ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
「住民票」って、必ず移さなきゃだめ?平日、時間がとれないとき...

2018年01月19日

グッドルーム

「住民票」って、必ず移さなきゃだめ?平日、時間がとれないときはどうしたらいい?

「住民票」って、必ず移さなきゃだめ?平日、時間がとれないときはどうしたらいい?

Q. 「住民票」って、必ず移さなきゃだめですか?

今度、ひとり暮らしを始めるつもりです。 引越しの手続きをいろいろ調べていたんですが、「住民票」って、必ずうつさないとダメですか?友達には、住民票をそのまま実家のままにしている人も多いんですが。平日に区役所に行く時間がとれなくて、どうしようかと思っています。

A. 法律で決められていて、罰金もあります。あとから困らないように住民票取得と同時に手続きを行っておくのが吉。郵送でも、休日窓口でも対応ができます。

転出届、転入届は法律で義務として定められていて、守らなかった場合に5万円以下の過料(罰金)もあります。 いずれにせよ、賃貸契約には現住所の「住民票の写し(原本)」が必要なことがほとんどで、市区町村役場まで1度は必ず行かなくてはなりません。あとから困らないように、あわせて手続きしておきましょう。 平日にどうしても時間がとれない場合、郵送での手続きや休日窓口を利用することもできますよ。

住民票を移さないと困ること

困ることは大きく分けると2つ。 住んでいる地域の公共サービスが受けられないのはもちろん、手続きをいちいち旧住所地でやらないといけないことになり、とくに遠方へのお引越しの場合は、余計な交通費や郵送費がかかってしまうことになりそう。

地域の公共サービスを受けられない、選挙に参加できない

・ 図書館やスポーツセンターなど、公共施設の利用ができなかったり、割引がなくなります
・ 新しく住んでいる地域で選挙に参加できません

いろんな手続きを旧住所地でやらないといけない

・ 運転免許証の更新
・ 住民票、印鑑証明書などの各種証明書類の取得
・ 確定申告

住民票の移し方

1) 引越しをする「前」 (引越し日の14日前~引越し日から14日以内)

現在住んでいる市区町村へ、「転出届」を提出
→ 新しい部屋の賃貸契約で必要になるので、現住所の「住民票の写し」をあわせて取得しておきましょう

2) 引越しをした「後」 (引越し日から14日以内)

「転出証明書」をもって、引越し先の市区町村へ。「転入届」を提出
→ ここでも、いろいろな住所変更手続き用に引越し先の「住民票の写し」を何枚か取得しておきましょう
→ あわせて、マイナンバーカードまたは通知カードの住所変更もしておきましょう

持ち物(どちらの場合も必須です)

・ 身分証明書(運転免許証など。現住所のもので大丈夫)
・ 認印
・ マイナンバーカードまたはマイナンバー通知カード
・ 国民健康保険証 (加入している方。社会保険の場合は必要なし)

平日に時間がとれないひとは、郵送や、休日窓口を活用して

転出届の提出は、郵送でも大丈夫です。また、委任状を用意する必要がありますが、代理人に行ってもらうこともできます。市区町村によっては、土日の窓口を設けている場合もあります。 まずはウェブサイトで、それぞれの市区町村のルールを早めに確認してみましょう。

マイナンバーカードを持っている人は、転出届の提出が不要になり、コンビニで住民票の発行もできます。 まだ持っていない人は、今後に備えて、あわせて発行の手続きもしておくと便利かも。

そのほか、住所を変更したらやっておくべきことリスト

・ マイナンバーカード・通知カードの住所変更 → 転入届と同時に、市区町村役場で
・ 運転免許証の住所変更 →住民票の写しを持って警察署、または免許センターへ
・ 郵便物への転居届 → 郵便局、ネットでもOK
・ 銀行、クレジットカード、携帯電話などの住所変更 → ネットでもできることもあり

最終更新日:2018年08月30日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。