ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
額縁と有孔ボードで壁掛けディスプレイ【DIYリメイク術】

2017年10月05日

クエストルーム

額縁と有孔ボードで壁掛けディスプレイ【DIYリメイク術】

品川宿「ハレルヤ工房」からお届け

額縁と有孔ボードで壁掛けディスプレイ【DIYリメイク術】

壁を彩るレトロモダンなディスプレイ収納作りにチャレンジ!

鍵・アクセサリーなどの小物類やポストカードなど、まとめて収納する時、どこに置こうか迷ってしまう時ありませんか? ボックスや棚のなかにしまうのはもったいないし、せっかくならインテリアとしても飾りたい! という方も多いはず。

ということで、今回は有孔ボードという予め穴が開けられているボードと額縁を使って、便利な壁掛けディスプレイ収納作りに挑戦。有孔ボードの好きな位置の穴にねじ式の取っ手を付けたり、細い丸棒を刺して見せる収納にしますよ!


今回の作例のために用意した材料。


<材料>

●本体

  • 有孔ボード(縦500×横350mm・穴の直径5mm)…1つ
  • 額縁(縦400×横320mm・6号)…1つ
  • 丸棒(細)(幅5×長さ900×厚さ5mm)…1つ
  • 加工材(L字型、長さ900mm)…1つ
  • ラッピングペーパー…1枚

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●必要な工具など

  • 電動ドリルドライバー
  • 木工用接着剤
  • カッター
  • ノコギリ
  • スプレーのり
  • カナヅチ
  • 目打ち
  • ハケ
  • 使い捨てコップ(接着剤を入れるもの)


今回使用する有孔ボードは、額縁に合わせて縦500×横350mm サイズをホームセンターで購入。額縁は縦400×横320mmの6号と呼ばれるサイズで、こちらは画材店などで購入できますが、蚤の市で探せばヴィンテージ感のあるものに出会えることもあるのでおすすめです。ほか、有孔ボードにはめ込む加工材2つ、L字型と丸棒(細)もホームセンターで購入可能。有孔ボードには、飾り付けとしてラッピングペーパーを貼り付けます。

「ラッピングペーパーは文房具店や画材店、100均で見つかりますよ。柄ひとつ違うだけで、仕上がりの印象がぐっと変わりますので好みのものを探してみてください」(玉井さん)

では、早速作業工程を見ていきましょう。

1:額縁に合わせて有孔ボードを加工する 


まず、額縁のなかに入っているアクリル板を取り出します(写真左)。

次に、ボードの大きさを決めるため、そのアクリル板を有孔ボードの上に載せてえんぴつで線を引いていきます(写真中央)。ノコギリでカットする際に有孔ボードの穴が中途半端に切れてしまわないよう、穴の位置を確認しながら線を引きましょう!

「今回使用している有孔ボードの穴と穴の間隔は約30mmでしたが、有孔ボードの穴の大きさや間隔はまちまちなので、購入する際は穴の大きさや間隔もイメージに合っているか確認するようにしてください」(玉井さん)


線を引き終わったら、有孔ボードをノコギリでカットしていきます(写真右)。

2:ラッピングペーパーを有孔ボードに貼り付ける


続いて、カットした有孔ボードにラッピングペーパーを貼り付けます。

まず、使い捨てコップに木工用接着剤と水を5:5の割合で混ぜたものを用意し、それをハケで有孔ボードに塗っていきます(写真左)。

「接着剤はそのままだと強力でやり直しがききません。少し歪んで貼ってしまったりした時に、一度剥がして調整したりできるように水と混ぜたものを使用してください」(玉井さん)

塗る作業をする時は、作業台がベタついてしまうので新聞紙などを敷いて行いましょう。

さて、接着剤をまんべんなく塗り終わったら、ラッピングペーパーを有孔ボードに貼り付けます。ラッピングペーパーはきちっとカットしてしまわず、少し余裕をもたせて貼り付けるのがコツです(写真中央)。

「ラッピングペーパーは、貼ったあとにカットした方がサイズがピッタリ仕上がり失敗しません。また、余裕のある大きさで貼り付け作業をすれば、柄の位置合わせもできるのでおすすめですよ」(玉井さん)


ラッピングペーパーを貼り付けたら、有孔ボードを裏返して余分なラッピングペーパーをカットしていきます(写真右)。

3:ラッピングペーパーに穴を開ける


ラッピングペーパーを貼り付けてカットしたら、今度は穴あけです。

まず、有孔ボードの穴の位置を、目打ち作業がやりやすいように少し指先で押しておきます(写真左)。

そして、接着剤が半乾きくらい(だいたい2~3分)になったら、目打ちで1つずつ穴を開けていきます(写真中央)。


「まだ接着剤が乾いていない状態で穴開けをするとペーパーがよれたり、逆に完全に乾ききってしまうと穴の縁にペーパーが接着しなくなって浮いたりしてしまうので、半乾きで作業するのがポイントです」(玉井さん)


