ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
本命物件は現地の確認が大事! 周辺環境の見るべきポイント

2018年07月04日

クエストルーム

本命物件は現地の確認が大事! 周辺環境の見るべきポイント

はじめてのマンション購入ガイド4

本命物件は現地の確認が大事! 周辺環境の見るべきポイント

実は街の掲示板からは重要な情報が得られる!?

はじめてのマンション購入には、いろいろと悩みや疑問がつきもの。そこで本連載では、マンションの購入にあたってよく悩みがちな疑問、押さえておきたい基礎知識をご紹介します。

第4回は、リサーチやモデルルームでの検討を終えて、ほぼ物件が絞り込めた段階での最後のひと押し。入居予定の物件、または物件の建設予定地へ足を運んでの周辺環境チェックについて解説します。



はじめてのマンション購入には、いろいろと悩みや疑問がつきもの。そこで本連載では、マンションの購入にあたってよく悩みがちな疑問、押さえておきたい基礎知識をご紹介します。

第4回は、リサーチやモデルルームでの検討を終えて、ほぼ物件が絞り込めた段階での最後のひと押し。入居予定の物件、または物件の建設予定地へ足を運んでの周辺環境チェックについて解説します。


新築マンションの場合は、検討時点では竣工前ということも多く、また竣工済みであっても現地までは販売会社によるクルマの送迎で周辺の環境は分からずじまいということもあります。

マンションを購入するということは、これから自分や家族がその地を生活の拠点にするということ。

いくら物件が気に入っていても、やはり治安も含めてその街の環境を知ってから最終決定をすべきです。必ず自分の足で、公共交通機関の最寄り駅から現地まで、実際に歩いてみましょう。


歩いてみる際は、日用品のお店など生活に欠かせない商店がルートにあるかどうかをチェックしましょう。また、行き交う人の印象で街の雰囲気も変わったりしますのでできれば平日と休日の2回チェックしてみることがおすすめです。

さらに、できるなら朝と夜の違いも見てみるとよいでしょう。


(ペイレスイメージズ/アフロ)


特に注意してチェックしてほしいのが、街々に必ず設置されている公共の掲示板。

一般的には行事のお知らせなどが掲載されていますが、防犯に関する注意喚起を促すような掲示が目につく街は注意が必要です。空き巣や痴漢についての注意喚起が掲示板にまで掲載されているということは、発生頻度が高い可能性があります。

気になるようなら、管区警察局(東京都の場合は警視庁)など地域の警察のホームページで、どんな事件が起きているのかを確認してみましょう。一つ一つの事件はそこまで気にする必要はないですが、事件が多発しているなど防犯上の大きな懸念があるようなら、いくら物件が気に入ったとしてもよく家族と相談してみましょう。

治安に不安がなければ、周辺環境は利便性重視でOKくらいの気持ちで

必ず自分の足で、最寄り駅から物件の建設予定地まで歩いて周辺環境をチェックしよう(ペイレスイメージズ/アフロ)


そのほか、第2回(マンション購入、物件情報で見るべきポイントはここだ!)でも触れた「土地区分」について、隣接地の用途がどう指定されているかも念のため確認しておきましょう。


用途地域については販売会社にも説明義務がありますが、地域の自治体のホームページでも確認できます。

仮に工業地域に指定されていたとしても、現在では住宅隣接地域に新たな工場の建設は認められづらくなっていますので、現時点でよほど近接して工場がなければさほど心配する必要はないといえますが、気になるようであれば将来的な周辺の開発計画についても自治体の都市計画課などに確認してみるといいでしょう。


以下、ここまでの内容ほか、周辺環境のチェック項目についてまとめてみます。


周辺環境のチェック項目

◎最寄り駅からのルート・実際に自分で歩いてみた徒歩時間 

  • その徒歩ルートでの利便性(買い物がこなせるか、行ったり来たりしないかなど)
  • 夜間の状況(街灯、人通り)・通学路の安全性(交通量、歩道の有無)


◎治安

  • 地域の掲示板の内容(近隣で起きた事件への注意喚起がないか)
  • 交番の場所(気になるなら警察ホームページでの事故事件情報を確認)


◎その他

  • 自治体のハザードマップ(地震、洪水、液状化その他)
  • 工場、葬祭場、火葬場といった施設の有無

※可能であれば直接、近隣の人に街の住み心地について聞いてみる!


いずれにしても、一戸建てであれば閑静な住宅街を選ぶこともできますが、利便性を重視したいマンションの場合は将来的な周辺環境の変化はいたしかなたないところもあります。 

将来的に不動産評価が下がらない立地なら、治安に不安がなければ良しと考えてよいでしょう。


(文:クエストルーム/イラスト:アジサカコウジ)


【取材協力】

株式会社さくら事務所 コンサルタント 辻優子さん 

最終更新日:2018年08月30日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。