ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
いろは歌で学ぶ「競売不動産」

2016年04月07日

住スタイルTOKYO

いろは歌で学ぶ「競売不動産」

住スタイルTOKYO

いろは歌で学ぶ「競売不動産」

写真:アフロ

「競売」への初めの一歩

皆様、こんにちは。競売不動産のご紹介も2回目になります。前回は「お宝ザクザク競売不動産」というテーマでお話させていただきました。今回は、実際に競売への参加や注意点などを「いろは歌」でご紹介いたします。

入札って裁判所に行かないと出来ないの?競売のペナルティって何?

「いろ」⇒毎回のことながら、競売には色々な物件が出品されます。土地、建物はもちろん沼や無人島までバラエティ豊かで選び放題、無人島を購入して島の主になるのも夢じゃないかも??

「は」⇒全国各地端から端まで物件が出品されます。入札に際しては郵送(信書便)も可能なので、東京に住みながら、石垣島の物件に入札出来るという便利さも(入札締切日に注意しましょう)。

「に」⇒これは債務者よりの話になりますが「任意売却(以下、任売)」と「競売」を並行して考えてみましょう。任売で高く売却できればそれに越したことはありませんが、売却スケジュールがタイトだったり、売れたとしても残債を払う必要性も生じます。競売は競売開始決定から約1年間住み続けることが出来るのでその間に新たなライフプランを考えることも可能です。

「ほ」⇒かつてダーティーなイメージが強かった競売市場、今や法改正で誰もが参加できる安全な市場になりました。また、国が主宰するという点でも一番公平で透明な市場なのです。
もう一つの「ほ」も覚えておきましょう。競売に入札する際にはあらかじめ保証金(通常は売却基準価額の2割といわれます)を納める必要があります。これはローンを組む際の「頭金」に該当すると考えてみてはいかがしょう。頭金を2割入れているので住宅ローンを組むことを考えても担保割れはしませんし、フルローンで借りても市場より2~3割安く入手しているので、万が一、物件が気に入らなくて売却しようという場合、購入時より高く売ることも可能です。

「へ」ペナルティで覚えておきましょう。先程「保証金」が出てきましたが、落札できて残代金を払わないと納めた保証金は没収され、さらに同物件が再出品された時の入札には参加出来ません、一種の制裁です。代金納付しない時に「保証金を流す」と言われています。保証金が多額の場合は保証金流しはあまりないかと思いますが、売却基準価額10,000円で保証金2,000円という場合は多々見受けられます。例えば、落札したものの多額の滞納金を払わなければならなくなったとか、入札額を1桁間違えた、なんて時にあるようです。

「と」⇒最後に「と」といえば皆様も興味がある「投資」ですね。不動産投資で儲ける王道は、「不動産を少しでも安く買うこと」です。そこで、市場より安く購入できる競売不動産を選択肢のひとつに加えてみて下さい。不動産競売流通協会(FKR)でまとめているデータによると落札価額に滞納金やリフォーム代を計上した価額と業者が再販する価額には15~35%位の開きがあります。例えば、落札価額+滞納額+リフォーム代込2,000万円で済んだものが、市場では2,500万円で販売されている、とかね。500万円も得しちゃった!500万円で投資物件買おう!というのも可能なのです。



「競売不動産」を購入する為の最低限必要なこと

最後に競売不動産を購入する為の最低限必要なことを3つ上げさせていただきます。
・3点セットといわれる裁判所資料(「物件明細書」「現況調査報告書」「評価書」)を正確に理解する
・現地調査で物件の素性、占有状況など確認する
・物件そのものの価値(時価)を算出する
競売物件「難しそうだな」「面倒そうだな」と思った時には不動産の専門家に相談してみましょう。


文・写真:(一社)不動産競売流通協会


住スタイルTOKYO事務局より補足です。

(一社)不動産競売流通協会は、不動産競売流通を業務の中心とする全国の不動産業者様が加盟する協会です。全国の不動産競売物件情報の分析と情報交換事業を行い、不動産競売流通市場を円滑化させ、健全で明るく豊かな住環境づくりを目指しています。協会が運営する全国の競売不動産を扱うサイトが「981.jp」です。

「住スタイルTOKYO2016」では4回目となる「競売パビリオン」を全国10社の会員様とともに出展、パビリオンブース内では競売ミニセミナーを開催します。

この機会にぜひ、会場に足を運んで頂ければ幸いです。

http://www.housingworld.jp/


最終更新日:2018年08月31日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。