ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
都会からの移住者の多い街。茅ケ崎で新たな一歩を踏み出してみま...

2019年10月29日

グッドルーム

都会からの移住者の多い街。茅ケ崎で新たな一歩を踏み出してみませんか。

都会からの移住者の多い街。茅ケ崎で新たな一歩を踏み出してみませんか。

住んで本当に良かった街を紹介する連載。24回目にご紹介するのは、東海道本線の走る街「茅ケ崎」です。

茅ケ崎は東海道本線で東京駅から約1時間。新宿駅からも湘南新宿ラインで約1時間という距離の場所にあります。都心へのアクセスも十分できる距離であるため、都会から移住をして海沿いの暮らしを愉しみたいという人も近年増加傾向にあるようです。

海沿いの街での生活に憧れがあるとはいっても、神奈川県の沿岸部には茅ケ崎駅だけではなく、藤沢、江ノ島、鎌倉、逗子……といった様々な駅があるなかで、茅ケ崎でできる暮らしとはどんなものなのか。

その人気の秘密を探りに、街あるき、スタートです。

あの人気ミュージシャンの名前を冠した、メインストリート

茅ケ崎に降り立つと電車のホームから聞こえてきたのは、あの人気ミュージシャン「サザンオールスターズ」の「希望の轍(わだち)」。メロディを聞いているだけで、これからここで始まる新しい生活にワクワクしてくるような気持ちがします。

そう、ご存知の方も多いでしょうが、この茅ケ崎という街はサザンオールスターズのボーカル、桑田佳祐さんの出身地。市民からの熱い要望もあり、2014年から駅ホームの発着メロディにこの曲が採用されたようです。

サザンオールスターズだけではなく、加山雄三さんも茅ケ崎育ちの有名人の一人。そのため、駅南口から海までをつなぐ通りには、こうした有名人の名前がつけられたものがいくつかあるんです。(茅ケ崎駅は北口と南口があり、北口は大きな商業施設や銀行の支店などが多数あり、南口には海や、飲食店、個人経営の店が多い印象。今回は南口を中心にご紹介していきます!)

南口の通りのうち、「雄三通り」は、茅ケ崎のメインストリート。スーパーや、雑貨屋、居酒屋などが多数あり、車通りも多く、バスも頻繁に行き来しています。茅ケ崎で生活をしていく上で欠かせない通りといえるでしょう。

もうひとつ、「高砂通り」という通りは、古くは別荘地として栄え、現在は美術館や図書館、庭園があったりするなどして、茅ケ崎の文教エリアとしてその雰囲気を今もなお残しています。

茅ケ崎市立図書館の本館。緑もあって静かなエリア。読書や勉強がはかどりそうです。

サザンオールスターズのライブも行われるという茅ケ崎公園もこの通り沿いにあり、野球場やテニスコートなどができる広大な敷地の施設もあります。

通りが一本変わるだけで景色がガラッと変わる街は面白いですね。いろんな通りを歩きながら散歩をするのも、面白そうです。

やっぱりあるある、茅ケ崎のコミュニティが醸成される店

海沿いの街に来ると感じる、独特のコミュニティ文化。

「コミュニティ」といってしまうと仰々しく考えてしまいがちですが、都心にいるときにはあまり感じられない「人と人とのつながり」を感じられるのは、この海沿いの街の特徴といってもいいと思うのです。

茅ケ崎も例外ではありませんよ。3つほど、素敵なお店をご紹介します。

まず初めにご紹介したいのが、駅直結の商業施設「ラスカ茅ケ崎」5階のセレクトショップ「EQUIP PLAS」。

駅直結の商業施設「ラスカ茅ケ崎」。都内でも人気のショップが多数入っています。

元々雄三通りでカフェを営んでいたオーナーが、ラスカ茅ケ崎の増設を機に4年前に移転。茅ケ崎での海暮らしを愉しむ方々に向けて、サーフファッションや、ライフスタイル雑貨などの販売も合わせてしています。

アウトドアグッズも豊富にありますよ。

まさに「こんなファッションをして暮らしてみたい」「こんな雑貨が部屋にあったらきっともっと生活が楽しくなりそう!」と想像が膨らむものばかり。

さらにこちらでは、カフェスタンドも併設している、珍しいタイプのお店。本格派のラテアートやコーヒーを堪能しながら、お店の方と談笑してみるといいかもしれません。

暮らしの相談から、波乗りのアドバイス、もちろんファッションやコーディネートの提案まで。ついつい何でも相談したくなります。普段は10代から70代くらいまでのサーファーが通っているようです。

こうした商業施設で顔なじみができる、というのは稀ですが、ここならそんな気軽なコミュニケーションを愉しむことができそうです。

次にご紹介したいのは、雄三通りに店舗を構える器屋「日日器(ひびき)」。

元々器が好きだったという店主の南さんが、同じ場所で25年ほど器屋をやっていた方がお店を閉められるというタイミングで、引き継いで運営されているようです。

焼き物は北海道から九州まで、様々な地域のものが並んでいて、価格もとってもリーズナブル。中には茅ケ崎出身の作家さんの商品もありました。海の色を連想させる、淡いブルーが印象的です。

