ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
1DKは、ふたり暮らしには狭いですか? 1DKと1LDKの違...

2019年02月27日

グッドルーム

1DKは、ふたり暮らしには狭いですか? 1DKと1LDKの違いを教えてください

1DKは、ふたり暮らしには狭いですか? 1DKと1LDKの違いを教えてください

Q. 1DKは、ふたり暮らしには狭いでしょうか?

今度、同棲をスタートするのですが、ふたり暮らしの間取りで迷っています。 1DKは、やっぱりふたり暮らしには狭いでしょうか? 1DKと1LDKの違いを教えてください。

A. ダイニングテーブル、ソファをどちらも置きたいなら「1LDK」、どちらかひとつでよいなら「1DK」。ただし、1DKはひとり暮らし向けの間取りが多いです

1DK=4.5畳以上のダイニングキッチンひとつ

「1DK」はベッドルームひとつと、「4.5畳以上」のダイニングキッチンがひとつ。 ダイニングテーブルをひとつ置くのにちょうど良いサイズです。

ベッドとダイニングテーブルひとつを置いたスタイル

ダイニングテーブルを置かずに、ソファ&ローテーブルにするスタイル。

1DKはベッドルームや収納のサイズに注意

1DKのお部屋は、広さ30㎡~35㎡ぐらい、最近だとふたり暮らしというよりはゆったりめのひとり暮らし向けで考えられていることが多いです。 そうすると、ベッドルームに入るのはシングルベッドひとつだけ、ということも。また、収納の量もひとり分しかないこともあります。 ふたり暮らしとしては、少しコンパクトな間取りになるので、ふたりが置きたい家具や、荷物の量を吟味して決めた方が良いですね。

1LDK=8畳以上のリビング・ダイニング・キッチンひとつ

「1LDK」はベッドルームひとつと、「8畳以上」のリビング・ダイニング・キッチンがひとつ。 こちらは、ダイニングテーブル、ソファ、両方を置ける広さです。

窓に対して「縦長」LDKの家具配置例

窓に対して「横長」リビングの家具配置例

ふたりにとって適度な距離感を考えて選びましょう

ひとりはソファで寛いで、ひとりはダイニングテーブルでちょっと仕事。なんて、同じ部屋にいても適度な距離感ができる「1LDK」がふたり暮らしにはやはりオススメ。 いつも隣同士、一緒にいてもちっとも気にならないなら、1DKでもOK。 その場合は、ダイニングとしても、リラックススペースとしても使える家具をうまく選びたいですね。

最終更新日:2019年02月27日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。