目打ちですべての穴を開け終えたら、額縁にはめ込みます(写真右)。

4:有孔ボードに取り付ける飾り棚を加工


最後に、有孔ボードに取り付ける飾り棚を作ります。

ホームセンターで購入したL字型の加工材を今回は150mmにカット(写真左)。

「これはポストカードのサイズを基準にしましたが、額縁のなかに収まる長さであれば飾りたいものによって好きな長さにカットしてOKです」(玉井さん)


カットしたL字型加工材に、ボードの穴の間隔に合うようえんぴつで2ヵ所印を付けます(写真中央)。

印を付けたところに、ドリルで5mmほど穴を開けていきます(写真右)。

5:飾り棚を有孔ボードに取り付ける


L字型加工材への穴開けが終わったら、さらに有孔ボードに取り付けるための一工夫。

丸棒(細)幅5×長さ900×厚さ5mmを長さ30mmにカット(写真左)。

そのカットした丸材(細)を木殺し(カナヅチで先端を叩いて軽く丸める)してから、L字型加工材に開けた穴に打ち込みます(写真中央)。丸棒(細)がなかなか入りにくい場合は、ドリルで少しL字型加工材の穴を広げてみましょう。これでボードに取り付ける棚は完成。

最後に、棚をボードの好きな位置にカナヅチで打ち付けて取り付けます(写真右)。


「カナヅチで打ち込む際、力を入れすぎると加工材が割れてしまうこともあるので気を付けましょう」(玉井さん)



そして、完成したのがこちら。額縁とラッピングペーパーがレトロな味わいを出す壁掛けディスプレイ収納ができました。写真のように棚置きしても良いですし、額縁には予めフックが付いているので壁掛けにもできます。

有孔ボードの穴には、お気に入りのネジ式の取っ手やフックを取りければ、カギやネックレスなどのアクセサリーを飾ることもできますよ。用途に合わせて、取り付ける棚やフックを増やしたりできるのが有孔ボードの便利なところです。

好みのラッピングペーパーを貼り付けて、オリジナルの壁掛けディスプレイ収納作りにチャレンジしてみてください。

今回の品川宿。「KAIDO books & coffee」

「KAIDO books & coffee」にて。代表の佐藤亮太さん(左)と玉井香織さん。


今回は、「旅・街道」をテーマにした書籍がズラリと並ぶ、地元の人が足しげく通う「KAIDO books & coffee」をご紹介。


四方八方が本に囲まれた2階。大人には懐かしい学校のイスも雰囲気があって◎


2015年8月にオープンしたこちらは、旅や地域の本が並ぶ旅行好きにはたまらないブックカフェ。オーナーで品川宿出身の佐藤さんは、以前は浅草で人力車の車夫をしていたそう。いったん地元に帰った佐藤さんは、カフェをオープンする前はその経験を活かし、自ら手製の人力車をこの品川宿で走らせていたのだとか。

「品川は今でも旅人が集まる場所、そんな品川宿らしいカフェを開きたい」という思いを持っていた佐藤さんは、地元の不動産屋で見つけたこの物件を「旅」をテーマにしたカフェに改装した。

カフェに並ぶ本は、近くにある名物書店「街道文庫」のオーナーさんが監修したもので、東海道五十三次の最初の宿場町である品川宿に関する貴重な本から絵本まで、さまざまな世代に合う選りすぐりの本がずらり。


玉井さんとの“ご近所付き合い”は、佐藤さんが人力車で街道を走っていた時、たまたまハレルヤ工房の前を通りかかって声をかけたのがきっかけだそう。

「物づくりが好きだったので、玉井さんの活動はとても面白そうで興味が湧いたんです」と佐藤さん。そこから地元の方たちの繋がりもあり、北品川を盛り上げたいという同じ思いから親しくなったのだとか。「今はまだ共同制作しているものはないですが、これから先一緒に何ができるのかを考えているところ」と玉井さん。

今では地元の方の憩いの場となっているこちらのブックカフェ。こだわりの豆で淹れた美味しいコーヒーをいただいていると、そんな佐藤さんや品川宿のみなさんのバイタリティーの一端を垣間見ることもあるかも?


(文:クエストルーム/撮影:柴田ひろあき)


【取材協力】

桑沢デザイン研究所でプロダクトデザインを学んだのち渡米、アメリカでDIYに目覚める。2年後に帰国するとDIYアドバイザーや収納アドバイザーの資格を取得、NHKの番組などで活躍。2010年、生まれ育った品川宿に構えた「ハレルヤ工房」を拠点に、出版やワークショップなどでリメイク・リノベーションの魅力を発信。著書に『かんたんDIYで、おしゃれ収納』(実業之日本社)ほか。

最終更新日:2017年10月05日


キーワードを入力してください

キーワードから探す

本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。