ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
リノベーションしたらいつから住める? 進め方や費用の目安は?

2019年01月24日

クエストルーム

リノベーションしたらいつから住める? 進め方や費用の目安は?

教えて! 中古マンションリノベ3

リノベーションしたらいつから住める? 進め方や費用の目安は?

自分でリノベする場合は約6ヵ月必要!  ただし…

“不動産の達人”さくら事務所に所属するホームインスペクター(住宅診断士)の山見陽一さんに、中古マンションのリノベーション(リノベ)のあれこれをずばり回答してもらう本連載。今回は、中古マンションのリノベを行う場合、どんなスケジュールで動いて、どのくらい費用がかかるのかを教えてもらいましょう!



──今回はまず、リノベの進め方を教えてください。


山見 まず自分でリノベする場合、選んだ物件に対するリノベ費用の見積もりには、現地の調査をしてから2週間から1ヵ月程度かかります。2~3回プランの出し直しなどをすると、すぐに2ヵ月くらいたってしまいます。そこから工事の打ち合わせに進みますが、多くの方はもう少し仕様について話し合うので、工事に入るのはやっと3ヵ月目くらいから。工期は通常、70~80㎡をスケルトン(建物の骨組み、構造体のみの状態)からリノベする場合で2~3ヵ月です。全体で5~6ヵ月ほどかかることになりますね。

ただし、例えば有名建築士を指名してある程度お任せというような場合は早く済みますね。また、週末だけではなく平日も打ち合せができるという方も、もう少し短い期間で済みます。それらの場合で、4~5ヵ月くらいでしょうか。


リノベならあれこれの費用も、住宅ローンに組み込める!?

──前回のお話だと、住宅ローンにリノベ費用を組み込むには、物件購入時にリノベの工事契約が済んでないといけないんですよね? 


山見 はい。そのため、売主さんが住んでいる状態で施工業者を入れて見せてもらう必要があります。間取りの変更を行う場合には細かく寸法を測らなければならないので、売主さんの協力が不可欠です。ただし、売主さんがあまり協力的でない場合は、売主さんが引っ越した後に調査・計測に行くということも起こります。ちなみに、見積もりは数社から取ることをおすすめしますが、物件の調査・計測もその分必要になってしまいます。売主さんがすでに引っ越していて空室の場合は、仲介会社立会いのもとで施工業者が数社来るという場合が多いですね。

住宅ローンに組み込む場合には、審査の時までに契約をしなければならない…ということはつまり、施工業者を決めておく必要があります。そのために、最初から1社に決めて当たる方もいます。なお、住宅ローンの本審査までにリノベ費用の見積りは決定していることになりますが、その費用は厳密である必要はありません。むしろ、着工後のプランの変更・修正なども考慮して、余裕をもった金額でローン申請を出しておくのがおすすめです。


写真:アフロ


──実際のところ、中古マンションのリノベ費用はどのくらいが目安になりますか?


山見 例えば、築30年の70㎡くらいの物件をスケルトンからフルリノベするなら800~1,000万円くらいが目安です(中古マンションはリフォームでどこまで間取りを変えられる?)。マンションのリノベの場合、内装、キッチン、浴室など空間ごとに工事内容を予め設定したパックプランを出している業者もあり、スケルトンからのリノベの場合で1㎡あたり10万円~といった費用になります。パックプランの場合、物件の構造などに関係なく1㎡あたりで単価が固定されているのでわかりやすいです。


──ほかに見込んでおく必要がある費用はありますか?


山見 引っ越し費用と家具代ですね。家具は新しいものをそろえるなら、ダイニング、ソファ、テレビなど50~100万円はかかると考えておいた方がいい。リノベの場合、建物に個性が出てしまうので、家具もそのテイストに合う・合わないという問題が出てきてしまうんです。実際に、空間を真っ白にリノベーションされたお客さまで、黒いテレビを買ったばかりだったがインテリアに合わせ、わざわざ白いテレビに買い替えたという例もありました。

ちなみに、リノベーションでは照明やカーテン、冷暖房設備など決まった商品を施工業者が用意しているケースがあります。自己資金が少ない場合、こういった設備費も住宅ローンに組み込んで低い金利で借りられるのもリノベのメリットと言えるかもしれませんね。



いかがでしたか?  自分でリノベすれば、照明やカーテン、設備費用も住宅ローンに組み込めるかもというのは、ちょっと耳寄りなお話でした。

次回は、リノベ向きの物件とそうではない物件の見分け方なんかを、山見さんに教えてもらいます!


(文・撮影:クエストルーム/イラスト:大久保ナオ登)


【取材協力】

業界初の個人向け不動産コンサルティングを手掛ける一級建築士事務所。ホームインスペクション(住宅診断)の利用実績43,000組以上、マンション管理組合向けコンサルティング多数という実績を誇る。知識と経験豊富な専門家により、住まいに関するあらゆる分野の強い味方として、悩める人をサポートする不動産の達人。

最終更新日:2019年01月24日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。