茅ケ崎は自宅に人を招く、ホームパーティ文化が当たり前のようで、「せっかくだったら少しテンションの上がる器を日々の生活で使いたい」という方も多いといいます。

こちらも若い女性の方から、ファミリーまで、幅広い年代の方が訪れるといい、中には奥様へのプレゼントとして買いに来てくださる男性の方もいらっしゃるよう。地元のお店にも使っていただいているといいます。

気さくで明るい店主との会話もきっと弾むはず。茅ケ崎に来たらぜひ一度足を運んでみてください。

3つ目は、チーズケーキが人気のカフェ「THE CIRCUS」。

高砂通り沿いにある「たかすなヴィレッジ」という、リノベーションされたファミリー向けのマンションの敷地内にあり、ちょうどオープンから1年が経ったところだそう。

店内はおしゃれでセンスの良い内装で、落ち着いた時間を過ごすことができます。

カウンター席や、テーブル席があるほか、小さなお子様連れでも楽しんでもらえるようにと、座敷席も設けられています。普段は近所の方でにぎわっているようです。

中でも人気のチーズケーキがディナータイムでも味わえるというのもうれしいところ。甘すぎない、チーズの深い味わいが愉しめます。

23時まで開いているということで、飲んだ帰りや仕事帰りにホッと一息つきたい時に立ち寄りたい場所なんです。

ホールでお持ち帰りもできます。ホームパーティの手土産にも良さそう!

シェフの脇田さん。宴会用のコース料理も、厳選された食材を使ったこだわりよう!

またこのカフェの前にある広場でも、定期的にイベントも行われているようですよ。地域の方との交流にもぜひ。

ほかにも、茅ケ崎はお祭りや花火大会などのイベントも年中豊富にあるようです。地域の方が、地域の方のために手を取り合って、大人から子どもまで楽しめる場所を作るということが、文化として根付いているのかもしれませんね。

何があっても海が味方をしてくれる

ここまで来たなら、やっぱり海のほうまで行かないと。そんなわけで訪れたのが、茅ケ崎の海岸沿い。以前ご紹介した鵠沼海岸(リンク)と比べて駅からは少し遠く、歩いて大体25分ほど。このあたりは自転車で生活する方が多いということなので、大体10分ほどで着けるでしょうか。

サーファーの方は若干少ないということで、鵠沼海岸と比べると落ち着いた雰囲気の海が印象的でした。犬の散歩コースにしている方や、缶コーヒー片手にぼーっとただ海を眺める女性。海が人々の日常にある風景を感じることができました。

やっぱり自然の力って雄大ですね。何があったとしても、またもう一度頑張ろうと思えるような。そんな酸いも甘いも全部飲み込んでくれる、温かさをこの海から感じました。

海沿いにある「サザンビーチカフェ」は雰囲気も良い感じ。

デートや散歩ついでに訪れるといいですね。

肉厚の生ハム盛りはちょっと小腹が空いたときにもペロっとたいらげられます。


都心までのアクセスも良く、飲食店も豊富で生活のしやすい街、茅ケ崎。それでいて昔ながらの人と人の距離が近い文化も残っている街でもあります。

いきなり引越しをしてくるのは難しいかもしれないけれど、一度サーフィンやSUPなどのマリンスポーツの体験をしながら、この街の居酒屋で飲んで、隣の人と談笑してみてください。都会からの移住者も多いこの街ではきっと、みんなが温かく迎えてくれるはず。

徐々に知り合いができてきたら、勇気を出して一歩を踏み出してもいいかも。きっと今よりもっと楽しい生活があなたを待っています。

夜もとっぷりふけた茅ケ崎駅前。自分のお気に入りのお店を見つけに、ぜひ足を運んでみてくださいね。

茅ケ崎駅の住み心地って?

実際に茅ケ崎駅に住んだことのある人に、聞いてみました!

・駅を降りたら南側に海岸があります。徒歩圏内ですが、バスでも行けます。潮風を感じながら、必要なものも商店街で揃うので便利です。

・駅から出て徒歩5分圏内にスーパーがある為、食材の買い物等、遠出して帰ってからでも スムーズに行くことができます。

・北口側駅近くはイトーヨーカドー、イオンなど大きなスーパーがありますが、南口はそういったお店がありません。

・何より歩いて海に行ける立地!!夏にはお祭り、花火とイベントもたくさん。線路を北側には山を切り開いた里山公園もあるので 海、山と両方楽しめる。比較的夏は涼しく、冬は暖かい地域なので過ごしやすい。子供も多い印象。

 

最終更新日:2019年10月29日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。