マップがサイト上に公開されていればリンクがされていて、クリックすれば内容の確認が可能だ。ただしマップへ直接のリンクとなっていないので探す手間が多少かかるが。

ハザードマップは、一様に網羅されているわけではない!

火山や高潮のハザードマップ。ある地域とない地域がある。このような被害の可能性は地域性がありハザードマップの必要が無い都道府県があるのであろう。では洪水ハザードマップは?と思ってみてみると、ん?ところどころに抜けがある。ゲリラ豪雨云々で、昨今これだけ河川等の氾濫が取りざたされているのに洪水ハザードマップが無いというのは火山被害や内陸部の高潮被害同様「洪水は恐らく起きない」ってことか?山林がなく平野部ばかりの大阪市や尼崎市では、土砂災害ハザードマップが公表されていない。そんな感じ?

画像:アフロ


大阪府下の行政区で村と町を除いた市部で洪水ハザードマップを公表していないのは交野市と高石市。本当に無いのか?と思って市のサイトを確認したところ、高石市には洪水ハザードマップが存在。「100年に一回版」「200年に一回版」の2種類が存在。国土交通省さん、キチンとリンクを張ってあげてください。で、交野市のサイトをみると……ない。それっぽいところを探したけど洪水ハザードマップは見当たらず。念のために市役所に電話をして確認したところ「洪水等の水害ハザードマップは市独自のは無い。地震や土砂災害ならあります。」と別のハザードマップを薦められた。いや洪水ハザードマップが欲しいのだが……。

でも交野市にお住まいの方、御心配なく。大阪府のサイトには「大阪府 洪水リスク表示図」として大阪府下エリアの「10年に一度の降雨」「30年に一度の降雨」「100年に一度の降雨」「200年に一度の降雨」時のマップが用意されている。

その多くが国土交通省のサイトから確認できるハザードマップ。しかし、サイト上に公表されておらず紙資料をもらわなければ行けない市区町村もあれば、そもそも作成していない市区町村もある。市区町村レベルでないので、存在しないのかというと都道府県で用意されている場合もある。ハザードマップ、一元化されているようで、されていない。この機会に、あなたの住まいの地域のハザードマップ、その有無と所在、確認しておいてはいかがだろうか?

最終更新日:2015年09月14日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。