ページトップへ

Yahoo!不動産おうちマガジン は家探しのヒントが満載の情報サイトです!

>
>
>
「渋谷発3路線」の賃料・利便性・住みやすさ 徹底比較!

2018年03月01日

中川 寛子

「渋谷発3路線」の賃料・利便性・住みやすさ 徹底比較!

渋谷勤務ならどの路線がおすすめ?

「渋谷発3路線」の賃料・利便性・住みやすさ 徹底比較!

渋谷駅のシンボル、ハチ公。最近は観光名所のひとつにもなっている

人気のターミナル「渋谷」。そこから郊外へ向かう主な路線としては京王井の頭線、東急東横線、同田園都市線の3路線がある。いずれも人気沿線であり、路線ごとに賃料や混雑度、まちの雰囲気が違い、どこを選ぶかは悩ましいところ。各路線の特徴を見ていこう。

ラクして通勤なら京王井の頭線

ころんとしたパステル調の車体がかわいい、京王井の頭線


渋谷駅(渋谷区)と吉祥寺駅(武蔵野市)という2つの人気ターミナルを繋ぐ京王井の頭線は全長12.7キロと首都圏の私鉄のうちでは短い路線。そのためもあり、混雑度は都内の私鉄のうちでも比較的低いのが特徴。平成28年度の国土交通省による通勤時間帯の混雑度調査では146%(池ノ上駅~駒場東大前間)となっており、渋谷始発の3路線の残りの2路線、東急東横線(170%)、東急田園都市線(184%)に比べると、かなりラクに通勤できる路線なのです。他路線と乗入れをしていないため、他路線での事故等で遅延が生ずることが少なく、正確に運行されているのも特徴でしょう。


また、各駅間が数百メートルほどしか離れていないため、複数駅を利用できるのもメリットのひとつ。人気の高い下北沢駅(世田谷区)では賃料が予算内に収まらなかった場合、一駅離れた、賃料のやや安めな新代田駅(世田谷区)で探すという手が使えるのです。ただし、京王井の頭線の渋谷駅はJR線その他の渋谷駅と離れており、乗換には多少時間がかかるのは覚悟しておきましょう。


住みたいまちとして長年、人気の吉祥寺。商店街、大型商業施設のほか、公園もあり、生活を楽しくしてくれる要素が多数


沿線全体としては静かな住宅街を走っており、どこの駅前にも商店街、スーパーはありますが、繁華といえるようなまちは渋谷駅、吉祥寺駅に京王線との乗換駅である下北沢駅、昔風の市場が残る明大前駅(世田谷区)くらいです。とはいえ、日常の買い物に不便なことはありませんし、各駅停車でも渋谷駅~吉祥寺駅間25分です。どちらかの駅に出ればほぼなんでも揃います。


神田川沿いには遊歩道が整備されており、桜の季節以外でも散歩、ジョギングなどが楽しい


沿線で嬉しいのは桜の名所が多いこと。ざっと挙げるだけでも、下北沢駅近くの北沢川緑道、永福町駅・西永福駅(いずれも杉並区)から近い善福寺川沿い、浜田山駅(杉並区)以遠で路線に沿って流れる神田川沿いなどが知られていますし、もちろん、井の頭公園も都内有数の花見スポット。住むと春が待ち遠しくなる沿線というわけです。

人気の街に住みたいなら東急東横線 

渋谷と横浜という人気のまちを繋ぐ東急東横線。女性誌等によく出てくるまちも多数


渋谷駅から横浜駅(横浜市)を繋ぎ、さらにみなとみらい線で元町・中華街までアクセスできる東急東横線。沿線最大の特徴は全国に知られた人気の街、話題の街が多く立地していることでしょう。


たとえば、渋谷駅のお隣は女性誌頻出の街、代官山駅(渋谷区)ですし、その隣は目黒川にかかる桜のトンネルで有名な中目黒駅(目黒区)です。ブティックの多い代官山駅、飲食店が多い中目黒駅と多少違いはありますが、いつも賑やかであることは共通。賃料も高めで、特に代官山駅は物件数も少なく、探しにくい状況です。逆に中目黒駅は駅から離れると古い木造アパートなどもあり、建物の種類、古さを問わなければ意外に探せます。


