ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
冷蔵庫・洗濯機が置けない!を防ぐ 新居のチェックポイント

2018年01月22日

株式会社さくら事務所

冷蔵庫・洗濯機が置けない!を防ぐ 新居のチェックポイント

慌ただしい内覧会でも失敗しない!

冷蔵庫・洗濯機が置けない!を防ぐ 新居のチェックポイント

(ペイレスイメージズ/アフロ)


こんにちは。さくら事務所 一級建築士・コンサルタントの辻優子です。


マイホームを買ってこれから引き渡し、いざ引っ越し…というときに、新しい家電や家具を用意される方も多いでしょう。ところがワクワク楽しい新生活の前に、「まさか!」のハプニングが起こる事態も。近年ぐっと大型化したことで、搬入できない家電が増えています。購入した家電を設置業者が持ってきてくれたのに、家の中にすら入れることができず、泣く泣く持ち帰ってもらった…なんていう話は珍しくありません。


そこで今回は、家電の中でもメインとなる「冷蔵庫・洗濯機」をちゃんと搬入・設置するための事前チェックポイントをご紹介。新築マンションや一戸建てで行われる、内覧会(お披露目会)などの際にしっかり確認しておきましょう!

取扱説明書をチェック

まずそもそも家の中に搬入できるか、設置場所に置けるのかを確認するため、あらかじめ冷蔵庫・洗濯機本体のサイズを取扱説明書で確認しておきます。

冷蔵庫は熱を逃がすために、周辺に隙間を開けておく必要があります。取扱説明書で設置に必要な本体サイズ+必要なスペースを確認しましょう。

洗濯機は、「取扱説明書」とは別に「据付(すえつけ)説明書」があれば、そちらも確認しておきましょう。

搬入ルートの細かい凹凸をチェック

まずは、玄関から設置場所までの搬入ルートを確認しましょう。必ず調べておきたいのが「玄関ドア」と「各居室(キッチンやリビングダイニング)の出入口」の寸法。事前に間取り図で幅を測っている方もいますが、必ず「実際の建物で計測」することをお勧めします。

なぜかと言うと、図面では気づかない「突起」などがあるからです。


玄関ドアに取り付けられている「ドアガード」


たとえば玄関ドアには、写真のような「ドアガード」の部品(「受け」と呼ばれています)が取り付けられています。大型の家電や家具を搬入してもらおうと思ったら「受けが引っかかって入らない!」なんていうことがあるのです。


ドアは開けた状態で測りましょう


また、ドアの箇所は、ドアの厚み分や取っ手の出っ張りを考慮するのを忘れずに。ドアを開けた状態で、ドアからドア枠までを測っておきましょう。

ほかにも廊下を移動させているときにありがちなのが、「トイレのドアのレバーハンドルが出っ張っていた!」というケース。また、ようやくリビングダイニングキッチンの入口に差し掛かったときには、写真のようにドア枠にある戸当たりやドアなどが障害になってしまうことも。

実際の建物にはこういう図面では分からない凹凸がもあったりしますから、必ず搬入ルートの各所で「最も狭い部分」を測っておくのをお忘れなく。


ポイントは最も狭いところ


ちなみに一戸建ての場合、玄関からの搬入が難しければ、いずれかの窓から搬入する方法もあります。念のために搬入できそうな窓の位置と幅を確認しておくと安心です。

「冷蔵庫」を置く場所のチェックポイント

冷蔵庫は、左右の壁との隙間を5ミリ程度開ければよい製品が多いようですが、上部には5センチ程度の隙間を必要とすることが多いようです。実際の部屋で計測する際には、床から天井までの高さが「冷蔵庫の高さ+必要な隙間」以上になっているかを確認しましょう。

なお、測るときは必ず実際に冷蔵庫を置く場所で!

冷蔵庫置き場の真上に「換気扇用配管(ダクト)」や「梁(構造部材)」があり、キッチンの中で冷蔵庫置き場だけが「下がり天井」になっている物件もあるからです。


(ペイレスイメージズ/アフロ)

「洗濯機」を置く場所のチェックポイント

一戸建てでは少ないのですが、マンションではほとんどの住宅で置かれているのが「洗濯機パン(防水パン)」。万が一の水漏れに備えた、水受けのような役割をしてくれます。


洗濯機パン(防水パン)


この洗濯機パンは製品により大きさや形がさまざま。実際のお部屋で洗濯機パンの形状や大きさを確認し、据付説明書に書かれている設置可能な洗濯機パンと比較してみましょう。

最近の新築住宅では水栓が高めの位置に取り付けられていることが多いのですが、ドラム式洗濯機など背が高い製品もあり、水栓のほうが低い位置になってしまうことも。

そこで、「床(又は洗濯機パン)から洗濯機用水栓までの高さ」を測っておきましょう。


水栓までの高さ


多くの洗濯機は水栓が低い位置でも接続可能のようですが(接続部品が必要になる場合あり)、もし洗濯機の裏側に水栓が来きたら、洗濯機を予定より手前にせり出して置く必要が出てきます。洗濯機パンにうまく乗せられなくなる可能性もあるので、水栓の位置関係について確認しておきましょう。


【冷蔵庫・洗濯機が置けるかどうかのチェックポイント】

  • 玄関ドアと各居室の幅
  • 搬入ルートの幅(凹凸などがあれば最も狭いところを測る)
  • 冷蔵庫:設置場所の天井の高さ
  • 洗濯機:洗濯機パンまたは洗濯機置き場のサイズ
  • 洗濯機:床(又は洗濯機パン)から洗濯機用水栓までの高さ

こんなはずじゃなかった!の新生活にならないように…

新築一戸建てや新築マンションの内覧会(お披露目会)は、建物がきちんと施工されていることを確認するのがそもそもの大事な目的ですから、各所の計測は施工状態をチェックしたあとで行います。ホームインスペクター(住宅診断士)などに同行を依頼し、施工状態を専門的にチェックしてもらっている間に計測などを行う方法もあります。

引っ越し当日に「こんなはずじゃなかった!」と慌てる事態を招かないよう、忙しい内覧会(お披露目会)などの前に計測すべき場所はしっかりプランを練っておきましょうね。


株式会社さくら事務所

コンサルタント 辻優子

最終更新日:2018年08月30日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。