ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
不動産営業マンの甘い言葉「値引き」に流されないために

2016年11月25日

株式会社さくら事務所

不動産営業マンの甘い言葉「値引き」に流されないために

繁忙期の賢い買い方

不動産営業マンの甘い言葉「値引き」に流されないために

(写真:アフロ)

値引きしてくれるこのシーズンは買い時?

こんにちは。さくら事務所 一級建築士&ホームインスペクターの柴尾竜也です。
これから年末、年度末に向け、住宅メーカーや不動産会社の営業マンはまさに繁忙期。新年や春からの新生活を新居で迎えたいと思う人も多く、積極的に案内してくれるでしょう。年度末、建売物件などの完成物件であれば年内の入居、注文住宅などこれから建築する物件であれば年度末の入居も可能なタイミングです。

また、不動産会社も住宅メーカーも年末や年度末は少しでも多く売り上げを伸ばしたいと思う時期。値引きやサービスなどの良い条件も提案してくれるかもしれません。竣工したマンションのモデルルームやモデルハウスの物件を照明付き・家具付きで販売!なんてチラシもよく見ますね。

「だったら、今がお得に買えるチャンスなのでは?」とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、ここでの交渉は注意が必要です。

値引きに流されて後悔しないために

大きな値引きをしてもらった場合、いい条件にしてもらった手前営業マンの要望を断りづらく、契約のスケジュールを急かされてしまうこともあります。営業マンのペースにのまれて申込・契約・引渡しと、物件の細かいところや契約内容をきちんと確認する間もなくここまできてしまった……なんてケースも。

年内入居の完成物件であれば、無理なスケジュールで内覧会から引渡しまでに十分な期間を取ってもらえず、物件の確認やその後の補修の期間を設けてもらえない可能性も。補修すべき箇所を引きずったまま新居に入居するのは、あまり気持ちのよいものではありません。
また、これから建築する物件であれば、3月末引渡しの無理なスケジュールに合わせて、手抜き工事・突貫工事になってしまう可能性もあります。

値引きしてくれたからしょうがないかな?と思っていたら後々、後悔するかもしれません。

ご自身が気に入った物件をタイミングよく、なおかつお得に買えればそれに越したことはありません。ですが、引渡しまでどのようなスケジュールで進めていくのか、契約内容・物件の状態・仕上がりを確認する、是正する時間はしっかり確保されているのかを必ず確認しましょう。

値引きされた金額で、契約内容や物件の仕上がりについてプロにチェックを依頼するというのも、この時期の賢い買い方かもしれませんね。

株式会社さくら事務所
ホームインスペクター 柴尾 竜也

最終更新日:2018年08月30日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。