ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
>
内覧会には●●をもって行く?失敗しない持ち物リスト

2015年09月17日

株式会社さくら事務所

内覧会には●●をもって行く?失敗しない持ち物リスト

一度しかない内覧会を失敗しない!

内覧会には●●をもって行く?失敗しない持ち物リスト

こんにちは。さくら事務所ホームインスペクター・一級建築士の辻優子です。

これから新築マンションや新築一戸建ての引き渡しを受ける方を待っているイベントが「内覧会(注文建築は施主検査)」。そんな内覧会について多い質問のひとつが「何を持って行けばいいでしょうか?」という持ち物のことです。

ここでは内覧会でしっかりお部屋の中をチェックするために持って行ってきたいツールを、建物チェックのプロ・ホームインスペクターが直伝します!

スリッパ

内覧会時はルームクリーニングが済んでいる可能性もありますが、物件によってはまだ床が木屑などのホコリだらけということも。売主や施工会社が準備していてくれることもありますが、無いこともあるため、靴下の汚れ防止のため、念のために持参しておきます。

ただし、クリーニング前ゆえに、固めの屑が落ちていると、スリッパで引きずって床に傷をつけてしまうというトラブルもありえます。着用前には必ず施工会社にスリッパを履いていいかの確認をしましょう。

なお、着用許可が出た場合でも、フローリングなどの床鳴りがないかチェックするときは、スリッパを脱いで靴下で歩行するとわかりやすいのでお勧めです。

懐中電灯(ライト)

部屋の照明器具として持参するのではなく、戸棚の中や部屋の隅、床下や天井裏などの照明をつけていても薄暗いところを見るのに使います。落とすとフローリングに傷がついてしまうので、落下防止策としてストラップなどを取り付けておきましょう。

なお、日が当たりにくい部屋や雨天や曇天時には、仮設照明を部屋に取り付けてもらえるように予め施工会社に依頼しておくと安心です。

間取り図の写し(最新で受領しているもの)

施工の都合により、天井の出っ張りやコンセントの位置などが建設中に間取り図に載っていた場所から変更になることもあります。また、単に位置を間違えて設置されていたり、コンセントなどは設置し忘れていることなどもあります。

どちらも間取り図との違いではありますが、合理的な理由があって変更になっているかどうかはとても大事なこと。いずれも、間取り図をもとに部屋をチェックして、何が違っているのかを確認し、異なった原因を納得いくまで質問しましょう。

内覧会で見つかった図面間違いの例では、図面にあった天井の出っ張りがなくなりスッキリしていたものの、理由を確認したら「本来付けるはずの断熱材を付け忘れていた」とのこと。気付かずにいたらそこだけ急激な温度変化が起き、夏にはカビでも生えていたかもしれません。しっかりチェックしましょう。

間取り図には断熱材施工による梁の出っ張りが線で書かれていたのに、実際の部屋は施工忘れでフラットだった例


踏み台

上部の収納戸棚の中がのぞける程度の高さの折り畳み式踏み台があると、扉の金具に付け忘れがないか、収納内部に大量のホコリが残っていないかなどがチェックできて便利です。マンションの場合は、高さ次第ではユニットバスの天井点検口から天井裏をデジカメで撮影してチェックできるかもしれません。

なお、踏み台にのぼって点検するときは、家族や同行する施工会社に台や体を支えていてもらうなどして、転倒しないように注意しましょう。

フェイスタオル

水やお湯を流し給水・排水機能のチェックを行う場合、周辺を濡らしてしまわないよう注意しながら行いますが、万が一を考えてすぐに拭けるようタオルを持っていきましょう。

なお、内覧会時には給水・排水はできるようになっているはずですが、「引き渡しまで器具を濡らさないでほしい」といった理由で水を流すことを施工会社に断られることも。その場合は、引き渡し直後に必ずチェックしておきましょう。

カメラ・デジカメ

指摘した箇所がどこだったか思い出せるように撮影しておきます。

このとき、近づいた写真ばかり撮ると、手直し確認の再内覧会時に「どこだっけ?」と場所がわからなくなります。周辺の窓やコンセントなど目印になるものが入るよう少し引いて撮影し、そのあとに事象がわかる接近写真を撮ります。



内覧会は、傷や汚れといった軽微な不具合だけでなく、本来あるべきものが設置されているのか、ちゃんと使える(すぐ住める)状態に整備されているのかを実際に住む契約者自身がチェックできる唯一のチャンスです。

家にあるものを持参し、効率よく引き渡し前に家をチェックしましょう!

株式会社さくら事務所
ホームインスペクター 辻 優子

最終更新日:2015年09月17日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。