ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
動きだす前に知っておきたい!ガレージハウスのポイント

2015年04月03日

住スタイルTOKYO

動きだす前に知っておきたい!ガレージハウスのポイント

朝日 住まいづくりフェア

動きだす前に知っておきたい!ガレージハウスのポイント

クルマ好きを中心に憧れを持つ人が増えているガレージハウス。
「クルマは何台入れる?」「どれを優先させる?」などなど、夢が膨らむ家づくりですが、人生でそう何度もない大きな買い物ですから、できるだけ悔いは残したくないもの。
前回に引き続き、今回はガレージハウスならではの気を付けたいポイントや土地選びについてご紹介。


どんな土地が適している?

ガレージハウスに適したとなると、やはり入れたいクルマにマッチした場所であることが望ましいです。奥は広いが入り口部分が狭まっていれば大型車の出し入れが大変、車高の低いクルマであれば高低差に気を遣う、といった具合に、せっかくのガレージライフがストレスにならない土地を選びたいところです。
とは言え、建築担当者に相談すると、一見するとデメリットに思えるポイントも、思わぬアイデアや発想の転換によってメリットに変えてくれることもあり、既成概念にとらわれすぎないことも大切です。これだと思う土地が見つかったら、担当者とともに、愛車で見に行ってみることをお勧めします。



ガレージならではの注意点は?

その1 ガレージのサイズはゆとりを持って
趣味のガレージは単にクルマが入ればいいというものではありません。快適に出し入れができて、さらにメンテナンスなどの作業スペースが必要という場合もあります。また、取材先でお話を伺うと、タイヤや工具、コレクションアイテムなど、どうしても収めるものは増えていく傾向にあるようです。そう考えた場合、左右はクルマのドアを最大限開いた状態で壁に当たらず、さらに人が通り抜けられるスペース、前後もシャッターを閉めた状態で最低限人がひとり立てる余裕が望ましいでしょう。天地は最低でも2m、ゆとりがあるのなら2m20cmは確保したいところです。ただ、この2mは天井までの実寸であり、オーバードアなど開閉時にドア板が収まるスペース、照明の出っ張りなども考慮しつつ、天地サイズを検討しましょう。ドアを開けるスペースが確保できないため、ガラス戸を設けるなどの工夫している例もあります。



その2.床の水はけ、油汚れ対策
「洗車をしたい」「簡単なメンテナンスは自分で」という希望を持ってガレージを作る人も多いはず。であれば、確認しておきたいポイントがいくつかあります。まずは、水が外へ流れるよう床に傾斜をつけることです。目安は1mにつき1cmアップですが、アプローチの角度、車高によっても変わってくるので、注意が必要です。
また、床の素材や仕上げは、コンクリートの上に厚い塗装膜を塗るのが一般的ですが、これはコンクリートの粉が舞うのを防ぐ役目があるとともに、油汚れを防止する目的もあります。ほかにタイルやレンガ、石、木材なども考えられますが、収める車輌の重量に耐えられるよう、耐荷重値などを事前に確認しておきましょう。施工時にコンクリートの下に防湿シートを敷くのも、大敵である湿気から愛車を守る有効な手段です。



その3.埃、排気ガスを換気扇で逃がす
あると便利というよりも、ガレージになくてはならないのが換気扇です。旧車であれば暖機運転も必要ですし、なにより空気を循環させることでガレージ内の湿気、埃の堆積を防ぐことができます。常時運転させておくならお風呂やトイレ用の径の小さいものでもいいですが、可能な限り大きなファンをつけた方が即効性は高いでしょう。埃対策に力を入れるのであれば、空気の出入り口をそれぞれ設けることも有効なようです。実際、排気用に通常の換気扇、吸気用には裏表を逆にした換気扇をつけている例もあります。排ガス対策の究極は、マニア御用達のダクトシステムでしょう。



ここで紹介したポイントは、基本的なものばかりですが、外観の雰囲気を決めるドアや壁、タイヤや替えパーツの収納方法など、ホビーライフを充実させるために、一般の住宅とは少し違うポイントがあるのもガレージハウスの特徴かもしれません。とは言え、「こんな風に暮らしたい!」という思いを形にするのが家づくり。まずは「ガレージの中でなにをしたいのか」、そのイメージを固めることが大切です。


文章・写真:株式会社ネコ・パブリッシング

株式会社ネコ・パブリッシングが発行する雑誌「GarageLife(ガレージライフ)」は、全国各地の個性的なガレージ実例をご紹介しているほか、建材の特徴やDIYのノウハウ、関連アイテムの紹介など、ガレージ建築を夢見る方をサポートしています。また、ビルトインガレージをメインとした「ガレージのある家」も発行しています。
株式会社ネコ・パブリッシングは、朝日 住まいづくりフェア2015の会場にて、バックナンバーを含む本や関連グッズの販売を実施します。毎回ご好評をいただいている会場特価での販売もありますので、ぜひお立ち寄りください。
http://www.housingworld.jp/


最終更新日:2018年08月30日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。