ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
最寄り駅の人気・不人気で住む場所を選ぶ(2.中央線方面)

2018年12月06日

ファイナンシャルフィールド

最寄り駅の人気・不人気で住む場所を選ぶ(2.中央線方面)

最寄り駅の人気・不人気で住む場所を選ぶ(2.中央線方面)

新たな場所にマイホームを購入して住むなら、人気のある街に住みたいものです。不動産投資をする場合でも同様です。   どの街が人気なのかを判断するポイントはいろいろありますが、ここでは駅の乗車人員に着目してみました。乗車人員の増減から資産価値のありそうな街、これから値崩れしそうな街等をいろいろ想像してみました。

人気の中野、狙い目は高尾や青梅!?

第1回目の「1.山手線」編に続き、第2回目は「2.中央線方面」として中央線(新宿以西)・青梅線・五日市線の各駅を取り上げます。
 
下記の表は、JR東日本のホームページから駅別の1日平均乗車人員を調べ、路線ごとにまとめたものです。順位は2017年の駅別乗車人員の順位です。
 
乗車人員にどのような変化があったのか確認するため、直近の2017年だけでなく、5年前の2012年と17年前の2000年も載せてあります。
 
なお、ホームページに記載のない駅(無人駅等)やJR東日本以外の駅は調査していません。
※JR東日本の場合、乗車人員は乗車の人員のみで、降車の人員等は含まれていません。

表には中央線の新宿駅から韮崎駅までと、青梅線の西立川駅から奥多摩駅、五日市線の東秋留駅から武蔵五日市駅までの55駅が載っています。
 
場所は東京の多摩地域と山梨県を中心に一部23区が含まれた都心の西側の地域です。
 
乗車人員の変化を見る場合、中央線はオレンジ色の中央快速の主要な終着駅である高尾駅までと、相模湖駅から先に分けてみるとわかりやすいです。
 
高尾までの乗車人員は、2000年との比較でも5年前との比較でも、22駅中20駅で増えています。減ったのは2000年比では国立駅と高尾駅、2012年比では日野駅と高尾駅だけです。
 
高尾は17年間で13.1%も減っていて、他の駅とは大きな差があります。始発駅としては魅力的ですが、築年数の経った団地等からの転出が多そうです。
 
増えた駅の中では西国分寺駅と中野駅の増加率が大きいです。どちらも駅前で大規模な再開発が行われ、オフィスやマンションの人が新たに乗車するようになったことも影響しているのでしょう。
 
高尾駅より先では増減の駅が分かれています。甲府駅に近い駅は比較的堅調ですが、相模湖駅から山梨市駅までの間は、軒並み減少しています。特に相模湖駅は2000年に比べて32.4%も減っています。
 
昔に比べて都心へ通勤する人が大きく減っているのではないでしょうか。
 
青梅線と五日市線の各駅も増減の駅が分かれています。都心から遠い駅は減少傾向にあり、2000年と比べると青梅線は小作駅より先、五日市線は全駅で減っています(統計のない駅は除く)。特に青梅駅(15.7%減)と武蔵増戸駅(18.8%減)が下げています。
 
どちらも自然が多く住みやすそうな場所ですが、都心に通勤通学するには少し遠い距離が敬遠されているのでしょう。
 
乗車人員が減っている駅の街では、不動産の価格も下がる傾向にあります。特に都心から少し距離のある相模湖・青梅・武蔵増戸周辺では、手頃な価格帯の中古物件を多く見かけます。
 
人口減少時代、資産価値としてはあまり期待できず都心への通勤通学も大変ですが、マンションより戸建てを希望する人は、これらの地域でのびのび生活してみるのも良いかも知れません。
 
 
Text:松浦 建二(まつうら けんじ)
CFP(R)認定者

最終更新日:2018年12月06日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。