ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
不動産管理会社。その「管理」ってどんなことをするの?

2016年01月27日

田中 和彦

不動産管理会社。その「管理」ってどんなことをするの?

使い分けたい4つの「管理」

不動産管理会社。その「管理」ってどんなことをするの?

画像:アフロ

不動産管理会社、「管理」って何??

不動産会社の会社案内や看板、もしくは不動産関連の記事。「不動産管理」という言葉をよく見かける。が、この「不動産管理」、結構様々な意味で使われており「(不動産)管理会社」の行う管理には、以下の4つの「管理」業務がある。

1、賃貸管理
主には入居者関連の管理を行う。具体的には入居者の募集、選定、契約業務を経て家賃の集金、オーナーへの送金、退去時の敷金返還や精算業務、支払いが滞った時の督促やクレーム処理などが業務範疇となる。

2、建物管理
文字通り建物関連の管理を行う。建物清掃、巡回業務、設備の管理や点検や修繕、行政への提出書類の作成などの業務がある。

3、マンション管理
建物管理の中でも、分譲マンションの管理業務をこのように呼ぶ場合がある。建物管理に加え、理事会や総会の運営サポートを行う。

4、不動産管理
1+2の業務を行うことを指す場合と、資産管理を指す場合の2種類がある。後者は、不動産の売買などの機能も担う。個人オーナーが法人に不動産の所有を移し、その会社を「不動産管理会社」と呼ぶ場合がある。

画像:アフロ


上記の「管理」と同じように違いのわかりにくい言葉として「アセットマネジメント(AM)」と「プロパティマネジメント(PM)」がある。アセットマネジメントは、複数の不動産を運営管理で不動産の購入や売却も含む不動産の投資顧問業務であるのに対し、プロパティマネジメントは個々の不動産収益の最大化を図る業務を指すことが多い。

毎月滞りなく賃料を支払っている賃借人が、賃料が滞納されていると保証会社から突然に賃料の求償を求められる、という事例を聞いたことがある。原因は、オーナーチェンジの売買仲介をした賃貸仲介会社の担当者の手違いだったらしい。担当者が、「賃貸管理会社」に提出すべき「支払い先が変更になる旨を賃借人に伝える書面」を「マンション管理会社」に提出していたため、賃借人は旧オーナーに支払い続け、新オーナーには賃料が入金されなかったのだ。

「管理会社」の業務はプロでも間違うことがある。「不動産管理会社」と付き合うときは「何をしているか」ということまで確かめた方が良い。

最終更新日:2018年08月30日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。