ブティックや雑貨店、カフェ、飲食店が集まる自由が丘。まちを挙げてのイベントも各種行われている


さらにその先にはこれまた女性人気の高い自由が丘駅(目黒区)があり、そのお隣はお屋敷街の代名詞と言われる田園調布駅(大田区)です。自由が丘駅は賃貸でも、分譲でも人気があり、古い物件でもかなりの賃料、販売価格になるエリア。一方の田園調布駅は駅の西側は一戸建て中心で賃貸住宅は探しにくく、東側であれば自由が丘駅よりは多少安く借りられます。


他の路線でもそうだが、多摩川を越えると賃料はがくんと下がる


多摩川を越えてからの人気駅といえば武蔵小杉駅(川崎市)でしょう。ここ10年余りで駅前にタワーマンションが続々登場、さらに商業施設も増えて便利になった街で、特にカップルからファミリー向けの物件が多く供給されています。


日本にある中華街でも有数の規模を誇る横浜の中華街。観光地として多くの人を集めている


東急東横線の終着駅、横浜駅も人気の街のひとつ。観光地としても知られており、中心部には歴史を感じさせる煉瓦の建物が点在しています。さらに乗入れているみなとみらい線の終着駅は、観光スポットのひとつ、元町・中華街(横浜市)。賑やかな街に住みたい人であれば、こうした街も楽しいかもしれません。


ただし、人気沿線であり、その中でも人気駅を選ぶとすると賃料はどうしても高くなります。人気駅以外でも商店街が充実している駅その他魅力的なまちは多数ありますから、あまり駅を特定し過ぎないことも限られた予算の中で探す時には大事でしょう。

広さを求めたいなら東急田園都市線

他の2路線に比べると路線が長いのが東急田園都市線です。首都圏では都心から遠ざかるにつれて広い物件が多くなる傾向があるため、同路線では他路線に比べ、ファミリー物件が探しやすくなるのです。特に増えてくるのは多摩川を越えた二子新地駅(川崎市)以遠です。


広さに加え、もうひとつの特徴はRC造(鉄筋コンクリート造)の比較的新しい建物が多いこと。他路線より新しく計画的に開発された地域なので、古い木造の建物などが少ないのです。RC造の建物は木造よりも賃料は高めになりますが、その分、音が響きにくい、断熱性能が高い、災害に強いなどの特徴があります。住宅そのものにこだわる人にはうれしい条件の物件が多いといえるわけです。


長津田駅(横浜市)周辺からの風景。こうした坂が随所に見られる


梶ヶ谷駅(川崎市)以遠では坂が多いのも特徴のひとつ。多摩丘陵上に立地するためで、眺望や採光、通風などに優れた住まいが多い反面、坂の上り下りが大変ということもあります。特に小さな子どもや高齢者のいる世帯ではそれが負担にならないか、現地を訪れたら駅からの道を歩くなどして確認してみてください。駅から距離のある住宅地も多く、バス便利用物件も目に付きます。


一方で並木が整備されたきれいな街並みが続くのもこのエリア。通りごとに樹種が違ったり、桜並木が名物だったりと街ごと、通りごとに特徴があり、自然が楽しめます。

商業施設の充実した、たまプラーザ。沿線屈指の人気を誇り、並木道の美しさでも定評がある


どの駅も駅前にスーパーなどの商業施設、商店街があるのはもちろん、住宅街の中に隠れ家的なレストラン、パティスリーなどが点在しているのもこの地域ならでは。たまプラーザ駅、青葉台駅(いずれも横浜市)には駅ビル、大型商業施設があり、わざわざ買い物に来る人も多数。都心まで出かけなくてもほとんどの品が揃います。


再開発で生まれ変わった多摩川沿いのまち、二子玉川。商業施設のほかに公園、映画館などもある


また、渋谷駅から二子玉川駅(世田谷区)間はシングル、カップル向きを中心に多彩な物件が揃いますが、賃料は高め。世田谷公園、駒沢公園、砧公園や多摩川など都内にしては緑に親しめる場所が多いのが特徴です。


【参考サイト】 

※「鉄道関係情報・データ」>項目13「混雑率データ」参照

【関連サイト】

路線・駅から賃貸を探す(Yahoo!不動産)

最終更新日:2018年04月27日

キーワードを入力してください

キーワードから探す


本文はここまでです このページの先頭へ

Yahoo!不動産 おうちマガジンとは?

不動産にまつわるマジメな記事からおもしろ記事まで、家さがしが楽しくなる情報をお届け!新しい暮らしのヒントが満載のマガジンです。