ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
>
子育て支援、教育も。「商店街天国」品川区の住みやすさ

2017年06月15日

中川 寛子

子育て支援、教育も。「商店街天国」品川区の住みやすさ

品川区の魅力は商店街に銭湯?

子育て支援、教育も。「商店街天国」品川区の住みやすさ

武蔵小山商店街パルム。開閉式のアーケードが有名で、しばしばテレビにも登場している

延々続く商店街の便利さ、安さ

元々は3つの、それぞれ独立した商店街が連合して戸越銀座商店街として商品開発やPRなどを行っている


武蔵小山商店街パルム、戸越銀座商店街など、テレビやその他にしばしば登場する、全国的にも有名な商店街の多い品川区。区ホームページには「あきないのまち 商店街マップ」というコーナーがあるほどで、特に荏原(えばら)エリアには62もの商店街が集中している。道1本を挟んで違う商店街があり、延々商店街が続いているような印象を受ける場所も多く、買い物には非常に便利。もちろん、物価も安く、生活費を節約したい人にはうれしいエリアなのである。


店内で食べられるほか、惣菜、弁当などとして販売している飲食店も多数


特に充実しているのが惣菜類や持ち帰り寿司、弁当などの、いわゆる中食。チェーンの惣菜店ではなく、肉屋が揚げたコロッケ、魚屋が焼いた焼き魚といった具合に、それぞれの店が手作りの味を出しており、選択肢が豊富なのだ。


戸越銀座のキャラクター、戸越銀次郎。品川区にはこうしたキャラクターやオリジナルのマップを作るなど、営業努力をしている、頑張る商店街が多い


だが、品川区の住みやすさはそれだけではない。商店街を歩いてみて気づくのは、立ち止まって会話をしている人の多さだ。商店街自体にも下町っぽい、気取りのない雰囲気があるが、人間関係もそうなのだろう。店頭で会話しながらの買い物風景もよく見かける。

露天風呂、天然温泉が楽しめる銭湯も多数

庭園露天風呂のある中延温泉松の湯。テレビドラマでも使われたと地元の人が自慢げに教えてくれた


商店街の近くには銭湯もある。品川区には28カ所の銭湯があり、露天風呂があったり、鯉の泳ぐ庭を望めたりと、いずれも趣向を凝らしている。加えて、お得感があるのは温泉利用の銭湯。かつて海の底にあった関東平野では地層の中に海藻を含んだ層があり、それが腐敗してできた有機物、フミン酸が溶け込んだ「黒湯(くろゆ)」が湧出するのだが、この黒湯が集中しているのが品川区、大田区なのである。銭湯料金460円で本格的な温泉が楽しめるなら、行ってみる価値ありだ。ちなみに、黒湯には美肌効果があると言われており、実際、入った後は肌がつるつるする。

駅の数も多く、複数駅利用できる地域も

東京、多摩の木材を使って90年ぶりにリニューアルされ、話題になった戸越銀座駅


品川区内にはJR山手線、同東海道線、同横須賀線、京浜急行線、東京モノレール、都営浅草線、東急大井町線、同池上線、同目黒線など複数の路線が走っており、足回りの利便性も高い。特に東急の各沿線は駅間が短く、600~700mしか離れていない場所も複数。10分とかからず、隣の駅も利用できてしまうのだ。また、沿線同士の距離も離れていないため、区内には複数駅を利用できる地域が広範にある。


第二京浜から首都高出入り口方面を望む。通り沿いにはマンション、オフィスビルが集まっている


鉄道だけではない。山手通り、中原街道、第一京浜、第二京浜などの幹線道路も走っており、戸越には首都高速2号目黒線の出入り口もある。2号線は比較的交通量が少なく、渋滞のあまり起きない路線なので、首都高速に不慣れな人も利用しやすいはずだ。

子育て支援策、独自教育でも有名

教育、子育てに熱心な自治体として定評のある品川区


2006年から区内全ての小・中学校で小中一貫教育をスタートさせ、「義務教育学校」の創設を視野に入れた「小中一貫校日野学園」を開校するなど、先進的な教育で知られる品川区。同区では学校選択制、外部評価者制度、教科担任制、早期からの英語教育導入などでも先陣を切ってきており、教育に関心のある家庭なら気になるところだ。


さらに働くお母さんに対しての子育て支援施策も手厚く、夜7時半までの延長保育は区内の保育園全園で行われているし、遅いところでは夜10時までの夜間保育が行われている園もある。パートや自営で働く人向けに短時間で継続的な保育を提供する短時間就労対応型保育のような独自性のある試みもある。ただし、保育料が他より安いというわけではないので、念のため。

大きな公園が少ないなどマイナスも

国文学研究資料館跡地を利用して作られた公園「文庫の森」。周辺が災害に弱い地域であることから、防災拠点としても使われる予定


もちろん、良いところばかりではない。東京23区内で比べても、数は少ないわけではないが、やはり都心近くなので公園は少ない。小規模な公園は比較的あるのだが、家族で休日に出かけて楽しめるような場所は、しながわ水族館に隣接したしながわ区民公園くらいだろうか。


細い道路、古い家や塀などがある地域も多いので、家選びでは歩いて安全を確認する必要がある


また、東京都がおおむね5年おきに行っている地域危険度測定調査で、危険度が5段階評価で4、5と高めの地域が多いのも心配なところ。細い路地に古い住宅が集まっている地域が残されているためで、住宅を選ぶ時には同調査を参考に、周辺の状況をよく観察してから選ぶようにしたほうが安心だ。


<参考サイト>

最終更新日:2017年06月15日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。