ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
懐かしい路面電車のある街 京都で「嵐電」沿線に住むならどの駅...

2019年10月18日

田中 和彦

懐かしい路面電車のある街 京都で「嵐電」沿線に住むならどの駅?

京都市内中心部と嵐山をつなぐ嵐電

懐かしい路面電車のある街 京都で「嵐電」沿線に住むならどの駅?

広隆寺の前を走る嵐電車両

難読駅名の並ぶ超狭域路面電車「嵐電(らんでん)」

嵐電はその営業エリアが京都市、しかもほぼ右京区に限られているという超狭域鉄道。嵐山本線は始発駅である「四条大宮」駅(下京区)と「西院」駅(中京区)を除けば他の11駅は全て右京区内。もう一つの路線、北野線も全9駅中7駅が右京区にある。ちなみに北野線残りの2駅は京都市北区にあるのだが「北野白梅町」駅と「等持院」駅。こちらも歴史的情緒を感じる駅名だ。


そんな嵐電の特徴は、路面電車であること。路面電車とは、道路上に敷かれた軌道を走る電車で、かつては関西でも大阪市内と神戸市内を結び国道2号線を走った阪神国道線や、他にも大阪市電・神戸市電・京都市電などがあったがこれらの路線も今では全て廃業。今、関西では京阪電鉄京津線、阪堺電軌阪堺線等が残るのみだ。


どの路面電車も周辺住民の足として利用されているが、今回紹介する嵐電は観光路線としての色合いが強い。同じ京都の路面電車である京阪電鉄京津線が、京都市営地下鉄に乗り入れ、途中でJR東海道本線新快速が停車する「山科」駅への乗換えができるなど通勤路線としての使い勝手が良いのとは対照的だ。


嵐電も、阪急京都線や京都市営地下鉄との乗り継ぎが可能で、通勤利用も可能。しかし、これから紹介するように駅名からしてその沿線がすこぶる「観光寄り」。では中でも駅名からして存在感のある5駅を紹介しよう。

蚕ノ社駅

木嶋神社鳥居前を走る嵐電車両


「蚕ノ社(かいこのやしろ)」と読む。駅北側方面にある木嶋(このしま)神社は、その境内に養蚕神社があり今でも製糸業者が訪れるという場所で、通称「かいこのやしろ」と呼ばれる。南東側約200mのところに京都市営地下鉄東西線の始発駅「太秦天神川」駅があり、嵐山本線の「嵐電天神川」駅もほぼ同じ位置にある。


大型ショッピングセンター「京都ファミリー」まで徒歩15分、「BBQするならここに寄れ!」と京都在住者にはおなじみの「お肉のスーパー やまむらや」まで徒歩6分。


嵐電沿線に住みたい! と思いつつも「本当は地下鉄沿線の方が便利」という人は、迷わず「蚕ノ社」駅を選ぼう。

太秦広隆寺駅

広隆寺の前を走る嵐電車両


「太秦広隆寺(うずまさこうりゅうじ)」と読む。駅名を見てもわかるように、京都最古の寺院であり国宝指定第一号の弥勒菩薩を所蔵する広隆寺の目の前にある駅。広隆寺の門と電車が重なる姿はなかなか絵になる。また、東映太秦映画村もすぐ近く。


京都イコール「碁盤の目の街並み」のイメージが強いが、当駅周辺は細い街路が入り組んでおり、数件から十件程度のミニ開発戸建てが多い旧市街地の下町エリア。築年数を気にしなければ2000万円未満からでも一戸建てを探すことが可能だ。


低予算で持ち家の欲しい人にはオススメの駅だ。

帷子ノ辻駅

のどかな様子の「帷子ノ辻」駅前


「帷子ノ辻(かたびらのつじ)」と読む。先に紹介した「太秦広隆寺」駅から約800m、徒歩10分程度しか離れていないので周辺の街並みは大きく変わらない。


しかしいくつか特徴がある。まずは嵐電北野線との接続駅であること。北野線を使えば「御室仁和寺」駅、「妙心寺」駅、「龍安寺」駅、「等持院」駅と寺社仏閣好きにはたまらない名前の駅を経て、北野天満宮の最寄駅である「北野白梅町」駅へと路面電車一本でいける。JR山陰本線「太秦」駅が徒歩圏(徒歩3~4分)であり、JR「京都」駅や保津川下りで有名なJR「保津峡」駅、その乗船場があるJR「亀岡」駅まで一直線なのも魅力。また、路面電車の駅にしては珍しく駅ビルがありそこには京都発祥のスーパー「フレスコ」が入るので日々の買い物が便利。


嵐電の2路線が結節するのはこの駅のみ。嵐電を乗り倒したい、そんな人は「帷子ノ辻」駅一択だ。

車折神社駅・鹿王院駅


駅直結の車折神社


「車折神社(くるまざきじんじゃ)」「鹿王院(ろくおういん)」と読む。両駅は直線距離にして400m程しか離れておらず、名前の通り車折神社、鹿王院がすぐ近くにある。


地図を見ればわかるが「太秦広隆寺」駅・「帷子ノ辻」駅周辺に比べるとすっきりとした街区で、車通りの多い三条通からも少し奥まっている静かなエリア。「車折神社」駅北側は「エムジーショップ」、「鹿王院」駅北側には「フレスコ」とそれぞれスーパーがある。


また、このあたりまで進むと10分強で桂川まで歩くことができる。渡月橋も徒歩15分程度。しかし嵐山界隈の喧騒感はない。静かに京都を味わいたい人にはオススメの駅だ。


「車折神社」駅


嵐電は路面電車であり、駅数が多くスピードも遅く、通勤に使うのに便利とは言い難い。とはいえ嵐山本線の「嵐山」駅と「四条大宮」駅、端から端までの所要時間は24分。上記で紹介した中で京都市内中心部に最も遠い「鹿王院」駅でも阪急京都本線快速急行・通勤特急が停車する「西院(さいいん)」駅に隣接する「西院(さい)」駅まで約20分、阪急「梅田」駅までは1時間強だ。10分や20分の違いで便利だ不便だなどと言わず、この路線に住むことを楽しむ。そんな人の期待に応えてくれる路線だと言える。


最終更新日:2019年10月18日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。