ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
おしゃれな部屋は、家賃が高くて住むのは無理?

2018年03月12日

グッドルーム

おしゃれな部屋は、家賃が高くて住むのは無理?

おしゃれな部屋は、家賃が高くて住むのは無理?

Q. カフェみたいなおしゃれな部屋に住みたいけど、家賃が高くて悩んでいます

ふたり暮らしなのですが、ある程度広さがあって、カフェのようなおしゃれなお部屋に住みたいのですが、物件はどこも高くて悩んでいます。解決方法はあるでしょうか?

A. 上を見ればキリがないので、自分がどこに一番不満を感じているかを明確にしましょう

おしゃれなお部屋を見ているとワクワクしてきますが、実際に住む段階となると、家賃が高くてとても選べない……となることって、ありますよね。外観もかっこよくて、キッチンがかわいくて、お風呂も、トイレも可愛くて……と、すべてを満足させようとすると、とてもじゃないけどお金はいくらあっても足りません。

そういうときは、「自分が、いま住んでいる部屋の内装で、どこに一番不満があるのか」「どこがイケてないと感じるのか」を明確にしてみましょう。

私の場合は、

・ 蛍光灯の照明
・ クッションフロアの床
・ 建具の「木目調」

この3つがすごく嫌で、以前は自分で手を加え、改造して住んでいました。 ただ、もともとがおしゃれではない部屋を改造して住むのも、それはそれでお金も時間もかかります(床材は特に高くて、10万円ぐらいかかりました)。 賃貸だと、手を加えられる範囲も方法も限られているし、結局、引っ越しのときに剥がした床材はダメになってしまったりしたので、ちゃんと初めからデザインされている、整った内装の部屋に住むのも、損ではないんだな、と思いました。

いまでは、自分が出せる範囲の家賃のなかで、上の3点を最低限クリアする物件を探しています。

おすすめは、リノベーション賃貸

私が今住んでいるのは、リノベーション賃貸「TOMOS(トモス)」のお部屋です。私が不満に思っていた要素も、見事に叶えてくれました。

・ ライティングレールで照明が変えられる ・ 無垢のフローリング ・ キッチンも含めて、建具は全部、真っ白

たとえば現在募集中のこちらのお部屋は、柿生駅徒歩6分、1LDK 50.04㎡で、8.5万円。2人暮らしなら少し広いぐらいのスペースがあります。

おしゃれでかっこいいアイランドキッチンではないけれど、真っ白でシンプルなデザインのキッチンに、作業のしやすい広いカウンターがついています。これ、いいな。

床が無垢のフローリングで、素材感が良いのでどんな家具をおいてもおしゃれにみせてくれるのがポイント。建具もすべて真っ白なので、インテリアの邪魔をしません。なかなか、よくないですか?(この部屋の詳細はこちら)

リノベーション賃貸は、建物の築年数が経っている分、新築よりお得に住めます。 もちろんトイレや玄関のドアの低さだったり、あちこち「古いな」と思う箇所はいろいろありますが、そういう部分も「味」に感じられるもの。あらゆる部分が最新式で、完璧にデザインされている新築のデザイナーズより、「自分にぴったり」が見つけやすいのが、リノベーション賃貸なのかな、と思います。

ぜひ、「自分に合う」リノベーション賃貸を見つけてみてください。

最終更新日:2018年08月30日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。